石炭の記念館を訪ねて その3(福岡県田川市・鞍手町)

 今、向き合っている作品に出てくる石炭採掘の仕事に就いた坑夫たちの話や時代背景を知ろうと
色々と調べを続けているのですが、九州地方は昔から炭坑の数が多かったことから、
福岡県内にある記念館や博物館の展示のおかげで、私も、石炭産業の仕事や歴史について知ることができました。


e0173350_23532886.jpg


 
 4月26日、田川市石炭・歴史博物館
   27日、鞍手町石炭資料展示場 を訪れました。
 どちらも、(その1)で訪ねた直方市と隣接している地域です。
 筑豊地方と言いますが、この辺りにある山沿いや遠賀川流域には多くの炭坑の坑口がありました。


e0173350_23522970.jpg

 
      <田川市石炭・歴史博物館>


e0173350_23553667.jpg


 博物館には、三井の田川鉱業所があった当時の資料展示が多いこと、
そして、直方市の記念館にもありましたが、山本作兵衛氏による炭坑記録画の所蔵があるのも特徴です。
 山本作兵衛(1892~1984)は、労働者としての体験ある方でしたが、依頼を受けて、
明治中期~昭和戦中期までの筑豊の炭坑の仕事と実生活を描いた炭坑記録画を描き、
絵とともに解説文を書き込む形で大変貴重な資料です。その他、日記なども数多く残されました。
それらが627点が、ユネスコ世界記憶遺産に登録されています。

 屋外には、炭坑住宅(ハモニカ長屋)の再現や、炭坑で実際に使用されていた大型機械類の展示、
石炭運搬に使用された蒸気機関車がありました。

e0173350_00005401.jpg


e0173350_00015391.jpg





 また、博物館の近くには、近代化産業遺産として、立て坑の櫓と、煙突が二本、堂々とその姿を見せています。


   旧三井田川鉱業所伊田竪坑櫓


e0173350_00022324.jpg


    旧三井田川鉱業所伊田竪坑第一・第二煙突

e0173350_00025300.jpg



e0173350_00091229.jpg
JR日田彦山線 田川伊田駅
ここから徒歩5分
田川市石炭・歴史博物館
詳しくは、こちら。
http://www.y-sakubei.com/museum/index.html





     <鞍手町石炭資料展示場>

e0173350_23561674.jpg



e0173350_00040262.jpg


 鞍手町(くらてまち)には、江戸時代から昭和40年代までの約300年にわたる石炭の歴史があるそうです。
その当時の農村風景の写真展示とともに、石炭について、実際の現場についての資料を見ることができます。
外観のかまぼこのような形の入口。この自動扉が開くとそこは坑道の中といった作りの展示場です。


e0173350_00045471.jpg


 中に入ると、写真やパネル展示が多く、この辺りの歴史についても丁寧に説明されています。
 石炭は実は磨くとこんなに綺麗に。熟練の方の技ですね! これらの加工された石炭は「黒ダイヤ」と呼ばれていたことも?


e0173350_00225240.jpg


 ところが、中でゆっくり資料を見ていたら、突然消灯!
とはいっても、隙間から外の光が入り込んでいるため、暗闇とはいえないのですが、
展示場の中は人がいないので、一人で見学していた私はうろたえてしまって、
その坑道内でそばにいたジオラマの人形と向き合うことに! キャー。。。!
急いで扉のほうへ駆け寄り、扉が開くと電気がパッ!!点いた! そして、外へ出られる。
 あとでわかったのですが、自動扉が開いてから15分そのまま経過すると自動消灯になるようでした。ご注意を!
(入口のほうに書いていてほしかった!!)

 こんなこともあって、私は、「ああ、昔は本当に、暗闇の中での仕事だったのだなぁ」と実感。
(ある意味、坑道内にこの身を置かれた体験をしたことになりますかしらね。)
 かつて、坑夫たちの採掘・運搬の仕事は、坑内で暗闇や落盤、石炭から自然発生するガスなどの恐怖と戦いながら、
毎日、毎度、命がけであったことを、今回の作品やこれまで読んだ資料などから、いっぺんに思い起こされた一瞬でした。


e0173350_00073539.jpg
  JR福北ゆたか線 鞍手町駅より 徒歩15分
鞍手町石炭資料展示場には歴史民俗博物館も隣接しています。




 周作らの生活は、ちょうど、たて坑を掘っているようなものだった。
彼らは、働いても働いても、地の底に沈んで行くばかりだった。かせいでも、かせいでも、地上の光から遠ざかって行くだけだった。
 周作はそれを思うと、ときどき涙ぐんだ。が、地の底におりればおりるほど、彼は一層地上の光がなつかしかった。
あの明るい、広い、自由な光をどうにかして捕まえたいと、あくせく働いた。しかし、どんなに手をのばしても、
どんなに背のびをしてみても、とても手のとどく距離ではなかった。彼の周囲は右も左も、前もうしろも、ただつめたい
岩と土だけだった。のぼるにしては、あまりに高い絶壁だった。
―山本有三/作 小説『生きとし生けるもの』「周作」より―

   5月18日・19日に、三鷹市山本有三記念館(東京都三鷹市)春の朗読コンサートにて読ませていただきます。



[PR]
トラックバックURL : https://wafuu.exblog.jp/tb/27264027
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by nagomi-no-kaze | 2018-05-09 00:55 | あなたも行ってみませんか? | Trackback | Comments(0)

和みの風だより


by nagomi-no-kaze
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31