人気ブログランキング |
ブログトップ

和みの風の~おはなし道しるべ~

カテゴリ:しあわせの和( 53 )

お元気ですか? あせらずに進みましょうね。

お元気ですか?
  5月も後半を迎えました。周囲の木々の緑が日に日に色濃く深まります。
  東京では今週、5日連続で日照時間がゼロだったそうで、そのせいか、急な温度変化に体がびっくりです。
 5月半ばでもこんなことがあるのですね。
  沖縄は梅雨入りしましたから、次第にこちらにもやってくるでしょう。
 昨日は線路沿いに歩いていると、そこに生息する紫陽花たちがもうまもなく花開くタイミングだと知りました。
着実に、次の季節へと進んでいるようです。


お元気ですか? あせらずに進みましょうね。_e0173350_22583567.jpg



お元気ですか? あせらずに進みましょうね。_e0173350_22585666.jpg


 
 
 ニュースの報道から、緊急事態宣言からの解除が少しずつ広がってきているのを聞くと、
ホッとするような気持ちと、まだ気を緩められないなという気持ちが交差しますね。
皆さんのところはいかがですか?
東京も、次の週には段階的に始まるかもしれないというところまで来ているようですが
どうなりますでしょうか。
解除されても、できる予防策を忘れずに、お互いに気をつけて過ごしていきましょうね。



お元気ですか? あせらずに進みましょうね。_e0173350_22575460.jpg




 ところで、我が家では、ずーっとNHKの朝の連続テレビ小説を見るのが日課です。
 「エール」も、もちろん見ていますよ。
 今週は、主人公の古山裕一さん(窪田正孝さん)が、大学の「応援歌」の作曲を依頼されていたのをついに完成させました。
そしてこの挑戦が、作曲家の道に自信を失いかけていた自分を救ってくれることに。
そうです、その歌はあの、早稲田大学の第一応援歌「紺碧の空」ですね。
 
 私は高校・大学時代は女子ばかりの環境で過ごし、全くの他校生ではありましたが、
六大学野球で早稲田大学の応援にいそいそと神宮球場へ通っていました。
(5月末、いつもならちょうど今頃が早慶戦なんですよね~。)
ですから、もちろんこの応援歌を大声で歌って応援に参加していました。
この歌を歌うことで生まれる会場の一体感。その中に自分もいるという至福の時。
私にとってもこの歌は、永遠に、心に響く応援歌なのであります。
でも、この歌が生まれた由来までは知りませんでしたから、ドラマの今週のストーリーには感激しましたね。

 ドラマでは、作曲を依頼した応援団長の田中隆さん(三浦貴大さん)が、なぜ「応援」が必要なのか
自問する場面がありました。
自分がかつて野球で甲子園を目指しており、ある時バッテリーを組んでいた大切な友人に大けがをさせてしまいます。
そのために友人は野球が出来なくなり、学校も辞めてしまった。その後友人に会って、自分が何をできるのかを尋ねる団長。
彼の願いは「早稲田を勝たせて欲しい。」団長は、早稲田の勝利を知って励みになる人がいるのだと知ります。
今はとにかく、連敗していた早稲田のチームを何とか勝たせたい一心なのです。そして、それは友人のためにもなること!
そのために、みんなが一つになれるような応援歌は必須で、それを古山裕一さんに頼んでいるのです。
なかなか曲が書けない古山さんにこの話が響きます。

団長はその説得のシーンで「頑張ることは繋がるんだということに気づいた。」ということが語られたのですが、これがまたいい!
誰かの頑張りが他の誰かの頑張りにつながるって、素晴らしい! それが心強い「エール」ではありませんか。

 私も、心の中で湧き上がる、明るい気持ちが見えたような気がしてきました。


お元気ですか? あせらずに進みましょうね。_e0173350_22581465.jpg



by nagomi-no-kaze | 2020-05-23 23:21 | しあわせの和 | Trackback | Comments(0)

お元気ですか? 穏やかに過ごせますように。

 4月の花ざかりから新緑へと移り変わる頃。
皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

お元気ですか? 穏やかに過ごせますように。_e0173350_15260986.jpg



 新型コロナウィルスは、私たちの心身に、生活に、仕事に、とても大きな影響を与えています。
日々の感染者数の報道にドキドキしますし、良くない結果、恐ろしさが伝えられてしまうこともある。
ですから、マイナスなイメージを持ってしまうことがどうしても多くなりますね。
 そんな中、何か一つでも、明るい気持ちになれることを見つけて過ごし、今日の無事に感謝する。
この一か月は、特に、こんな思いで過ごしてきました。



 お家にいる時間が長くなって、色々と気づくことがありますね。

 お掃除、やり残していたことを片付ける。
部屋の換気、気分転換、手洗い・うがいなど、自分自身、身の周りを新鮮にする。
そろそろ衣替え など、今のうちにしておきたいことを考える。


 見たい・聴きたいものを鑑賞する。
我が家のDVD、シリーズものを連続で、またお気に入りを見たり、CDもよく流して聞いている。
たまっていた写真の整理、あとで編集しようとしていた音源を確認することも。

 読書 
これが実はなかなか進まないのですが、読みたい本はいくつか近くに積まれている。
今は朗読に関する本を読んでいる最中。


 散歩
お天気が良いと、できるだけ歩きに行く。 リフレッシュは短時間でも効果大。
お元気ですか? 穏やかに過ごせますように。_e0173350_15262546.jpg


お元気ですか? 穏やかに過ごせますように。_e0173350_15255191.jpg

鴨さんもお昼寝。






 お料理
ネットでレシピや作り方が出るのがありがたく、食材から検索・選択し、色々と試している。
お菓子も、パウンドケーキは週に一度は焼く。→ 朝食にもなる。

お元気ですか? 穏やかに過ごせますように。_e0173350_15242214.jpg

普段、くるみとレーズンを入れることが多いが、この時はバナナ パウンドケーキ。

お元気ですか? 穏やかに過ごせますように。_e0173350_15243772.jpg
豆苗 再発芽に挑戦中。3度目くらい? どこまでできるのかな?



 裁縫
得意ではない。が、手作りマスクにも挑戦。 わたしは手縫いだから時間もかかるけど、不格好でもできると嬉しい。


 語学の勉強
相変わらずラジオ聴講継続。 ラジオでは聞けないが、またタイ語も始めたいと思うようになる。


 シェアサイクルのメンバーに登録。
東京都内10区に利用できるポート(駐輪場)があり、移動に自転車は便利だから利用したいと思っていた。
今はもちろん外出を控える時だから頻繁ではないが、電車やバス利用を少なくできることが良いかなと思うし、気分転換にもなる。

お元気ですか? 穏やかに過ごせますように。_e0173350_15252365.jpg





 などなど、実際はちょっとずつかじっているような、というくらいですが、振り返るとこんな一か月でした。
皆さんは、もっと色々なことにチャレンジしているのではないかしら? と、思いますがいかがですか?





 ある日、北九州のお友だちが、本のプレゼントを送ってくれました。

お元気ですか? 穏やかに過ごせますように。_e0173350_15245562.jpg



 絵本「いつか あなたがおおきくなったら」は、子育て中のお父さん・お母さんが読むと良さそうですが、
でも、人を思う気持ちは、誰でもどんな時でも同じだなと、思わせてくれた一冊でした。

 「雲のうえ」は、北九州市内の情報満載。 ご存知の方もいらっしゃると思いますが、
写真の綺麗さと取材力が高く評価されている、実は有名な冊子です。
これが無料だなんて、本当に良いの?と思うくらいですが、気持ちのこもった文章をわたしも気に入っていて、
これからもこの冊子のファンでいたいです。
友人は、わたしによく、市内のお店や、大好きな映画、本などの色々な情報をくださいました。
この冊子も、バックナンバーをまとめて送ってくれたこともありました。 
市内のお店、観光案内所に置いてあり、気軽に手に取って読めるのですが、
今は行きたくても行けないから、最新号が読めていなかったので、うれしかったですね。
感謝!!





 とりとめなくここまで書いてしまいましたが・・・、
あと数日で5月になります。 心身共に、どうか元気にお過ごしください!!
このような状況に頑張ってくれている方々に心からの応援と感謝を、そして私たちも頑張りましょう。



お元気ですか? 穏やかに過ごせますように。_e0173350_15253693.jpg






by nagomi-no-kaze | 2020-04-28 15:43 | しあわせの和 | Trackback | Comments(0)

憧れの長崎カステラ

 長崎の思い出の一つに、カステラがある。

 ある時、「市内観光中に、一日で何軒のカステラを食べられるか?」を、
夫と実践したことがあった。
街を歩いていると、あまりにカステラの看板が目に留まるので、
一体何軒くらいカステラ屋さんがあるのか?そして、それぞれのお店を味わいたい!と思ったからだ。
その時のことをを書いたのが、こちら。


 10軒まわって、そのうち完売で食べられなかったのは1軒。
翌年、また長崎を訪れて、早朝その縁がなかった1軒に向かうと、
開店前から人が並んでいた。私たちも順に並んだ。
しかし、その日に出来たカステラの数は私たちまで届かず、
2回目もご縁がないまま、となった。


 ところが、数日前のこと、奇跡が起きた。
長崎に住んでいるお友だちが上京の折、そのお店のカステラを買ってきてくださった。
「岩永梅寿軒 謹製 かすていら」

憧れの長崎カステラ_e0173350_22030318.jpg


憧れの長崎カステラ_e0173350_22031752.jpg



ていねいに焼かれたそのカステラは、黄みの色の濃い、
口当たりはふんわりとしながらもしっとり感のある
上品な味わい。なんという幸せの味!
お人にいただくと尚更嬉しく、より高級感が感じられる「かすていら」
梅寿軒さんのカステラを、買って来てくださるなんて。東京まで持って来てくださって。
お友だちに感謝・感激!! 本当に、どうもありがとうございます!
このお味は忘れません。


船の絵のカードの裏面に、カステラの由来を、このように書かれていた。

~カステラの由来 より(一部)~
「西暦930年頃(日本は平安時代)ヨーロッパ大西洋のビスケー湾にあった小さな国
「カスティラ王国」が、カステラのふるさとと言われているそうです。
日本には、室町時代後期、ポルトガル人によって長崎に伝えられたと言われています。」

憧れの長崎カステラ_e0173350_22202888.jpg


 伝えてくれた人、それを受け継いで作った人がいたわけで、
当時、これを初めて目にした、味わった人々に思いを馳せるとワクワクしてくる。
現在は、研究を重ねお店それぞれの美味しさ・こだわりを兼ね備えた、カステラ。
 大好きな長崎カステラのおはなし でした。


by nagomi-no-kaze | 2019-09-20 22:53 | しあわせの和 | Trackback | Comments(0)

ありがとう 平成。 おめでとう 令和。

新たな元号「令和」の時代の幕開けです。 
おめでとうございます。

ありがとう 平成。 おめでとう 令和。_e0173350_00321268.jpg


(福岡県太宰府市にある坂本八幡神社にて  2019年4月9日)
この時訪れた太宰府については、別途、ご紹介したいと思います。



 天皇陛下ご即位に伴い、令和元年は、5月1日から始まりました。
「令和」この元号については、645年の「大化」から数えて248番目となるそうですね。

「令和」の典拠は、
日本最古の歌集『万葉集』に収められた「梅花の歌三十二首 序文」にある
初春の月にして(しょしゅんのれいげつにして)
気淑く風ぎ(きよく かぜやわらぎ)
梅は鏡前の粉を披き(うめは きょうぜんのこをひらき)
蘭は珮後の香を薫ず(らんは はいごのこうをくんず)

の文言が引用されました。



 平成最後の日、天皇陛下の国民に向けての最後のお言葉をTVで拝見し、あたたかい気持ちになりました。
 私は、様々な人々と出会い、そして別れがあり、また再会も経験しながら、ご縁をいただいたことを思いめぐらせました。「平成」の三十年を、おかげさまで無事に楽しく過ごさせていただいたと思いました。 平成 ありがとうございました。

 「令和」の世においても、戦争のない、平安な時を過ごしていけますようにと願います。
 私自身は、これまでいただいたご縁を忘れず、少しずつお返しもしていけるように努めて
いきたいと思います。 令和 これからどうぞよろしくお願いします。




by nagomi-no-kaze | 2019-05-01 01:26 | しあわせの和 | Trackback | Comments(0)

夏祭り!「小倉のおぎおんさん」

 暑中お見舞い申し上げます。


 九州の豪雨からも二週間近く経ちますが、まだ雨の心配が残ります。
九州北部はまもなく梅雨明けになるそうですが、さほど遠くないところで被害の大きかった地域での
避難されている方々、作業を続けている方々を想うと、これからの暑さによる影響が心配になります。
 全国的に猛暑や豪雨、雹も? 不安定な気候のニュースが流れる中、
それでも気温上昇は免れませんが、涼をとる工夫をしながら上手に夏を乗り切っていきたいですね。


 ところで、福岡県内でも夏祭りが始まりました。
有名な「博多祇園山笠」、「戸畑祇園大山笠」は、ユネスコ無形文化遺産となりました。
「博多祇園山笠」はTVで映像をご覧になった方もいらっしゃるのではないでしょうか。
室町時代が起源のこの祭りは、今年は776年目を迎えたそうです。
(※「戸畑祇園大山笠」は、7月22日、23日に予定されています。)


 同じ頃、小倉では「小倉祇園太鼓」が、こちらは江戸時代から続く夏祭。400周年まであと2年。
つまり、今年で398年目。
そして予定通り、7月14,15,16の三日間のお祭りが行われて有難いことでした。 少しご紹介しますね。

 「小倉祇園太鼓」は、小倉城を築城した細川忠興公が、無病息災と城下の繁栄を祈願して、
京都の祇園祭を取り入れたことが始まりだそうです。


夏祭り!「小倉のおぎおんさん」_e0173350_23594273.jpg
夏祭り!「小倉のおぎおんさん」_e0173350_00021998.jpg
夏祭り!「小倉のおぎおんさん」_e0173350_00065933.jpg

 山車の前後に据えられた二台の太鼓の両面打ちと、ヂャンガラという鉦の響きが織りなす太鼓芸。
そして、五番まであるお囃子には、最後は必ず「ヤッサ ヤレヤレヤレヤレ」の掛け声が締め。
それと共に山車を牽いて練り歩きながら披露します。山鉾の飾りを見るも楽しみのひとつ。
「小倉のおぎおんさん」と親しまれて、無病息災、家内安全、商売繁盛を願い、老若男女みなが楽しめる祭りです。
夏祭り!「小倉のおぎおんさん」_e0173350_23593170.jpg

夏祭り!「小倉のおぎおんさん」_e0173350_00015072.jpg


7月1日から太鼓の練習が始まって、日暮れから夜にかけて駅前、商店街、街中の路上で
本番に向けて本格的な稽古が続きます。 街中にこの音が響き渡っていて風情があります。

あとで知ったのですが、太鼓をゆっくり打つほど難しく、バチさばき、足さばきはもちろん、
マナーも大事な要素です。本番では、競演会や審査もありますから、
この日の為に汗を流してきた大人も子どもも、大声を出して真剣です。
見ている私たちも、その熱気と太鼓芸の音から元気をもらえます。


夏祭り!「小倉のおぎおんさん」_e0173350_00012832.jpg

音をお届けできなくて残念ですが、わたしもこのリズムとお囃子を連日大いに楽しみましたよ。
暑気払いといいますか、むしろ、夏が来たの知らせと乗り切ろう!の想いを体中で実感するような気持です。

今年は約100台近くの山車が終結。最終日の最後には、一斉に打ち納めが圧巻でした。


夏祭り!「小倉のおぎおんさん」_e0173350_00020343.jpg


夏祭り!「小倉のおぎおんさん」_e0173350_00025998.jpg

こちらは北九州市役所。市役所の前の通りを山車が行き交っていたのです。
日暮れから窓の明かりが点き始めると、「祭」の文字が現れました。 何だかいいなぁと思って見ていました。

夏祭り!「小倉のおぎおんさん」_e0173350_00030933.jpg


市役所の向かい側は、勝山公園。ぐるりと一周するように、屋台が立ち並ぶのです。
市役所の「祭」の文字も、その左側に小倉城も、一緒に楽しんでいるように思えてきました。

皆さまの住む地域でも、お祭りが始まっている頃ではないでしょうか。どうぞ、楽しんでくださいね。


by nagomi-no-kaze | 2017-07-19 00:25 | しあわせの和 | Trackback | Comments(0)

麗しい藤の花!

北九州 河内藤園(かわちふじえん)    2017年 5月11日

大きな藤棚と、二本の藤のトンネル。 (トンネルは80Mと110Mの長さです。)
その下を通ると、甘~い香りがしていました。

麗しい藤の花!_e0173350_23543990.jpg
麗しい藤の花!_e0173350_23560667.jpg

大きな蜂がたくさん飛び交っていました。
さされやしないかとドキドキしましたが、邪魔をしなければ大丈夫でしょう。
羽音をたてながら忙しくお仕事に励んでいて、人間なんて見向きもしないようでした。

ここには22種類もの藤の花が咲くそうです。凄い数、そんなにあるなんて知らなかったです。
その年の天候にもよりますが、4月下旬~5月中旬は見ごろです。

ここは春は藤の花、秋は紅葉(約700本とのこと)が良いそうで、
色々と話題を聞いていましたし、「行くといいよ。」と勧められていました。
G.W.中は一番良い頃と思いますが、混んでいると思い、
今日は初めて行きましたが、まだ間に合ってよかったなぁ~。
藤の美しさを、香りを、体にまとった感じです。


この若葉色の棚の下には、紫、白、桃の様々な藤の花の世界に包まれています。
それでは、今日の写真をご覧ください。

麗しい藤の花!_e0173350_23575170.jpg

麗しい藤の花!_e0173350_00002014.jpg

麗しい藤の花!_e0173350_23594901.jpg


麗しい藤の花!_e0173350_00014272.jpg

麗しい藤の花!_e0173350_00004442.jpg
麗しい藤の花!_e0173350_00012806.jpg


麗しい藤の花!_e0173350_00010403.jpg


麗しい藤の花!_e0173350_00000168.jpg


河内藤園へのアクセス、入園方法は、詳細がこちらのサイトに載っていいますよ。 ご参考までに。
http://kawachi-fujien.com/


by nagomi-no-kaze | 2017-05-12 00:13 | しあわせの和 | Trackback | Comments(0)

小倉祇園太鼓

小倉では7月16・17日が祇園祭でした。
例年梅雨の間に開催が予定されているため、「お祭りには雨がつきもの」と思われているようです。
今年は、16日の晩に降ったスコール以外は大丈夫でした。最近はドカーンと降りますからね。
雨を免れて良かったと思います。
そして、翌日迎えた梅雨明け宣言!本格的に夏がやって来ます!


京都の祇園祭は平安時代に無病息災を祈ることから起こりました。
「小倉祇園」は江戸時代から始まったそうです。
小倉城築城した細川忠興が祇園社を立て、京都の伝統的なお祭りを小倉の地に取り入れたのだそうです。

小倉祇園太鼓_e0173350_9284675.jpg


町内ごとの山車がお囃子とともに小倉の街を練り歩きます。わたしは初めて見たので、楽しめましたよ。
小倉祇園太鼓_e0173350_926070.jpg

小倉祇園太鼓_e0173350_9264758.jpg

「無病息災」「天下泰平」「商売繁盛」・・・祈りをこめて太鼓を打ち鳴らします。
太鼓の両面を叩くというのは珍しいですね。
そして、小さな金色のシンバルのような「チャンガラ」が調子をとっています。
7月に入ってからこのリズムが町中に響いていましたから、相当練習しているでしょうね。
小倉祇園太鼓_e0173350_9275030.jpg
小倉祇園太鼓_e0173350_9281142.jpg


小倉祇園太鼓_e0173350_9294372.jpg


小倉祇園太鼓_e0173350_9295766.jpg

「小倉祇園太鼓」は、福岡県指定無形文化財に指定されています。
by nagomi-no-kaze | 2016-07-20 09:37 | しあわせの和 | Trackback | Comments(0)

佳いお年をお迎えください!【2015年 年末】

   年末によせて

 今年は、前半は朗読出演のご案内を、
    そして夏の転居後、九州での出来事を
    お届けしてまいりました。
 読んでいただきまして、どうもありがとうございました。
 

 今日の小倉は、冬らしい空気の冷たさがあるものの
 とても穏やかな晴天でした。
 久しぶりに、小倉城を訪れました。

 小倉城は、細川忠興によって1602年に築城されます。
 その後、1632年からは小笠原忠真(おがさはら ただざね)が入城。
 小笠原藩は、将軍徳川家光から「九州諸大名監視」の特命を担っておりました。
 また、次第に城下町も栄えていったのだそうです。

佳いお年をお迎えください!【2015年 年末】_e0173350_23354142.jpg

 (撮影は今年の夏でした。この時の青空は綺麗だったので。)

5階の展望ゾーンからは、360度 風景を望めます。
佳いお年をお迎えください!【2015年 年末】_e0173350_23383457.jpg

(こちらは、12月29日午後撮影。 
  東側の風景です。すぐ目の前は小倉城庭園です。右手は北九州市庁舎です。)


 数日前、NHKのニュースで報道されました
 「小倉城の大鏡餅」が飾られていました。
佳いお年をお迎えください!【2015年 年末】_e0173350_23374110.jpg


 小笠原藩 15万石に因んで、一石五斗 (225Kg)のもち米を使って作られたそうです。
 小笠原藩の家紋 三階菱 であったため、三段重ね。お飾りも立派です。
 背後には、「千客万来」を意味する迎え虎 です。

佳いお年をお迎えください!【2015年 年末】_e0173350_2338888.jpg


 皆さまにとって、
 新しい年が健やかに実りのある一年となりますように祈念いたします。

 お元気で、佳いお年をお迎えください。   2015.12.30

  
by nagomi-no-kaze | 2015-12-29 23:44 | しあわせの和 | Trackback | Comments(0)

小倉焼うどんが3150皿を達成!世界記録です。

戦後 小倉で生まれた「焼うどん」が
2015年10月18日 ギネス世界記録に挑戦。

その内容は「ヌードルが入ったボウルを繋げた最も長い列」で、
3150皿を目指すというもの。
小倉焼うどんが3150皿を達成!世界記録です。_e0173350_1793918.jpg



この数は、2014年に台湾で3000皿を達成された記録を塗り替えること、
そして「小倉焼うどんサイコー!(3150!)」に向けて気持ちを一つに
街をあげての挑戦だったのです。

この日に向けて、「小倉焼うどん世界記録挑戦イベント実行委員会」発足。
行政、そして各協力社、協力団体が準備を始め、
当日は200人ものボランティアなど多くの協力者のもと、
このイベントが実行されました。

小倉焼うどんが3150皿を達成!世界記録です。_e0173350_17175010.jpg

小倉焼うどんが3150皿を達成!世界記録です。_e0173350_17103328.jpg


秋なのに夏のような陽ざしのもと、
小倉城大手門広場にて 開会式を終えると一斉に焼うどんを作り始めます。
同時に、並んでくださった一般の方々に引換整理券が配布され始めました。

小倉焼うどんが3150皿を達成!世界記録です。_e0173350_17185864.jpg


調理テント内のブースにはこの鉄板が30台ならびました。
1台につき焼き手は2名ずつ配置されます。
小倉焼うどんが3150皿を達成!世界記録です。_e0173350_17112541.jpg

わたしも焼き手の一人として参加させていただきました。
一枚の鉄板から20皿単位で材料が計量されています。

小倉焼うどんが3150皿を達成!世界記録です。_e0173350_17121792.jpg

焼きあがると、計量、記録後、容器に盛り付け担当が麺と具材を分けていきます。
麺が100g以上入っていることを条件とされ、まずはそこを確実にするためです。
そして、具材も入れて総量を170g以内にしなければなりません。
小倉焼うどんが3150皿を達成!世界記録です。_e0173350_17131142.jpg

小倉焼うどんが3150皿を達成!世界記録です。_e0173350_17133567.jpg

パッキングを終えるとコンテナで運ばれて、計量テントへ。
ギネスで認定された証人が計量器1台につき2名が配置され、確認し記録していきます。


続いて配列用テントへ。
容器ごとが離れることなく並べなければなりません。
小倉焼うどんが3150皿を達成!世界記録です。_e0173350_17154616.jpg

小倉焼うどんが3150皿を達成!世界記録です。_e0173350_17142131.jpg

小倉焼うどんが3150皿を達成!世界記録です。_e0173350_1714367.jpg
並べ終わった列を見るとこれは見事です。


ステージイベントも繰り広げられる中、認定員による確認が進み、
13時にその結果が!

やりました!3150皿 記録更新です!
小倉焼うどんが3150皿を達成!世界記録です。_e0173350_1717061.jpg


「北九州から世界へ」の感動を
NHKをはじめ、西日本の放送局、新聞各社の取材が来て取り上げていました。
http://www3.nhk.or.jp/lnews/kitakyushu/5024929381.html

小倉焼うどんが3150皿を達成!世界記録です。_e0173350_1723469.jpg


その時間にはすっかり冷めてしまった焼うどんでしたが、お振る舞いで、
券を持って待っていてくださった地元の皆さまに食べていただきました。
時間内に作るので味が一番心配でしたが、「美味しかったよ」の一言がうれしいものでした。
小倉焼うどんが3150皿を達成!世界記録です。_e0173350_17223196.jpg

使った容器はきちんと分別。(ゴミの分別に厳しい北九州市です!)
最後まで北九州らしいイベントでした。
小倉焼うどんが3150皿を達成!世界記録です。_e0173350_1723329.jpg



小倉にお越しの際は、「焼うどん」もぜひ召し上がってくださいね~!

小倉焼うどんが3150皿を達成!世界記録です。_e0173350_17234541.jpg

by nagomi-no-kaze | 2015-10-19 17:26 | しあわせの和 | Trackback | Comments(0)

春、華々


三月から四月へ

花ひらく周りの景色を見ていると、
新しいことに向かっていく気持ちを
起こさせてくれる。

春、華々_e0173350_13293299.jpg



春、華々_e0173350_1330099.jpg


あなたは何を始めますか?

春、華々_e0173350_13303398.jpg

by nagomi-no-kaze | 2015-04-04 13:33 | しあわせの和 | Trackback | Comments(0)
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31