人気ブログランキング |
ブログトップ

和みの風の~おはなし道しるべ~

<   2019年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

三鷹市山本有三記念館 春の朗読コンサート 10回目 終演しました。

2019年(令和元年)5月10日・11日 「春の朗読コンサート」は、
おかげさまで、10回目を迎えました。同内容2回公演 無事に終演いたしました。
http://mitaka-sportsandculture.or.jp/yuzo/event/20190510_11/

e0173350_18132880.jpg

e0173350_18125918.jpg



 今年もたくさんのご応募をいただいたそうです。
両日お席が抽選となってしまい、外れてしまった方には申し訳ございませんでした。
当選したお客様は皆様ご出席。(毎度、出席率が高いのが有り難いです。)
そして早くからご来館くださり、時間ぴったりに開演できまして感謝申し上げます。
お忙しい中をご来場くださり、誠にありがとうございました。


e0173350_18142492.jpg



 記念館の企画展にちなみ、学芸員さんと相談しまして女性の主人公の有三作品をと、
戯曲のジャンルから『女中の病気』(大正13年10月発表)を推していただきました。
戯曲とは演劇の脚本、台本にあたります。つまり、登場人物の台詞で成り立っています。
私にはなかなか選べない作品です。というのも、内容を一人の読み手で朗読します。
聴き手は、会話で綴られるストーリーの行方を想像していくようになります。
そして、ここに音楽をどのように取り入れていくかが、とても重要です。





e0173350_18145890.jpg


 さて、メインの作品『女中の病気』。
大正時代、有三氏は劇作品を主に書いていたそうですが、これは37歳の時の作品です。
お話は切ない内容です。
 大正時代、「女中」の仕事は、住み込みで働き、家事全般を執り行うものが一般的でした。
そして弱い立場に置かれた女性に対する有三の視点が、この作品には描かれています。
話中にはお金の話もでてきますので、当時の物価についても調べてみました。
この時代は、戦争や、関東では大震災の影響も受けて、お金の価値に幅があるようでしたが
例えば、大正時代の100円は、今のお金の価値でいうと、30万~35万円くらいになるそうです。
このような背景も参考にしながら、お話を聴いていただきました。

 今回の共演に、クラリネット奏者 人見 剛さんに是非ともお願いしたいと思いました。
この物語を読んで、時代背景と女中の存在を意識してもらいました。
女中のテーマの曲を作ってもらえることになったのは嬉しかったですね。
そこから展開していく音楽を作曲。一幕ごとに、音楽も追っていくという形です。
音域の幅も、テンポの変化も生かされた曲調は、物語の展開にぴったりでした。
また、テーマの音楽が分かりやすい。これらが、皆さんにもいい印象に映ったと思いました。
耳に馴染みやすくて、私などは普段でもこのフレーズをつい歌ってしまうのですよ。

最後に人見さんから教えてもらったことですが、このテーマの曲が生まれたきっかけは、
人見さんの奥様が口ずさんだメロディだったそうですよ。
そうでしたか、ご夫婦で生み出してくださったわけですね。 どうもありがとうございました。
今回はお互いに「挑戦」すべきものがありましたね。 私にとっても印象に残る作品となりました。


~プログラム~

演奏
「モノローグ」 エルランド・フォン・コック 作曲

朗読 
山本有三 作

『「酒中日記」を見て』(抜粋) 初出:「国民新聞」(大正8年5月21日)


『女中の日記』(抜粋) 初出:「演劇新潮」(大正13年10月号)


 朗読 野田 香苗  クラリネット 人見 剛


e0173350_18153239.jpg




by nagomi-no-kaze | 2019-05-12 18:30 | Live Report | Trackback | Comments(0)

ありがとう 平成。 おめでとう 令和。

新たな元号「令和」の時代の幕開けです。 
おめでとうございます。

e0173350_00321268.jpg


(福岡県太宰府市にある坂本八幡神社にて  2019年4月9日)
この時訪れた太宰府については、別途、ご紹介したいと思います。



 天皇陛下ご即位に伴い、令和元年は、5月1日から始まりました。
「令和」この元号については、645年の「大化」から数えて248番目となるそうですね。

「令和」の典拠は、
日本最古の歌集『万葉集』に収められた「梅花の歌三十二首 序文」にある
初春の月にして(しょしゅんのれいげつにして)
気淑く風ぎ(きよく かぜやわらぎ)
梅は鏡前の粉を披き(うめは きょうぜんのこをひらき)
蘭は珮後の香を薫ず(らんは はいごのこうをくんず)

の文言が引用されました。



 平成最後の日、天皇陛下の国民に向けての最後のお言葉をTVで拝見し、あたたかい気持ちになりました。
 私は、様々な人々と出会い、そして別れがあり、また再会も経験しながら、ご縁をいただいたことを思いめぐらせました。「平成」の三十年を、おかげさまで無事に楽しく過ごさせていただいたと思いました。 平成 ありがとうございました。

 「令和」の世においても、戦争のない、平安な時を過ごしていけますようにと願います。
 私自身は、これまでいただいたご縁を忘れず、少しずつお返しもしていけるように努めて
いきたいと思います。 令和 これからどうぞよろしくお願いします。




by nagomi-no-kaze | 2019-05-01 01:26 | しあわせの和 | Trackback | Comments(0)
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31