人気ブログランキング |
ブログトップ

和みの風の~おはなし道しるべ~

<   2018年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

風鎮祭をきっかけに<小さな旅in山口県>

 今年の八月は厳しい暑さに加えて、台風の多い月でしたね。
 ところで「風鎮祭」というお祭りをご存知でしょうか?
風によって稲やほかの作物が被害を被らないように神さまに祈願する
通称「風よけ祭」で、国内のあちらこちらで行われるようです。

 先週、台風19号と20号が接近している頃、山口県を訪れていました。
私の夫が、以前仕事で大変お世話になった方の住む地元での「風鎮祭」(山口県美祢市秋芳町嘉万)
開催の情報をきっかけに、周遊も兼ねて巡る小さな旅となりました。

 こちらの祭は地元の恵比寿神社の「台風除け祈願」。
二つの台風が接近中のところを、皆さんの祈りが通じたのでしょうか。

e0173350_23454469.jpg

e0173350_23460803.jpg

 お祭は、地域の交流を深める場としても欠かせない、大切な行事の一つですね。
たまたまなのか、NHKの番組取材が入りました。 予定されていたイベントも順調に運びます。
アットホームな雰囲気でしたから、よそから来た我々夫婦も楽しみましたよ。

e0173350_23465869.jpg



e0173350_23462924.jpg



 今回は美祢(みね)市のほかに、萩市、長門市へ。 秋芳洞、萩の港や笠山からの景観、
元乃隅稲成神社、黄波戸温泉など、ほぼ初訪問のところばかり。萩焼や道の駅でのお買い物やお食事も楽しみました。
 写真ではスケールの大きさをすべてお伝えしきれませんが、二つの観光スポットをご紹介しましょう。


<秋芳洞> 
 日本最大のカルスト地形の秋吉台。その南側にある秋芳洞。日本の鍾乳洞では一番の大きさを誇ります。

e0173350_23491079.jpg

 洞内の温度は通年17℃だそうです。
夏場は特に、天然の涼しさが本当に心地よかったです。クーラーの冷やされ方とは違うんだな。
上着も持参しましたが、この日も暑かったため半袖で十分でした。

e0173350_23492035.jpg
e0173350_23495781.jpg

 地下水がゆっくりと石灰の岩肌をとかし、数万年という歳月をかけてでき上がった自然美をいくつも見せてくれます。
その偶然が成した様々な形の鍾乳石にはそれぞれ名前が付けられており、より一層神秘的に思えます。

 鍾乳石の名所ごとに設置されたボタンを押すと、説明が流れます。日本語のほか、英語、中国語、韓国語に対応していますよ。

e0173350_23500704.jpg

黄金柱(4mはあるそうです。)


e0173350_00100660.jpg


「巌窟王」(がんくつおう)は、洞内の守り神のように存在していました。


 車椅子の方は、介助者と一緒に、正面入り口からしばらく進んで、一つ目の「百枚皿」の鍾乳石まで観覧できます。
この「百枚皿」は、洞内にまるで棚田が広がっているようで、なかなか見ごたえがありました。

e0173350_23521105.jpg



 このコースは同じ道を上りと下りで往復し、約一時間くらいかけて歩きます。復路でももう一度、
違った角度から見られる楽しみがあります。(下りのときはどうしても目線が足もとにいきがちですが。)

 正面入り口付近に戻ってきて「冒険コース」も体験しました。懐中電灯を持って岩肌を登ってみると、
上から眺める洞内の景色はこれまた神秘的。この洞窟の大きさ・広さは計り知れないことを感じます。
元気のある人は、折角ですからぜひ体験してみてください。(入洞料とは別途、希望者は備え付けの箱に+300円)

e0173350_23524499.jpg
e0173350_23530454.jpg




e0173350_23493980.jpg
  


<元乃隅稲成神社(もとのすみいなりじんじゃ)>
e0173350_23540194.jpg

 元乃隅稲成神社には白狐の神様が祀られています。
そして、奉納された123基の赤い鳥居と、青い空と日本海、緑の山々の色彩が鮮やかです。
山口県内では日本海の美しい風景をを臨める場所が多い中で、ここも名所の一つではないでしょうか。
ここに来られただけでもありがたいと思えるような、目の前に広がるのスケールの大きさに
またもや圧倒される思いがしました。
e0173350_23542695.jpg

 

e0173350_23550410.jpg


この鳥居の下に、更に赤い鳥居が続き、くぐった先には・・・。


e0173350_11453982.jpg

空と海と山の景色が広がっています。

e0173350_23554611.jpg
 神社の開館時間は日の出から日没まで。
日が沈んだら、真っ暗な山道を車で下ることになってしまいますから、運転にはくれぐれもお気をつけて!




by nagomi-no-kaze | 2018-08-30 00:25 | マタサブロウ旅日記 | Trackback | Comments(0)

残暑お見舞い申し上げます!

 皆さま、いかがお過ごしでしょうか。
自然がもたらす影響がこんなにも大きいとは・・・。暑さ、豪雨、地震、火山活動、台風等 次々と
思い知らされる今夏の厳しさですね。
 前回は豪雨の次の日の写真でした。 昨日の紫川(小倉北区)付近からお届けしましょう。
まずは一枚。立秋を迎えた日から、空には秋の気配も出てきました。

e0173350_18063660.jpg

 北九州市内では、7月は20日以降、お祭りが週末ごとに続き、この紫川付近もとても賑やかだったのですよ。
今年は台風が祭りに大きく影響しなかったのは幸いでした。本来は開催できるのが当たり前なのでしょうが、
無事に終わると、どこかホッとした心持ちになりました。

私は「小倉祇園太鼓」(7月20日~22日)そして、初めての「わっしょい百万祭り」(8月5日~6日)を楽しみました。



e0173350_18095934.jpg


e0173350_18105981.jpg
e0173350_18102008.jpg




「わっしょい百万祭り」では、市内各地の山笠(山車)が大集合!

e0173350_18120602.jpg
e0173350_18113302.jpg


e0173350_18142786.jpg




e0173350_18122715.jpg


昨年は叶わなかった二種の踊りにもようやく参加することができて、嬉しかったです。
踊らな損、損!は、本当です。(笑)

e0173350_18125237.jpg


 





 そして今日は終戦記念日。 日本武道館での追悼式典では、今上天皇・皇后両陛下のお言葉を
お聞きしたいと思って、自宅のテレビで見ておりました。
先の大戦で尊い命を失った方々の御冥福をお祈りし、これからも平和な世の中が続くようにと願います。



 ところで、今年は台風が多いと聞いてはいましたが、次々にやってきますね。
九州はやはり台風の通り道ですわ。影響を受けて、今日の空模様は様々に移り変わっていますよ。


 話は前後しますが、前日は台風が来る前に色々済ませておこうと思い、また気晴らしもしたくなって近くへ外出。
お盆休みで帰省されているのでしょう。人出もあり、家族連れのお出かけ風景を見かけるのも楽しいです。
お茶を飲むにも席が混み合っている中、屋内の窓辺の席がちょうど空きました。
小倉城近くの好きな風景で、暑い午後3時頃、人通りを避けて撮影。

e0173350_18204799.jpg


 八月も半ばを迎えて今年の活動を思い返してみれば、前半は、朗読公演以外にしていたことは、
主に、これまでの振り返りや、調べ物をするのに費やす時間が多く、そのための遠出もありましたね。
そして、北九州市内でのボランティア活動、ボイストレーニング、能楽のお稽古も続けております。
後半は、東京都内、北九州市内での朗読出演の予定もあり、外出が更に増えますが、
また新たな作品との出会い、聴きに来てくださるお客様との出会いを楽しみにひとつひとつ進めて、
務めていきたいと思っています。 これからも、応援をよろしくお願いいたします。

e0173350_18232258.jpg



by nagomi-no-kaze | 2018-08-15 18:33 | 和みの風だより | Trackback | Comments(0)
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31