はじめての蕎麦打ち

暑くなりましたね。冷たい麺類をつるつるっと喉ごし良く食べたい!
そんな季節です。お素麺、冷や麦、お蕎麦、うどん パスタも? ・・色々ありますね。


ところで、昨年の「小倉焼うどん」のお話でもご紹介した通り、
福岡県は小麦の生産全国第二位!そして「うどん県」の一つであります。
わたしも北九州に来て、うどんが身近に感じられて食べる機会も多いのです。

小倉焼うどん研究所」の副所長「まきじろう」さんは、本業はなんと、お蕎麦屋さん。
門司港で数少ない手打ち蕎麦のお店を営む「そば処 仙」の店主。
その「まきじろう」さんが教えてくださる「蕎麦打ち」の会に、7月3日、夫婦で初参加しました。

e0173350_19482926.jpg
e0173350_19485613.jpg

e0173350_19542413.jpg

e0173350_1954487.jpg

なんて綺麗なお蕎麦・・・そして手早い!さすがプロ!!

使ったそば粉は熊本県産。
正直、「九州で蕎麦が?」と驚きました。 知らないことって沢山ありますね。

さて、実践!
木鉢でこねるところは、写真はないけれどわたしが担当しました。
小麦粉とそば粉をこねていくのですが、
粉がさらっとしていて、まるで子猫をなでているような何とも言えない風合い。
水を加えながら時間との勝負、結構力が必要になるんだなと実感しました。
最後は、先生にお願いしました。

次に旦那さんが、棒で生地を伸ばして形を作り、切る作業を担当しました。
この工程もなかなか難しい。生地をいかに均等に薄くして、同じ細さに切っていくか。
太さが違うと茹で加減も変わってきますからね。
e0173350_19501168.jpg

e0173350_19512214.jpg

e0173350_19521325.jpg



太さにバラつきがあるが、我々の、打ち立てのお蕎麦(三人前分)を
「まきじろう」先生が上手に茹でてくださって、が冷やしで、この日のお昼ごはんになりました。
今回の会場の小倉にある「Dreams」さんに朝から伺って、食べ終わるまですっかりお世話になってしまいました。そのうえに、揚げたての天ぷら♪と、マスター特製のカレーライス♪も戴きました。
(マスターは、マジシャンで、食後にトランプマジックをご披露!!!これがまた凄い)

「まきじろう」さん特製スイーツ(そば粉を使ったアイスクリームと蕎麦豆腐 ←くずもちみたい!)
e0173350_19524967.jpg

これはもう本当に贅沢な蕎麦打ち会!


ああ、お蕎麦をいつもはあっという間に食べてしまっていたけれど、
もっと味わって感謝していただこう!
東京で食べている時にはこれまであまり感じたことがなかったけれど、
お蕎麦の味も、わたしには甘みが感じられます。


そして、全部食べ切れないので自分たちで作ったお蕎麦二人前と
「まきじろう」さん自家製の麺つゆを持ち帰りました。
翌朝、朝ごはんになりました。
風味が消えないうちに、いただきませんとね!
e0173350_2001995.jpg

[PR]
トラックバックURL : https://wafuu.exblog.jp/tb/24520826
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by nagomi-no-kaze | 2016-07-11 20:20 | どんな味? | Trackback | Comments(0)

和みの風だより


by nagomi-no-kaze
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31