風流楽(ふる~ら)コンサート ~春 ふたたび~ ご案内

一年ぶりに、チェンバリスト 渡邊温子さんとの共演です。
4月16日(土)は、ギャラリー新紀元(立川駅前)http://www.mapion.co.jp/phonebook/M02030/13202/0425286952-001/

4月17日(日)は、松本記念音楽迎賓館(世田谷区) 
https://www.nikotama-kun.jp/spot/institution/museum/matsumoto.html

e0173350_1758566.jpg


e0173350_1759636.jpg


両日ともに、午後2時 開演です。

お問い合わせ・お申込みは こちらです。
お席もございますので、これからでも、
お時間がありましたら是非、聞きにいらしてください。

風流楽(ふる~ら)

E-Mail aac16550@pop17.odn.ne.jp
Mobaile 090-9965-9037


今回の朗読作品について、少しお話します。

  ☆ 林 佐知子 詩集 「この空に つながる」(銀の鈴社)より

  詩人の林 佐知子先生の4冊目の詩集で、東日本大震災の直後に出版されました。
 以前、先生からこの詩集についてのお話を伺ったことがあります。
 被災地に寄せる想いがあふれ、詩を綴られたこと。
 そして福島県で被災したある男の子がこの詩集を読んで、心を動かされ、
 「僕、笑ってもいいのかな」と思えるようになったと、
 心に沁みるエピソードを寄せられたこと等を語ってくださいました。

 そのことを思い出して選ばせていただきました。

 明日への自分に元気を送る。 大切な人に元気を届ける。
 日々の暮らしの中で色々なことに遭遇しますが、
 新呼吸して一歩踏み出せるようになりたいものです。



 
 ☆ ジャン・ジオノ作 寺岡 襄 訳 「木を植えた男」(あすなろ書房)

 枯野に生命の息吹を蘇らせた男の話です。
 絵本もあり、ご覧になったことがあるかもしれませんね。

 文体はとつとつとしていて、地の文がほとんどです。
 荒れ果てた地でふたたび生きることを植物たちに語りかけ、いつくしんできた一人の男の
 静かな大きな心、そして揺るがない想いがひしひしと感じられ、
 大人にも読んでいただきたい物語と、わたしは思っています。

 チェンバリストの渡邊温子さんが、時代や作曲家の作品を選びに選び、
 音楽の構成を考えてくださいました。
 長編ですが、チェンバロの演奏を交えてお届けします。
 物語も音楽も楽しんでいただければ幸いです。


 桜の開花で、春のお楽しみは始まったばかりですね。
 会場の、立川には昭和記念公園 世田谷区には砧公園や民家園など、名所が近くにありますよ。

 それでは、会場にて、皆さまのお越しをお待ちしております!!

                            2016.3.31 
[PR]
トラックバックURL : https://wafuu.exblog.jp/tb/24265403
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by nagomi-no-kaze | 2016-03-31 18:14 | 出演します! | Trackback | Comments(0)

和みの風だより


by nagomi-no-kaze
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31