石炭の記念館を訪ねて その1(福岡県直方市)

 九州には、炭鉱の歴史があります。
 5月に朗読させていただく、「周作」(山本有三/作 『生きとし生けるもの』より)では、
 主人公の周作が、九州のとある炭山で生まれるところから話が始まります。

 福岡県内にも、いくつか、炭鉱の歴史を知る手がかりになる場所があります。
 私が訪ねて行けた場所をご紹介しましょう。
 今回は、直方市(のおがたし)にある、石炭記念館です。3月31日に訪れました。
ちょうど桃の花が見事に咲いている頃でした。

e0173350_23063384.jpg


e0173350_23054335.jpg


 漢字の読みが難しい地名が多いですね。「直方」は「のおがた」と読みます。
この直方駅は、JRと平成筑豊鉄道が通ってます。 
 駅前には、地元出身の元大関 魁皇関の銅像が立派ですね。
 さて、ここから10分程、歩いて行けます。


e0173350_23060669.jpg
 多賀神社の奥に、その記念館はありました。

e0173350_23051316.jpg


e0173350_23075655.jpg
 

 筑豊炭田(ちくほうたんでん)は、明治初期から昭和51年まで、約100年の間、石炭を産出していました。その数は、約8億トンと言われています。

 この記念館では、炭鉱の歴史についての様々な資料が展示されています。
気さくな館長さんの案内で、当時の仕事の様子、歴史について話しを聴くことができます。

e0173350_23070581.jpg
 
  本館は明治43年8月に筑豊炭鉱組合の直方会議所として建てられた当時のもので、
 ここで、当時の石炭王たちが集って会議を行っていたのです。

  別館は平成の建物ですが、並ぶと、どことなくバランスが取れているような感じです。
 この中には、私がこれまで見てきた中でもひときわ大きな石炭の塊が展示されていました。
 「塊炭(かいたん)」 サイズは日本最大級です。
 館長さんと一緒に並んでみましたが、さすがにデカいです!

e0173350_23072593.jpg


 有三の作品で主人公の周作は、小学生の頃、体格がよく、優等生でしたが、
塊炭(かいたん)というあだ名で呼ばれていたという話が出てきます。
冷やかしの意味が含まれていましたが、文中には彼のことを「事実、塊炭のような少年であった。」という表現があります。彼の気質が石炭の塊に似ていたのかもしれません。
 

e0173350_23065003.jpg

 屋外には、2台の蒸気機関車。
 こちら(写真上)は、C11 131号 昭和16年から45年まで、石炭輸送に大活躍しました。
館長さんはこれに乗っていたという話を聴きました。整備も、もちろん行っていたそうです。
今では保存のため、きれいに塗装されています。近くで見るとかっこいいですね。

e0173350_23081105.jpg

 もう1台は、コッペル32号。ドイツから輸入した炭鉱専用の機関車だそうです。
昭和51年8月の閉山まで石炭輸送に活躍し走り続けました。

 

e0173350_23074189.jpg

 
  直方市 石炭記念館
  こちらのサイトに、詳しい情報が載せられています。ご参考までに。
  http://yumenity.jp/sekitan/


[PR]
トラックバックURL : https://wafuu.exblog.jp/tb/27217314
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by nagomi-no-kaze | 2018-04-24 23:29 | あなたも行ってみませんか? | Trackback | Comments(0)

和みの風だより


by nagomi-no-kaze
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31