感謝をこめて・・・♪

6月にご案内しましたが、
  三鷹市の市政番組「みる・みる・三鷹にて
5月18日開催の「春の朗読コンサート」(三鷹市山本有三記念館 主催)のことを
約2週間紹介をいただきまして
その後、 
個人的にコメントをいただきましたし、
また有三記念館のほうにも、お問い合わせがあったそうで、
 これはとっても嬉しいことでした。
 どうもありがとうございます。

 つい先日、記念館の学芸員さんから、コンサートの模様の画像を送っていただきました。

 上演中は色々と気を配ってくださるので、そんな慌ただしい中を、よく撮ってくださったな~と感激しました。


 こんなに引っ張るのも珍しいのですが・・・、  「今回、画像のほうは?」と思われた方もいらっしゃるので、
第3弾! ご報告として、ご披露させていただきます。


随筆「三鷹の思い出」
e0173350_2313183.jpg



「ワインスベルクの女たち」
~ ♪ カプリッチョ ♪(ズ―タ―マイスター作曲)
ここで、クラリネット奏者 人見剛さん 登場!です。
e0173350_23133578.jpg


e0173350_23135598.jpg


二人でトークを交えながら、・・・
クラリネットのご紹介、楽曲についてを、人見さんに語ってもらいました。
e0173350_23142243.jpg
e0173350_23144632.jpg

e0173350_2315819.jpg

ソロ ♪ 三つの小品 ♪ (ストラヴィンスキー作曲)へと 続きます。

e0173350_23153586.jpg




長編 「スコットの南極探検」の物語へ。
e0173350_23155537.jpg

e0173350_23161682.jpg


人見さんは客席後方から音を奏でています。
全体を通して、言葉と音が重なるのはこの一瞬だけ。
しかしながら、ひとつの音をロングトーンでつないでいくので、半音上がるだけでも次第に緊張感が走ります。
e0173350_23163983.jpg


そして、物語のクライマックスに、♪ 鳥たちの深淵 ♪(メシアン作曲) 


まるで、これまでの物語を回想するかのように、語り手も聞き手も皆クラリネットの音に耳をゆだねます。






e0173350_2317031.jpg


詩 「心に太陽をもて」を
独語(ツェーザル・フライシュレン作) を人見さんが音読。
日本語(山本有三訳)をわたしが音読。
この日本語訳には作曲があり、(團 伊玖磨 作曲) クラリネットで演奏。

これを最後に一緒にお届けできたことは、感無量でございました~!!


人見さん、演奏のみならず、楽しいトーク、詩の音読も、ありがとうございました。

e0173350_23172098.jpg



撮影:山本有三記念館  学芸員 渡邊美知代さん   今年もありがとうございました。
[PR]
トラックバックURL : https://wafuu.exblog.jp/tb/20742982
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by nagomi-no-kaze | 2013-07-02 23:41 | Live Report | Trackback | Comments(0)

和みの風だより


by nagomi-no-kaze
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30