人気ブログランキング |

11月9日(東京 荻窪)、28日(奈良 明日香村)にて、公演「時空を越えて」は、
無事に終了いたしました。
ご来場くださいました皆さまに、心より御礼を申し上げます。ありがとうございました。

今回は、ピアノと笙による演奏が、何といっても珍しいことと思います。
2つの楽器が即興演奏でかもしだす、不思議な不思議な音の世界。
しかしながら、どこか懐かしい、見たことのある風景が蘇りました。

その中で詠む和歌は、会場のお客様には、どのように感じられたでしょうか?

詠み手の私は、実は違和感がなかったのでございます。

笙の音色で、特に高音は、体を一本の線が通るような感覚を受けました。
和音の調べは、何とも言えない神聖な空気を感じました。

そして、一音一音、落とされていくピアノの音。
段階的な音の広がり、低音の響き。


万葉人が、その昔、
自然とのふれあいを楽しんで、親しんでいて、常に感じとっていた季節感。
それを何かにたとえたり、誰かに想いを寄せたり、・・・
その気持ちを歌にして人に送った、「和する歌」は、現代においても、色あせることなく
その魅力を伝えています。

万葉の時代の男性も女性も、
愛する人を、最高の色「紫」にたとえて詠む歌は多く、今回も一首ご紹介いたしました。
私が、たぶん、最初に万葉集を習ったときに覚えた和歌。

あかねさす 紫野行き 標野行き 野守は見ずや 君が袖振る (額田王)

紫草の 薫へる妹を憎くあらば 人妻ゆゑに 我恋ひめやも (大海人皇子)


我が国最古の現存する和歌集「万葉集」
約4500首がおさめられていますから、まだまだ知らない世界がひそんでいます。
折にふれて、声にだして詠んでみると、美しい日本語があなたの心に届きますよ。

またいつの日か、万葉集コンサート、開いてみたいですね・・・。
by nagomi-no-kaze | 2010-11-30 19:14 | 良きご縁に感謝! | Trackback | Comments(0)

言葉と音楽で蘇る、万葉集の世界 ~時空を越えて~

11月28日(日)14時~
岡本寺 にて(奈良県 明日香村 岡)http://www5.kcn.ne.jp/~yushinge/frame3.htm

今年は、平城遷都1300年にちなみ、
万葉集の和歌を、ピアノと笙の音色とともに詠ませていただきます。

万葉人は、季節を感じ、万物に想いを馳せて、想いのままに歌を詠みました。
和歌は、「和する歌」。
和するとは、人の言ったことに対して返事をすることで、
唱和する、の意味がぴったりです。

人と人が心を通わせる、自然と会話する、全てのものと向き合う、
何とスケールが大きいこと、と思われるかもしれませんが、
そうなんです。五七五七七の短い言葉の中に込められた想いは、測り知れないほどです。

日本で現存する最古の和歌集、それが万葉集。

約4500首の和歌の中から、ほんの一部ではございますが、ご紹介させていただきます。

季節をめぐる和歌のひととき、素敵な音楽とともに、お楽しみくださいませ。

万葉のメッカ、奈良明日香村で、お待ち申し上げます。
by nagomi-no-kaze | 2010-11-25 22:51 | 出演します! | Trackback | Comments(0)

朗読と、ヘルマンハープ演奏と、絵本画家味戸ケイコさんのトークでお送りします。

11月21日(日) 14:30~16:30 (開場は、14時)
イベント寺 泉蔵院 (東京都青梅市  JR奥多摩線 二俣尾駅 徒歩10分)

定員 100名 (お子様連れ歓迎)
入場料 1000円(小学生まで無料)
問合せ 泉蔵院  kakasi198@ybb.ne.jp

■朗読 (野田香苗)
 「きつねの窓」、「星のおはじき」 (安房直子作)

ヘルマンハープ演奏(林智子)
♪ 星に願いを、 さんぽ、もののけ姫、 小さい秋みつけた、ふるさと、 愛のテーマ、エーデルワイス、
星の子守唄、Rejoice ほか

☆ 味戸ケイコさん トーク
 安房直子さんと仕事をされていた時のお話や、安房さんの遺作となった「花豆の煮えるまで」より、
「小夜と鬼の子」を朗読してくださる予定。


紅葉も楽しめる季節、 どうぞお運びください。お待ちしています。
by nagomi-no-kaze | 2010-11-16 15:55 | 出演します! | Trackback | Comments(0)

11月14日 快晴

12日~14日まで東京都杉並区で開かれた荻窪音楽祭。
私たち、アンサンブルりんのねは、14日の午後、演奏をさせていただきました。

あんさんぶる荻窪 4Fにて(14時開演)

e0173350_223717.jpg


楽器の生まれた由来をお伝えしたり、
e0173350_22411.jpg
e0173350_2244279.jpg




私たちは、こんな風に演奏をしています。と、説明も加えています。

e0173350_2251472.jpg


♪ Je te veux 、白鳥、月の光、天使のカノン、パッヘルベルのカノン、愛の花束 ♪


写真は、メンバーのJさんのご友人Mさんが撮影。 ありがとうございました。
by nagomi-no-kaze | 2010-11-16 15:44 | しあわせの和 | Trackback | Comments(2)

11月7日 快晴

兵庫県立芸術文化センター 大ホールにて 演奏会に参加。
ヘルマンハープ協会主催のイベントで、今年は西宮市で行われました。

ヘルマンハープとビオラ・ダ・ガンバによる演奏とバロックダンスの共演に始まり、
各グループの演奏、そしてフィナーレと進み、13時開演から19時まで開かれました。

アンサンブルりんのねは、16時くらいからの出演で、8分間。
衣装に着替えて、さぁ、早く、直前の調弦よ~!!


e0173350_15274735.jpg


いよいよ演奏の時間です。
緊張が走り始めています。 さぁ、いってきます。
e0173350_152909.jpg


♪ 天使のカノン、アヴェ・マリア、愛の花束 ♪
この3曲を演奏します。
by nagomi-no-kaze | 2010-11-16 15:31 | しあわせの和 | Trackback | Comments(0)

11月も半ばを迎えました。
前半、後半、そして12月へと、アンサンブルりんのねは、演奏予定が続きます。
今週は、中休み、といったところでしょうか?

それでは、前半のハイライト(笑)
まずは、11月6日、7日の兵庫県ツアーの模様をどうぞ!

11月6日 西宮市甲陽園にて、ホームコンサート

e0173350_1544387.jpg
e0173350_155112.jpg
e0173350_1552828.jpg


♪ 星に願いを、エーデルワイス、きらきら星、さくら、Je te veux、白鳥、天使のカノン、愛の花束 ♪

写真では皆真剣ですが、
ひとりひとり、楽器との出会いを語ったり、アットホームな雰囲気の中、楽しいひとときとなりました。

e0173350_1516742.jpg


e0173350_15162715.jpg


新神戸駅そばの布引ハーブ園にて、リフレッシュ!

e0173350_15164423.jpg

by nagomi-no-kaze | 2010-11-16 15:20 | しあわせの和 | Trackback | Comments(0)

遷都1300年によせて、企画されました
万葉集の和歌とピアノと笙のコラボレーション
「時空を越えて」 東京公演が 昨日11月9日、無事終了しました。

昼の部、夜の部に、ご来場のお客様、お運びくださりありがとうございました。

e0173350_2125525.jpg


万葉集は、現存する我が国最古の和歌集です。
全20巻からなる、約4500首の和歌が編纂されています。
季節感をみずみずしいまでも表す言葉の巧みさ、歌の作者のさまざまな想いが
五七五七七の定型短詩に込められています。

私は初の試みでしたが、いい勉強をさせてもらっています。

ピアノと笙の楽器の組み合わせも、なかなか珍しいことではないでしょうか?
即興演奏がほとんどで、昼と夜では全く違う音楽の世界が広がっていました。

奈良での公演が続きます。こちらも楽しみです。


11月28日(日)14時開演
岡本寺 (奈良県明日香村)http://www5.kcn.ne.jp/~yushinge/frame3.htm

朗読 野田香苗
笙  中村華子
ピアノ 林 晶彦

奈良でも、お待ちしていますよ・・・。
by nagomi-no-kaze | 2010-11-10 21:27 | 良きご縁に感謝! | Trackback | Comments(0)

6日 秋の快晴
西ノ宮市のとある邸宅でホームコンサートが予定されていました。阪急線の甲陽園駅が最寄りですが、急な坂が多いので、車でなければ行かれません。
しかし、この辺りは大きな邸宅が多く、関東なら逗子の住宅街みたいです。
窓からは山と海が見えるのです。

私たちのリーダーがかつてこの家にお住まいだった時は、ピアノコンサートをよく開いていらしたそうで、客席は40席入ったという広さです。

今回、馴染みのお客様にハープ演奏を8曲聞いて頂きました。とても楽しく、また7日の大舞台の前の安心感が持てました。

演奏会の模様は別途お知らせします。

夜は、新神戸駅近くの布引ハーブ園を皆で散策。
夜景も綺麗でした。
e0173350_2013639.jpg

e0173350_2013614.jpg

by nagomi-no-kaze | 2010-11-07 20:13 | りんのね Report | Trackback | Comments(0)

昨秋から習い始めた、ドイツの楽器ヘルマンハープ。
「アンサンブル りんのね」のメンバーの一人として参加し、今年はいろいろな場所で弾かせて頂いています。

なんと、関西へ進出!

というのも、ヘルマンハープ協会の本部が、兵庫県西宮市にあります。
今年は、日独交流150周年認定記念イベントにちなみ、
兵庫県立芸術文化センター 大ホールでコンサートが開かれます。
そこに、「アンサンブル りんのね」も、東京から乗り込むぞ!
といった具合で申し込みましたが、・・・いざ目前になると、緊張感が高まっております。

演奏時間は、16時頃から、約8分間。
3曲演奏します。

天使のカノン(林晶彦作曲)
アヴェ・マリア(J.Sバッハ・C.グノー 作曲)
愛の花束(林晶彦作曲)

大丈夫かしら・・・私たち。 今日は最後のレッスン。
だいぶん呼吸もあってきた感じですが、今はとにかく「合わせる」ことの練習を重ねています。


http://www1.gcenter-hyogo.jp/sysfile/asp/01_shousai.aspx
by nagomi-no-kaze | 2010-11-03 23:58 | 出演します! | Trackback | Comments(0)

今年は、平城遷都1300年。 この記念の年にちなみ、
東京(荻窪)と奈良(明日香)の2か所にて、コンサート開催となりました。
私は初めて「和歌」を読ませていただくことになりました。

五七五七七という定型短詩のなかに、込められた想いはいかばかりか・・・。
そして、四季、自然との関わりなしには、これらの歌は生まれなったでしょう。

さて、ようやく秋晴れとなりまして、芸術の秋も本番か・・・。
昨日は、ピアノと笙と合わせながらの練習を行いましたが、何とも雅な世界が広がりそうです。

日時:11月9日(火) ① 14時~  ②18:30~ 開演 (2回公演)
会場:ギャラリー遊美 (杉並区荻窪5-10-22 美好屋ビル1F 荻窪駅南口から徒歩7分)
会費:3000円(お茶付)

朗読: 野田香苗
笙: 中村華子
ピアノ・作曲:林晶彦


お問い合わせ:ギャラリー遊美 03-3393-8900

もう少し、お席の用意ができますので、是非、お問い合わせください。
by nagomi-no-kaze | 2010-11-03 10:14 | 出演します! | Trackback | Comments(0)