人気ブログランキング |
ブログトップ

和みの風の~おはなし道しるべ~

タグ:北九州 ( 4 ) タグの人気記事

和みの風の朗読会2019秋(in北九州) 無事に終演しました。

 9月7日(土)に、北九州市戸畑区にある図書室カフェITOHにて、
和みの風の朗読会の開催は、8回目を迎えました。 リコーダー奏者 渡辺浩行さんとの共演です。
 今年は春の開催を引越のため諦めましたが、その分、この秋の会を楽しみにしておりました。
 暑い中、ご来場くださいました皆さまに、
また、メールやお電話で応援してくださった皆さまに、感謝の気持ちでいっぱいです。
本当に、どうもありがとうございました。


 和みの風の朗読会2019秋(in北九州) 無事に終演しました。_e0173350_16364394.jpg


 今回、ふたりの作家の「童話」を一話ずつ、横笛の演奏とともにお届けしました。
作家が「童話」に描きたかった思いを、それぞれの作品を通じてお伝えし、受け取ってもらえたらと、
プログラムに置き、そのテーマを、~横笛と聴く言葉への旅「祈り」~としました。



 和みの風の朗読会2019秋(in北九州) 無事に終演しました。_e0173350_16352842.jpg

 北九州市出身の小説家 林 芙美子氏は、戦時中に疎開した長野県の山中において、
村の子どもたちに「童話」を書こうと決めました。
「鶴の笛」は、その中の一作です。
 そして、岩手県花巻市出身の詩人・童話作家 宮沢賢治氏が数多く生み出した童話より、
私にとっては思い入れのある「なめとこ山の熊」を選びました。



 和みの風の朗読会2019秋(in北九州) 無事に終演しました。_e0173350_16384667.jpg
(この写真は、ご来場の中嶋かつ子さん 撮影)


 共演の渡辺浩行さんは、朗読とのセッションは初めてとのことでした。
お打合せの中で
「既存の曲ではなくて、音楽を考えてみます。」とおっしゃってくださり、
ルネッサンスフルートを二本、(テナーとバス)使うことを提案してくださいました。
 物語りに沿うように考えてくださった音楽は自然に、優しい響きのもので、
次第に言葉と合うようになってくると、とても風合いのいい仕上がりになってきたことが
わかりました。
 当日は、渡辺さんの演奏との掛け合いも楽しみながら、信頼のもと、楽しく朗読することが出来ました。

 渡辺浩行さんが当日会場内を記録撮影、それをYouTubuにUPしてくださっています。
お聴きになれる方は、以下のURLを、よろしければお試しください。

「鶴の笛」林 芙美子作
https://youtu.be/a2-nNlrHBps

「あふれよわが涙」ダウランド/ファン・エイク作曲(リコーダー独奏)
https://www.youtube.com/watch?v=lw0UB7jbrWg

「なめとこ山の熊」宮沢賢治作
https://youtu.be/4U7WzT07pPo


 終演後にいただいたアンケートへのコメントには、
「横笛とおはなしがとても合っていた。」「笛の音がもの悲しく、また風のように聞こえた。」
ほか、様々なお言葉で寄せられました。これらのご感想は本当に励みになります。
また、次に聴きたい作品のことも書いてくださるのはとても嬉しくありがたいですね。
これからの会の参考にさせていただきます。
ありがとうございました。


 会場の、図書室カフェITOH 店主の伊藤美子さん。今回もお世話になりました。
お店では、熊本から取り寄せてくださったお菓子をご紹介してくれて、いただくと、とっても美味しいお菓子でした!
白くて丸いお菓子「ブールドネージュサレ」を私も気に入り、そして、抹茶のロールケーキは、終演後にいただきました。
し・あ・わ・せ~ (⌒∇⌒)

 和みの風の朗読会2019秋(in北九州) 無事に終演しました。_e0173350_16434800.jpg



 和みの風の朗読会2019秋(in北九州) 無事に終演しました。_e0173350_16440715.jpg



by nagomi-no-kaze | 2019-09-12 16:48 | Live Report | Trackback | Comments(0)

暑中お見舞い申し上げます。

 和みの風の活動は、7月1日で19年目を迎えました。
今年後半へ折り返したところで、今は秋・冬の公演活動準備をしています。
これからもよろしくお願いします。

 なかなか更新ができませんでしたので、少し前を振り返ってみますね。

 長い連休となった今年のG.W.でしたが、その直前に家の引越をしました。
夫の転勤で出身の東京へ戻ることとなり、約3年半の北九州市生活にひと区切り。
沢山の方々に出会えてお世話になり、その分お別れは寂しかったですが、
ここで学んだり活動できたことは未来への糧になると思っています。
良きご縁をありがたく思い、引き続き、これからも繋がっていたいです。
春の朗読会は開催できませんでしたが、秋はそのまま予定します。改めてご案内します。

 先にレポートした、東京都三鷹市山本有三記念館での公演を終えてから、
次の週の5月20日~7泊8日 ドイツ旅行へ。
風流楽でご一緒のチェンバリスト渡邊温子さんの「音楽と教会セミナー」の旅行ツアーで、
中部ドイツをめぐってきました。 年始に申し込みをして、私のドイツ訪問が初めて叶いました!
フランクフルトを起点に、アイゼナハ、ハレ、ツェルプスト、マグデブルグ、ケーテン、ライプツィヒの街を
訪れることが出来ました。沢山の写真が手元にあります。

 その後、5月27日~ 6泊7日 夫の親戚(従妹)の住むフランスへ。
ここでは朗読会に参加できましたので、このあと、それを報告させてくださいね。


 梅雨明け宣言までもう少しというところでしょうか。
夏の暑さもひしひしと、それでも負けないで、食事もしっかり取って、乗り切りましょう。
素敵な夏の思い出を作って、元気にお過ごしください。



by nagomi-no-kaze | 2019-07-19 14:43 | 和みの風だより | Trackback | Comments(0)

公演予定ご案内② 9月30日(in 北九州)


天候の移り変わりが早いのも、秋らしいということでしょうか。
只今は東京におりますが、
暑いのか、肌寒いのか、着るものに悩みますよ。
気温差についていけず、私、先週は風邪をひいてしまいました。
皆様も体調を管理して、どうぞ気をつけてくださいね。


さて、来週はこちらに出演いたします!
北九州ミュージックプロムナード2017
における「ライブハウスでどどんとライブ!」のイヴェントの一つ。


 女子力Night Ⅱ じょしりょくないと!

9月30日(土)18:00 開演
ギオン夢舞台にて 入場無料 ・1ドリンク500円のご注文をお願いします。
食べ物は持ち込み可です。簡単なおつまみのご用意はあるそうです。

※お得なドリンク&フード券の発売がありますよ。


 昨年に引き続き、お声をかけていただきました。
女性ヴォーカル特集の音楽LIVEの中、異色の「朗読」のジャンルを
組み込んでくださったのです。
 今回は、エッセイ、小話を考えておりますが…、
どんなストーリーでありますことやら?
それは当日のお楽しみ♪ですよ。
バンドの演奏も元気いっぱい! 盛り上がっちゃいましょう!

 お誘いあわせの上、ぜひ聞きにいらしてください。
 お待ちしています。

by nagomi-no-kaze | 2017-09-21 22:02 | 出演します! | Trackback | Comments(0)

麗しい藤の花!

北九州 河内藤園(かわちふじえん)    2017年 5月11日

大きな藤棚と、二本の藤のトンネル。 (トンネルは80Mと110Mの長さです。)
その下を通ると、甘~い香りがしていました。

麗しい藤の花!_e0173350_23543990.jpg
麗しい藤の花!_e0173350_23560667.jpg

大きな蜂がたくさん飛び交っていました。
さされやしないかとドキドキしましたが、邪魔をしなければ大丈夫でしょう。
羽音をたてながら忙しくお仕事に励んでいて、人間なんて見向きもしないようでした。

ここには22種類もの藤の花が咲くそうです。凄い数、そんなにあるなんて知らなかったです。
その年の天候にもよりますが、4月下旬~5月中旬は見ごろです。

ここは春は藤の花、秋は紅葉(約700本とのこと)が良いそうで、
色々と話題を聞いていましたし、「行くといいよ。」と勧められていました。
G.W.中は一番良い頃と思いますが、混んでいると思い、
今日は初めて行きましたが、まだ間に合ってよかったなぁ~。
藤の美しさを、香りを、体にまとった感じです。


この若葉色の棚の下には、紫、白、桃の様々な藤の花の世界に包まれています。
それでは、今日の写真をご覧ください。

麗しい藤の花!_e0173350_23575170.jpg

麗しい藤の花!_e0173350_00002014.jpg

麗しい藤の花!_e0173350_23594901.jpg


麗しい藤の花!_e0173350_00014272.jpg

麗しい藤の花!_e0173350_00004442.jpg
麗しい藤の花!_e0173350_00012806.jpg


麗しい藤の花!_e0173350_00010403.jpg


麗しい藤の花!_e0173350_00000168.jpg


河内藤園へのアクセス、入園方法は、詳細がこちらのサイトに載っていいますよ。 ご参考までに。
http://kawachi-fujien.com/


by nagomi-no-kaze | 2017-05-12 00:13 | しあわせの和 | Trackback | Comments(0)
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31