人気ブログランキング |
ブログトップ

和みの風の~おはなし道しるべ~

タグ:風流楽 ( 10 ) タグの人気記事

12月9日(日)風流楽ウィンターコンサートです!

12月ですね、日ごとに寒くなってきますが、元気に過ごしてまいりましょう!
ご案内です!
 9日(日) 風流楽(ふる~ら)ウィンターコンサート ~あの日の空へ~ 
あの日の空・・・
あなたの連想する「空模様」はいつの、どのようなものでしょうか? ね。

このチラシの表の空は、私の住む北九州市にて撮ったある日の夏空です。
今年で3回目の夏を迎えました。真っ青な青に包まれるような美しい、でも暑い暑い日でした。


e0173350_13582669.jpg
e0173350_13585195.jpg


年の瀬を前に、ほんの少し気持ちをゆるめて、和やかに。
この会で、朗読と音楽で綴る時間をご一緒しませんか?

 選びました朗読作品は、
芥川龍之介「蜜柑」
そして、林佐知子詩集「空の日」より、いくつかの詩をご紹介いたします。

 「蜜柑」(大正8年に発表)は、芥川の短編小説です。
芥川龍之介が24歳頃、当時、自分の体験をもとに書かれた作品のようです。
私はこの話を学校の教科書で習い、読み終えたあと、とても鮮烈な印象が残りました。
それまで読んだ「蜘蛛の糸」や「羅生門」「杜子春」など有名な芥川作品とはまるで
違いました。その時の感動を今も思い出します。
この作品にチェンバロでは「和」を求めて、なんと山田耕作の曲に行きつきました。
それがとても素晴らしい、味わいのある曲調に、私は驚きました。
奏者の渡邊温子さんが選曲・構成。今までにない挑戦に拍手を送りたい! 本番も楽しみです。

 そして、詩人 林佐知子さんの5冊目の詩集が、銀の鈴社から今年発売されました。表紙の絵は、葉 祥明さんです。
これまでにも、先生の詩集から取り上げて読ませていただいておりますが、
先生がお話されているような、先生の目線で見えたものが感じられる詩が多く、
お勧めしたい詩がたくさんあるのです。
こちらもチェンバロ演奏との構成で、音楽とともに詩の世界をお届けしていきます。

チェンバロ独奏も、楽器についてのお話も、会場にて聞くことができます。
どうぞ、お楽しみに!!

ご予約は、まだ受け付けております。
(当日券もご用意はできると思いますが、お問い合わせくださいませ。)
お待ちしております。




by nagomi-no-kaze | 2018-12-03 14:00 | Trackback | Comments(0)

風流楽ウィンターコンサート2017 終演しました。

 12月2日(日)は、東京の青空のもと、
チェンバリストの渡邊温子さんとの風流楽ウィンターコンサートが
無事に終演しました。 (アートルーム新紀元 に於いて)

 立川までご来場くださいました皆さま、ご協力をいただきました皆さま、
そして、応援をいただきました皆さまに、心より感謝を申し上げます。
どうもありがとうございました。


e0173350_11424036.jpg
e0173350_11435177.jpg


 前半はチェンバロソロから始まり、楽曲や奏法についてのお話もはさみながら進みますので
チェンバロを初めてご覧になる方にも興味を持ってもらえたのではないでしょうか。
 後半は朗読と音楽で、作家江國香織さんの短編小説『つめたいよるに』(理論社)より
「草之丞の話」「デューク」を聴いていただきました。
「草之丞の話」では、渡邊さんがこのお話のために作曲してくださいました。
いずれの作品にも演奏された音楽が、お話の展開の支えになっていたと思います。

e0173350_11433042.jpg

その他、関連して、江國香織さんのエッセイ「思い出の富士山」
(JR九州発行 旅の情報誌「Please」2017.1月号より)も、ご紹介させていただきました。


e0173350_11442874.jpg


 お客様のアンケートによるご意見や、後ほどいただいたコメントをいつも有り難く思います。
私たちのプログラムを聴いてもらって、お気に入りの曲やお話があってよかったなぁと思ったり、
次はこのような作品を演奏してもらいたい、聴かせてもらいたいのようなご意見は、とても参考になります。

 私は、朗読者として、あらゆる会に通じて思うことは、
ご紹介する作品を、またこの作家の本を読んでみようと思う、
小さなきっかけとなってもらえたら嬉しいのです。

 今回のアンケートでは、今後聴きたい作品についても、
江國香織さんのお名前が書かれていたコメントもあり、それを見て、ああ良かったなぁと思いました。
私の目標のひとつにもなりますから、本当にありがとうございます。

また、来年もよろしくお願いいたします!

e0173350_11450439.jpg

 写真撮影は、ボックリ博士こと、中村義政さんです。博士は、渡邊さんとのご縁から始まって、これまで
風流楽コンサートを長い間見つめてくださっている方です。今回も、どうもありがとうございました。



 年内、私の朗読出演の機会は終りましたが、今年は色々な作品に向き合うことができましたので
色々と振り返ってみることにしたいと、今は思っております。
そして、共演してくださった音楽家の皆さまには、素敵な音楽を言葉と一緒に奏でていただいたことを
心より感謝しております。
 また、いつか、ご一緒できますことを願っています。ありがとうございました。


by nagomi-no-kaze | 2017-12-09 11:48 | Live Report | Trackback | Comments(0)

12月を迎えて 

12月を迎えました。今年最後の月がめぐってきました。
街はクリスマスの飾りもイルミネーションも華やかになってきましたね。

e0173350_21050448.jpg


今年12月1日は、「一粒万倍日」にあたり、しかも「大安」とめでたさが重なっているそうです。
「一粒万倍日」とは、一粒の籾が万倍にも実る稲穂になるという意味があり、縁起が良い日なのです。
何か新しいことを始めるのに最適な日 ということになるのですって!

私は明日の本番を前に、いつものように、練習と準備をしておりました。
新しい事は特に始めませんでしたが、ここでブログのデザインをクリスマスに変えてみました!(笑)


明日、12月2日は、風流楽ウィンターコンサートです。
これから益々忙しくなる、慌ただしくなるその前に、心がほんのりと温かくなるようにと願いながら、
素敵な音楽と、お話をお届けしたいと思います。

e0173350_21014806.jpg

by nagomi-no-kaze | 2017-12-01 21:08 | 和みの風だより | Trackback | Comments(0)

晩秋から初冬へ 12月2日(土)は風流楽ウィンターコンサート!

 風流楽(ふる~ら)コンサートは、チェンバリストの渡邊温子さんとご一緒にお届けしています、
毎年、春と冬に開く恒例のコンサートです。
この日は、42回目を迎えます。
会場は、JR立川駅北口からすぐの、アートルーム新紀元さん にて。
明るくて綺麗なギャラリーの中でゆったりと寛ぎながらお過ごしください。
午後2時から開演します。

e0173350_10551653.jpg

e0173350_11032428.jpg


 朗読と音楽では、風流楽では初めて、作家 江國香織さんの作品を二編選びました。
「草之丞の話」と「デューク」 この時期に聴いてもらいたい作品です。

 江國香織さんは、山本周五郎賞や直木賞など大きな賞も多数受賞されており、
長編小説、短編集、エッセイ、絵本、詩集ほか数多くの著作物がありますね。
 今回の作品では、
1987年に「草之丞の話」で小さな童話 大賞受賞。
2006年に「デューク」はテレビドラマ化。 どちらも、よく知られています。
チェンバロの豊かな弦の響きと重なって読ませていただきたいと思っています。
どうぞ、お楽しみに!!


一般 3000円、 ペア券(2枚)5000円、 小学生 1500円のチケットがあります。
ご予約を早くいただいておりまして、お席があと少しとなりましたが、
もしお時間がありましたら聴きにいらしてくださいませ。

お問合せやご予約は、こちらまでメールをお送りください。
今週末と日が近いため、すぐにご連絡致します。

aac16550@pop17.odn.ne.jp

 


by nagomi-no-kaze | 2017-11-27 11:05 | 出演します! | Trackback | Comments(0)

風流楽(ふる~ら)春のコンサートは、無事終演いたしました。

 風流楽(ふる~ら)春のコンサートは、沢山の方々のご協力のもと、5月20日(土)に終演しました。
ご来場の皆さま、そして、応援をしてくださった皆さま、共演者・関係者の皆さま
本当にどうもありがとうございました。

e0173350_19131620.jpg

松本記念音楽迎賓館にて(ボックリ博士 撮影)
野田 香苗(朗読)
渡邊 温子(チェンバロ)
生方 真里(ヴァイオリン)



 冬の会同様に、ヴァイオリニスト生方真里さんがゲストでご出演。
生方さんが直前に良いアイデアを思いついてくださいました。

 今回のプログラムには、前半 最初の曲に「ニオイスミレ」(田中カレン作曲)をチェンバロ・ソロの演奏、
またこの曲を後半の朗読と音楽においても演奏の予定でした。この「ニオイスミレ」に着目した生方さんが、
アロマオイルにとても詳しいご友人に、その香りを聞いてくださったのです。
そして、本当にあるのですね! 生方さんのご友人様がそれを見つけてくださり、即手配。
とっても貴重な香りなのだそうですが、ありがたいことに当日、会場に持参してくださいました。
なんとまぁ~、「ニオイスミレ」の香りとともに演目を楽しんでもらうことができたのでした。



e0173350_19153182.jpg


 さて私は、明治、大正、昭和にかけて活躍した作家、小川未明の童話から、『野ばら』と『月夜と眼鏡』を読ませていただきました。
後者の『月夜と眼鏡』は、チェンバリスト渡邊温子さんの音楽構成により実現したのです。
チェンバロとヴァイオリンが自然の美を奏でられ、ゆったりと流れるようなその音楽は作品にぴたりとはまりました。

 小川未明という作家は、生きていた時代、生活は苦しくとも平和を求める心を決してあきらめなかったと思います。
そして、いつ、どんな時にも人間らしく生きることを忘れてはならない、その信念を作品の中にも表現したのです。
未明童話には、未来を生きる子どもたちへ伝えたかったことが、その作風から感じられる気がしました。
選びました二作品においても、言葉はとてもシンプルですが、力強い。そのお話の力を信じて読んでみたいと私は思い、臨みました。


 このコンサートプログラムでは、バロック音楽の演奏もとても素敵で印象に残りました。
全体を通してみると、音楽と童話作品が呼応するようにつながったと感じられました。


 写真撮影はボックリ博士こと、中村義政さん。 いつも公演を見守っていただきありがとうございます。
会場の庭園の緑が映えてとても美しく、撮影された写真をいくつかご紹介しましょう。

e0173350_19181908.jpg



e0173350_19170869.jpg
e0173350_19172423.jpg


e0173350_19174482.jpg



また、会場にほど近いパンのお店「ぺトラン」さんにもチラシを置いていただいたり、
こちらのサイトにも宣伝をしていただきお世話になりました。
ご協力をどうもありがとうございました。

<二子玉川生活>
https://www.facebook.com/futakolife

<二子玉川まち情報プロジェクトfutakoloco(フタコロコ)>
https://futakoloco.com/
https://www.facebook.com/futakoloco/


 風流楽コンサート よろしければ また 聞いてくださいませ。 



by nagomi-no-kaze | 2017-05-31 19:31 | Live Report | Trackback | Comments(0)

5月20日は 風流楽(ふる~ら)春のコンサート!

 陽光が眩しく、小倉では日傘をさして歩く姿が増えているこの頃です。
 公園の木陰を見ると、そこに入りたくなるかも・・・。

e0173350_20353078.jpg
e0173350_20354073.jpg


 さて、今回は、風流楽(ふる~ら)春のコンサート(東京)のご案内です。

e0173350_20383393.jpg



このコンサートはチェンバリストの渡邊温子さんと一緒に、
出張演奏や年2回(冬・春)の定例公演を含めて、今回で41回目の会になります。
今年1月にゲストでご出演のヴァイオリニスト、生方真里さんをお迎えします。
お二人の演奏で、J.S.バッハ ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ ロ短調 BWV1014 を。
わたしも楽しみにしています。

私は、明治、大正、昭和にかけて活躍した作家、小川未明の童話に初挑戦します。
よく読まれています「野ばら」と「月夜と眼鏡」を選びました。
後者の作品を、チェンバロとヴァイオリンと共演。(音楽構成・渡邊温子)
シンプルかつ繊細な言葉の表現に美しい旋律が加わり、
これはもう、夜の静かな情景描写にぴったりです。


精一杯努めます。ぜひ、聞きにいらしてください。

e0173350_20392524.jpg


【風流楽 春のコンサート】
日時:520日(土)14時 開演
会場:松本記念音楽迎賓館 Aホール http://ongakugeihinkan.jp/
チケット:一般 3000円、ペア 5000円、小学生 1500円 (当日券も同額です。)

お問合せ・お申込み: 風流楽(ふる~ら) aac16550@pop17.odn.ne.jp

後援 日本チェンバロ協会
主催 風流楽 
https://www.facebook.com/furura.furura/




こちらにも、宣伝していただきました。ありがとうございます。

<二子玉川まち情報プロジェクトfutakoloco(フタコロコ)>
https://futakoloco.com/
https://www.facebook.com/futakoloco/

<二子玉川生活>
https://www.facebook.com/futakolife





by nagomi-no-kaze | 2017-05-13 20:50 | 出演します! | Trackback | Comments(0)

春の公演に向けて

 

e0173350_17495590.jpg

 春がめぐってきて、陽ざしも、風も、空の色も、どんどん変わっていきますよね。
皆さまは、桜のお花見を いろいろな場所で楽しまれたことでしょう。

 桜が咲いてからというもの、雨・風が寒さを呼び戻してしまったようですが、
その分、桜も頑張っていますから、今年は長く花見を楽しめているような気がしますが・・・。
 わたしも、先週は東京で、そして小倉に戻っても、まだ華やいだ薄桃色の花を
まぶしい陽光とともに見られて幸せです。



 東京 杉並区内 神田川沿いでは、
思いきり枝を伸ばした桜どうしが川の上で手をつないだような。
綺麗でした~。 (4月7日・8日撮影)

e0173350_17485165.jpg


e0173350_17490587.jpg








こちらは、小倉城  夜はお城がライトアップされて! (4月5日撮影)

e0173350_17483140.jpg





小倉城のそばを流れている紫川付近。 
川面がキラキラ うららかな雰囲気ですね。(4月14日撮影)

e0173350_17494272.jpg




e0173350_17492464.jpg


 
 今週は、これから始まる春の公演に向けての練習や準備に勤しんでおります。
 まずは、4月22日に北九州市での朗読会。
 アイリッシュハープでの音楽と読ませていただく安房直子さんの『遠い野ばらの村』。
 今日の練習を終えてみて、奏者の緒方博子さんによる音楽が入るタイミングが良くなってきて、
わたしもそれに影響されてテンポUPしています。
 

 そして、5月20日に東京での風流楽コンサートでは、小川未明の作品に初挑戦。
『野ばら』と『月夜と眼鏡』を予定しています。
 『月夜と眼鏡』のほうは、チェンバリストの渡邊温子さんが音楽構成をしてくださっています。
その練習もしてきたところで、この作品はチェンバロとヴァイオリンとの共演となりました。
ヴァイオリン奏者は、1月にもゲスト出演された生方真里さんです。
 物語は静かな夜のお話なのですが、より一層、幻想的な雰囲気が感じられると思いますよ。

会場は、松本記念音楽迎賓館 で5月に行うのは初めてです。


 こちらの会のご案内は、また改めて投稿しますね。お楽しみに。
 




 <今月の、北九州公演です。 よろしくお願いします!>
 和みの風の朗読会 ~アイリッシュハープと聞く安房直子作品「春」の物語~
  『遠い野ばらの村』
 日時)2017年4月22日(土) 14時開演
 会場)図書室カフェITOH (戸畑区中原西3-2-7)
 会費)一般 1500円 
    なお、小学生までのお子様ご同伴は、お一人までは無料です。
 ※ 当日はカフェにて、お一人様、1ドリンクのご注文をお願いします。

 お気軽に、お問い合わせください。 和みの風 aac16550@pop17.odn.ne.jp


by nagomi-no-kaze | 2017-04-14 18:04 | 和みの風だより | Trackback | Comments(0)

風流楽 Winter Concert 2017 終演しました。

1月22日(日)東京都立川市にて、風流楽(ふる~ら)の公演を無事終演しました。
前半は、バロック音楽を、チェンバロ・ソロ、ヴァイオリンとチェンバロの演奏で。
後半は、朗読と音楽による『最後の一枚の葉』を。お送りいたしました。

ご来場のお客様、メールやお電話、お手紙から応援してくださいました皆様、
お心遣いをいただきました皆様、どうもありがとうございました。

e0173350_23000424.jpeg
             アートルーム新紀元(東京都立川市)にて




風流楽は、朗読と音楽のユニットで活動して10周年を迎えました。
これまで年に2回の公演と出張演奏での出演を含め、この会で40回目となりました。

朗読作品には、詩、童話作品、文学作品などを取り上げてきまして、
チェンバリストの渡邊温子さんが選曲・構成をしてくださいます。
2013年に共演のヴァイオリニスト生方真里さんが再びご出演くださり、
O・ヘンリー作品『最後の一枚の葉』(結城浩訳)を、もう一度お届けすることができました。

二回とも聞きましたというお客様も数名いらして、それも嬉しいことですが、
お帰りの際に感想を寄せられて、新鮮に感じられたご様子で、更に嬉しく思いました。


e0173350_23261767.jpeg

e0173350_23270153.jpeg

e0173350_23271633.jpeg




『最後の一枚の葉』はご存知の方も多いと思いますが、ほんの少しご紹介しましょう。
肺炎にかかって、生きる希望を失った若い女性画家、ジョンジー。
窓辺から見える、老木のツタの木から散る葉をみて、最後の一枚の葉が散るとき、
自分も死ぬのだと信じているのです。
そのようなジョンジーに心を悩まし、なんとか励ましたいと思う友人たち、
スーとベーアマン老人が、それぞれに自分のできることをジョンジーのためにします。
嵐の晩にも散らずに枝にとどまった最後の一枚の葉は、ジョンジーの心に勇気と希望を
もたらします。
その葉はどうして散らなかったのでしょうか?
いつか傑作を描くのだと言いながら、なかなか絵筆を動かすことのできないでいた
ベーアマン老人でしたが、それは、嵐のなかを、彼が命をかけて描いた作品で、
これが彼の「傑作」となったのでした。


わたしには、2つのお話があるように思えまして、
それらは交差しながらも、ひとつに繋がったときの感動は大きい。
O・ヘンリーは、意外な結末が待っているという物語の展開が素晴らしいものです。
そこが魅力でもあります。

いただいたご感想の中には、同じ作家の他の作品も聞きたいとのご意見や、
日本の古典文学のご希望も書かれていましたので、有難く思いました。
今後の参考にさせていただき、また精進してまいりたいと思っています。

どうもありがとうございました。

e0173350_23230413.jpeg


         写真撮影 ボックリ博士   いつも、ありがとうございます! 
                      

     次回の公演は、2017年5月20日(土)松本記念音楽迎賓館にて予定しています。
     よろしくお願いいたします。
     詳細は、改めて、ご案内させてください。



by nagomi-no-kaze | 2017-01-25 23:36 | Live Report | Trackback | Comments(0)

今年もよろしくお願いします! これから始まる公演のお知らせ☆彡

2017年がスタートしました。
皆さま、穏やかにお正月を迎えられたことと思います。

本日は11日ですから、鏡開きの日ですね。
小倉では、小倉城内に飾られた大きな鏡餅をおしるこにして市民にふるまう行事があります。
昨年は、これを知ったのが遅く残念な思いをしました。

e0173350_16403435.jpg

(この写真は、2015年の年末に見て・・・、それきり。この時は残念でした!)


  今年は1月9日(月・祝)に、朝から小倉城前に並びましたよ~。 その甲斐あってありがたく頂戴いたしました。
この日、おふるまいは約2000人分 ご用意されたとか。

e0173350_16420729.jpg

e0173350_16421719.jpg


  寒空で、時折雨も降っていましたから、なおさら美味しく感じられました・・・。
 無病息災 健康第一を願い、本年も、日々頑張って参りましょう!





  さて、早速ですが、これから始まる公演について、お知らせします。

☆彡 風流楽(ふる~ら)Winter Concert 
   ~心に灯りをともす 音楽と物語を あなたに~

 日時) 1月22日(日)14時 開演
 会場) アートルーム新紀元(立川市曙町2-7-21  JR立川駅北口 すぐ) 
チケット)一般 3000円 ペア券 5000円 小学生 1500円
 出演) 風流楽/ 野田香苗(朗読) 渡邊温子(チェンバロ)  
     ゲスト/生方真里(ヴァイオリン)

  2007年に結成された「風流楽(ふる~ら)」は、これまでに年2回(冬・春)の定例公演、出張演奏を含め、
 今年、40回目を迎えます。
  この度、2013年にご出演いただいたヴァイオリニストの生方真里さんを再びお招きします。
 チェンバロとヴァイオリンの演奏によるバロック音楽をたっぷりとお楽しみいただき、
 朗読と音楽では、お二人の演奏とともに、
 O・ヘンリーの「最後の一枚の葉」(結城 浩/訳 (C)1999 by Hiroshi Yuki)作品を再演します。



e0173350_16580908.jpg


e0173350_16581606.jpg


  
  <お問い合わせ・ご予約> 風流楽(ふる~ら) 090-9965-9037
                      aac16550@pop17.odn.ne.jp

   どうぞ、よろしくお願いいたします。 お待ちしております!!


       

   


by nagomi-no-kaze | 2017-01-11 17:18 | 出演します! | Trackback | Comments(0)

風流楽・春コンサート  ご来場ありがとうございました!

3月28日、松本記念音楽迎賓館にて、
今年も春のコンサートを行いました。
ご来場下さいましたお客様、寒い中をありがとうございました!
e0173350_16454122.jpg


                                 撮影 中村政義(ボックリ博士)

チェンバロの演奏に始まり華やかな音色にうっとり。歌曲も春らしく、美しい音楽のお陰で、会場が温かくなります。
その中で、お話を2編、音楽とともに朗読させて頂きました。
『散らない桜の木』(光原百合作)、『アラカルトの春』(O・ヘンリ作、大久保康雄訳)
どちらも、恋の話です。

チェンバロ奏者・おんちゃんが、音楽構成・作曲・編曲を手がけてくださいました。いい作品になったと思います。今コンサートで、この世に送りだすことが出来て嬉しかったです。

これにとどまらず、いろいろな場所で、聞いてもらいたい作品ですね。

スペシャルゲスト 小島おさむさんをお迎えして、
オルガネッタで「回転木馬」と、アンコールに「花」をお願いしました。
e0173350_16461732.jpg

次回は、12月12日(日) に風流楽クリスマスコンサートを、
この松本記念音楽迎賓館で行います。 オルガネッタの小島さんも登場します。
お楽しみに♪♪




終演後の打ち上げは、飲茶デザートもしっかり頂き、至福の時でした。
e0173350_2243392.jpg

by nagomi-no-kaze | 2010-03-28 22:43 | 良きご縁に感謝! | Trackback | Comments(0)
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31