カテゴリ:出演します!( 75 )

 10月の三連休が早くも過ぎていきました。 いかがお過ごしでしたか?
朝夕の涼しさにも体が慣れてきた頃かもしれませんね。

さて、11月、次の朗読出演のお知らせとそのご案内です。

  ◇ 11月23日(金・祝北九州市にて。詳しくは、こちら(←クリックしてください。)


その後、こちらは東京にて 出演させていただきます。

    joプロジェクト ≪キョウユウ≫ 朗読館vol.7
     文豪散歩  名作シリーズ【コンパクト版】   第1/10集

日時: 11月25日 (日) 14時 開演
会場: シネマハウス大塚     JR山手線「大塚」駅北口より徒歩7分 
入場料: 一般 / 1,800円 学生・22歳以下/ 1,500円  (全席自由)


joプロジェクトさん主催の新企画。名作を聴く全10回を目指す朗読館のシリーズです。
「この本題なら見聞きしたことがある!」という作品は数多くありますが、
実際に読んでみたことは・・・? 
または、読んだかもしれないが、ストーリーを覚えていない・・・。
など、このような経験は、ありませんか?

知っているつもりだった作品は、私にも大いにありますよ。
ですから、どうぞご心配なく! そして、どなたもご参加いただけます。

 「名作」と親しまれる作品たちを、今一度、読むきっかけの一つに、
そして、新たな感動を見つけるかもしれません。

 三人の読み手による、それぞれの作品を、そして詩を、お楽しみください。


 プログラムや、詳しい内容は、以下のチラシ表・裏をご覧ください。

e0173350_15380006.jpg




e0173350_15381049.jpg








よろしければ、この会にもお運びください。
お誘いあわせのうえ、ご予約をいただけましたら幸いです。
お待ちしております!!



ご予約・お問合せは、和みの風(野田)でも承ります。
※ 和みの風のE-Mailが新しくなりました。

E-Mail: wafuu.noda★gmail.com
 (※ 迷惑メール防止のため★印にしています。★を@に変えてください。)




by nagomi-no-kaze | 2018-10-09 16:07 | 出演します! | Trackback | Comments(0)

 新緑の映える頃となりました。春がどんどん進みますね。
これから迎えるG.W. 行楽のご予定も、お家でのんびりと過ごされる時間も有意義に、
皆さま、どうぞ、お健やかにお過ごしください。

 さて、こちらは三鷹市山本有三記念館。
大正、昭和の劇作家・小説家として活躍、晩年には参議院議員としても功績のある
山本有三氏が、かつて家族とともに暮らした邸宅の一軒で、昭和初期には珍しい西洋館の建物です。
昨年、館の保存のために耐震補強の工事により、一時閉館していましたが、
2018年4月より、リニューアルオープン。 修繕後の記念館を、先週、私も訪れました。

e0173350_23125665.jpg

e0173350_23130770.jpg

 こちらで、「春の朗読コンサート」を、5月18・19日の二日間にわたり予定。
2009年より開催の年に一度の会で、第9回目となり、今年も出演させていただきます。
 その初会にご出演くださった横笛奏者の金子弘美さんをお迎えし、久しぶりに、和楽器との共演です。
お時間、そしてご興味がありましたら、お葉書で応募となりますが、詳しくはこちらをご覧ください。
http://mitaka-sportsandculture.or.jp/yuzo/event/20180518/

 締切が近く、4月26日必着! そして、抽選の可能性がございますが、ご了承ください。



 企画展示には作家の遍歴を紹介。それに関して、有三の代表作の一つ、
小説『生きとし生けるもの』より抜粋、「周作」の章を読ませていただこうと思います。

 この小説は、大正15年9月末~12月の初旬まで、東西両朝日新聞に同時に連載されました。
病のため執筆を止めなければならず、未完に終わっているが、あらゆる環境の中で生きる人間の生きざまを
題名の通り「生きとし生けるもの」に通じる何かを伝えたかった、有三氏の思いが伝わってきます。

 主人公 周作は、九州のとある炭坑の中で生まれました。
炭山のある地域の歴史を振り返れば、炭鉱の仕事に携わることは、
体を張って、女性は、はにかみも捨てて、想像を越える重労働。常に、死と隣り合わせ。
それでも、この仕事をしなければ他にすべがなく、生きていけなかった時代がありました。
事実、多くの人間が犠牲になりましたが、石炭は国内外に必要なもので、後に日本の近代化の礎となりました。
この作品には、その時代背景とともに必死に生きる人間が描かれています。

 共演の金子さんにも一緒に考えていただきながら、横笛の音を活かして進めていく練習を重ねています。

 一人でも多くこのお話を聴いていただければ幸いです。







by nagomi-no-kaze | 2018-04-23 23:14 | 出演します! | Trackback | Comments(0)

 風流楽(ふる~ら)コンサートは、チェンバリストの渡邊温子さんとご一緒にお届けしています、
毎年、春と冬に開く恒例のコンサートです。
この日は、42回目を迎えます。
会場は、JR立川駅北口からすぐの、アートルーム新紀元さん にて。
明るくて綺麗なギャラリーの中でゆったりと寛ぎながらお過ごしください。
午後2時から開演します。

e0173350_10551653.jpg

e0173350_11032428.jpg


 朗読と音楽では、風流楽では初めて、作家 江國香織さんの作品を二編選びました。
「草之丞の話」と「デューク」 この時期に聴いてもらいたい作品です。

 江國香織さんは、山本周五郎賞や直木賞など大きな賞も多数受賞されており、
長編小説、短編集、エッセイ、絵本、詩集ほか数多くの著作物がありますね。
 今回の作品では、
1987年に「草之丞の話」で小さな童話 大賞受賞。
2006年に「デューク」はテレビドラマ化。 どちらも、よく知られています。
チェンバロの豊かな弦の響きと重なって読ませていただきたいと思っています。
どうぞ、お楽しみに!!


一般 3000円、 ペア券(2枚)5000円、 小学生 1500円のチケットがあります。
ご予約を早くいただいておりまして、お席があと少しとなりましたが、
もしお時間がありましたら聴きにいらしてくださいませ。

お問合せやご予約は、こちらまでメールをお送りください。
今週末と日が近いため、すぐにご連絡致します。

aac16550@pop17.odn.ne.jp

 


by nagomi-no-kaze | 2017-11-27 11:05 | 出演します! | Trackback | Comments(0)

公演予定ご案内③

 ようやく更新です! 
一日が早く感じられるこの頃で、九月も瞬く間に過ぎていった気がします。
お陰様で、東京ではヘルマンハープの演奏発表会と、ホームコンサートにて朗読の機会をいただきました。そして、月末には北九州市内のライブハウスでの「女子力Night!Ⅱ」に昨年に続き二回目の参加。音楽ライブの合間にお話の時間を設けてもらうことから、どんなプログラムが良いかを考えることも楽しかったです。
ライブも盛り上がり、それぞれに女子力が眩しくて・・・★
私もたくさん元気をもらって頑張れましたよ!
 
 十月に入りましたね。 中秋の名月には綺麗なお月さまを見られましたか?
私は雲間から立派な月が見れました。
皆さまも、各地で、お月見ができているといいなと思いながらおりました。

 さて、今 私は次々に作品の読解に取り掛かっているところです。
 東京での10月公演を二つご案内します。

① 10月28日(土)
joプロジェクト≪キョウユウ≫ 主催 第5回公演朗読館
あなたへの手紙 ~ ラブレター

日時:10月28日(土) 
   2回公演 <昼の部>13:30開演 <夜の部>17:30開演

会場:東京堂ホール http://www.tokyodo-web.co.jp/hall/

出演:菊地 茜、野田 香苗、広居 バン、三田 朱美
入場料:2800円( 前売・当日 / 全席自由)

受けとって読む「手紙」から伝わる書き手の実直さ、温かさに触れたときの感動。
大切な人に、大切な気持を伝える手段として書く「手紙」は今も欠かせないもの。
ここでは、様々な方々の、大切な人への手紙を声に出して読みついでいきます。
・・・とてもドキドキします。でも、きちんと伝えたい、大切な思いを。・・・

詳細は、添付のチラシをご覧下さい。

e0173350_10553459.jpg
e0173350_10555958.jpg


お問合せ、お申込みは、和みの風でも受付ております。
E-Mail aac16550@pop17.odn.ne.jp



② 10月22日(日)
先月の受付開始にて、既に沢山のご予約をいただいたそうです。
どうもありがとうございます。
当日のキャンセル待ちで入室できるかどうかは、同図書館へお尋ねください。
杉並区立高井戸図書館 03-3290-3456

e0173350_10591404.jpg
以上になります。 お誘いあわせの上、ご来場をお待ちしております。



by nagomi-no-kaze | 2017-10-07 11:06 | 出演します! | Trackback | Comments(0)


天候の移り変わりが早いのも、秋らしいということでしょうか。
只今は東京におりますが、
暑いのか、肌寒いのか、着るものに悩みますよ。
気温差についていけず、私、先週は風邪をひいてしまいました。
皆様も体調を管理して、どうぞ気をつけてくださいね。


さて、来週はこちらに出演いたします!
北九州ミュージックプロムナード2017
における「ライブハウスでどどんとライブ!」のイヴェントの一つ。


 女子力Night Ⅱ じょしりょくないと!

9月30日(土)18:00 開演
ギオン夢舞台にて 入場無料 ・1ドリンク500円のご注文をお願いします。
食べ物は持ち込み可です。簡単なおつまみのご用意はあるそうです。

※お得なドリンク&フード券の発売がありますよ。


 昨年に引き続き、お声をかけていただきました。
女性ヴォーカル特集の音楽LIVEの中、異色の「朗読」のジャンルを
組み込んでくださったのです。
 今回は、エッセイ、小話を考えておりますが…、
どんなストーリーでありますことやら?
それは当日のお楽しみ♪ですよ。
バンドの演奏も元気いっぱい! 盛り上がっちゃいましょう!

 お誘いあわせの上、ぜひ聞きにいらしてください。
 お待ちしています。

by nagomi-no-kaze | 2017-09-21 22:02 | 出演します! | Trackback | Comments(0)

 9月を迎えました。 小倉では6日の夜に大きな満月が見られました。
 皆さまの周りにも、秋の足音が少しづつ近づいてきていませんか?

 さて、年に一度の開催、第4回目を迎えるイヴェントのご紹介です。
 杉並区立 高井戸図書館主催 
 秋の朗読コンサート

 横笛『竹取物語』
 出演:  野田 香苗(朗読) 金子 弘美(横笛)

 


e0173350_23221166.jpg


 
 受付は、9月15日(金)からです。
 しかしながら、毎年、受付当日に定員数に達してしまうそうですから、
 早目にお電話もしくはカウンターへご予約ください。お待ちしております。

 お問い合わせは、
高井戸図書館  TEL 03-3290-3456  までお願いします。

 なお、開催日時は
 10月22日(日) 午後2時開演 です。
 お間違いのないように、よろしくお願いいたします。

 

by nagomi-no-kaze | 2017-09-08 23:43 | 出演します! | Trackback | Comments(0)

 陽光が眩しく、小倉では日傘をさして歩く姿が増えているこの頃です。
 公園の木陰を見ると、そこに入りたくなるかも・・・。

e0173350_20353078.jpg
e0173350_20354073.jpg


 さて、今回は、風流楽(ふる~ら)春のコンサート(東京)のご案内です。

e0173350_20383393.jpg



このコンサートはチェンバリストの渡邊温子さんと一緒に、
出張演奏や年2回(冬・春)の定例公演を含めて、今回で41回目の会になります。
今年1月にゲストでご出演のヴァイオリニスト、生方真里さんをお迎えします。
お二人の演奏で、J.S.バッハ ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ ロ短調 BWV1014 を。
わたしも楽しみにしています。

私は、明治、大正、昭和にかけて活躍した作家、小川未明の童話に初挑戦します。
よく読まれています「野ばら」と「月夜と眼鏡」を選びました。
後者の作品を、チェンバロとヴァイオリンと共演。(音楽構成・渡邊温子)
シンプルかつ繊細な言葉の表現に美しい旋律が加わり、
これはもう、夜の静かな情景描写にぴったりです。


精一杯努めます。ぜひ、聞きにいらしてください。

e0173350_20392524.jpg


【風流楽 春のコンサート】
日時:520日(土)14時 開演
会場:松本記念音楽迎賓館 Aホール http://ongakugeihinkan.jp/
チケット:一般 3000円、ペア 5000円、小学生 1500円 (当日券も同額です。)

お問合せ・お申込み: 風流楽(ふる~ら) aac16550@pop17.odn.ne.jp

後援 日本チェンバロ協会
主催 風流楽 
https://www.facebook.com/furura.furura/




こちらにも、宣伝していただきました。ありがとうございます。

<二子玉川まち情報プロジェクトfutakoloco(フタコロコ)>
https://futakoloco.com/
https://www.facebook.com/futakoloco/

<二子玉川生活>
https://www.facebook.com/futakolife





by nagomi-no-kaze | 2017-05-13 20:50 | 出演します! | Trackback | Comments(0)

会場でのリハーサル

 2月19日は、次の朗読会のリハーサルでした。
 市内在住のリュート奏者 中野博司さんとの共演です。

e0173350_12422498.jpg



 「色彩と童話」をテーマに、安房直子さんの作品で冬のお話から『ひぐれのお客』を選びました。
ルネッサンスリュートでの演奏が加わります。イギリス、フランス、イタリア、スペインなど
様々なお国柄の曲が選曲されての演奏。 場面ごとに雰囲気を盛り立ててくれています。
そして、どの曲も言葉と重なることも珍しいパターンですね。
昨日のリハを終えて思ったことですが、このような場合
朗読も、もうひとひねり、工夫を凝らしていきたいなと思いました。
 本番まであと一週間弱に迫りました。
心地よい弦の響きとともに楽しんでいただけるようにしていきたいと思っています。

e0173350_12505392.jpg

リュートの響孔 円形の透かし彫りのロゼッタが綺麗ですね~!
リュートソロ演奏と楽器のお話は、もちろんお願いしていますよ。



 会場の図書室カフェITOH店内には、
北九州市身体障害者福祉協会アートセンターによる
「かがやきアート作品展 vol.26」を展示中。今回は、月森聡美さんの絵画です。

e0173350_12450239.jpg



 お花やひな祭り、大好きな日本舞踊の先生などをモチーフに描かれ、サインペンでの配色が
明るく華やかです。

 背景に絵画を見ながらの舞台となり、こうして写真で見ると、雰囲気が明るくなりますね。
 衣装はどうしようかなぁ~。。。

e0173350_12442075.jpg


 ところで、ヘルマンハープとの二重奏 本当にやるの?と思ったのですが、
中野さんがリュートで伴奏を考えてくださったので、トライしてみました。
 一人で楽曲を練習するよりも、ずっーと楽しい♪~

e0173350_12462335.jpg


当日は、約一時間ほどのプログラムでお届けします。 お待ちしております!!

e0173350_11115126.jpg



 和みの風の朗読会 ~リュートと聞く安房直子作品「冬」の物語~ 
           『ひぐれのお客』

 2月25日(土)14時 開演
 図書室カフェITOHにて

 一般 1500円 
 小学生までのお子様のご同伴は、お一人様まで無料です。お気軽にお問い合わせください。
 ※ なお、お一人様 カフェにて1ドリンクをご注文ください。

【お問い合わせ・ご予約】 
  和みの風  aac16550@pop17.odn.ne.jp

  図書室カフェITOH  電話 093-616-2185(火曜・水曜 定休)


by nagomi-no-kaze | 2017-02-20 13:04 | 出演します! | Trackback | Comments(0)

2017年がスタートしました。
皆さま、穏やかにお正月を迎えられたことと思います。

本日は11日ですから、鏡開きの日ですね。
小倉では、小倉城内に飾られた大きな鏡餅をおしるこにして市民にふるまう行事があります。
昨年は、これを知ったのが遅く残念な思いをしました。

e0173350_16403435.jpg

(この写真は、2015年の年末に見て・・・、それきり。この時は残念でした!)


  今年は1月9日(月・祝)に、朝から小倉城前に並びましたよ~。 その甲斐あってありがたく頂戴いたしました。
この日、おふるまいは約2000人分 ご用意されたとか。

e0173350_16420729.jpg

e0173350_16421719.jpg


  寒空で、時折雨も降っていましたから、なおさら美味しく感じられました・・・。
 無病息災 健康第一を願い、本年も、日々頑張って参りましょう!





  さて、早速ですが、これから始まる公演について、お知らせします。

☆彡 風流楽(ふる~ら)Winter Concert 
   ~心に灯りをともす 音楽と物語を あなたに~

 日時) 1月22日(日)14時 開演
 会場) アートルーム新紀元(立川市曙町2-7-21  JR立川駅北口 すぐ) 
チケット)一般 3000円 ペア券 5000円 小学生 1500円
 出演) 風流楽/ 野田香苗(朗読) 渡邊温子(チェンバロ)  
     ゲスト/生方真里(ヴァイオリン)

  2007年に結成された「風流楽(ふる~ら)」は、これまでに年2回(冬・春)の定例公演、出張演奏を含め、
 今年、40回目を迎えます。
  この度、2013年にご出演いただいたヴァイオリニストの生方真里さんを再びお招きします。
 チェンバロとヴァイオリンの演奏によるバロック音楽をたっぷりとお楽しみいただき、
 朗読と音楽では、お二人の演奏とともに、
 O・ヘンリーの「最後の一枚の葉」(結城 浩/訳 (C)1999 by Hiroshi Yuki)作品を再演します。



e0173350_16580908.jpg


e0173350_16581606.jpg


  
  <お問い合わせ・ご予約> 風流楽(ふる~ら) 090-9965-9037
                      aac16550@pop17.odn.ne.jp

   どうぞ、よろしくお願いいたします。 お待ちしております!!


       

   


by nagomi-no-kaze | 2017-01-11 17:18 | 出演します! | Trackback | Comments(0)

今年は新緑も早いのでしょうか。翠が目に眩しいほどですね。
 
 三鷹市山本有三記念館では、開館20周年の記念の年。
 
e0173350_12385721.jpg


 そして、第8回目となる「春の朗読コンサート」に、今年も出演させていただきます。
 ゲストに、ヴァイオリン奏者 中村千鶴さんをお迎えし、ご一緒いたします。

 既に応募は開始されており、こちらはお葉書でのお申込みとなります。
 
 締切は、4月28日(木)必着! ←もう、まもなくです。 ※応募多数の場合は抽選されます。

 詳しくは、こちらをご覧ください。
 三鷹市山本有三記念館 朗読コンサートページ
http://mitaka.jpn.org/ticket/160513y/

(公)三鷹市芸術振興財団 トップページ
http://mitaka.jpn.org/ 

 ご応募を お待ちしております。
by nagomi-no-kaze | 2016-04-23 12:45 | 出演します! | Trackback | Comments(0)

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31