三鷹市山本有三記念館 春の朗読コンサート

5月18日(土) 18時より開演。 今年も有三作品を朗読しご紹介することができました。
定員45名に対して4倍というたくさんのご応募をいただいたそうです。 ありがとうございました。

e0173350_2372384.jpge0173350_237158.jpg



クラリネット奏者 人見 剛さんをお迎えしての朗読コンサート。
館内に響く多彩な音色は、窓の外の景色が刻々と夕闇へと変わる時間帯に、次第にはまっていくように
耳にやさしく届いたことでしょう。

今回のプログラムは、朗読も音楽もとてもやりがいのある作品を選ぶことができたように思います。
そして、人見さんからのご提案を受けてこれまでとは違った運びで、60分を構成しました。

作品を重視し、ジャンルの違う言葉と音楽がお互いの役割を担いながら、一つの大きな流れを作っていく。
お話を聞き、音楽が続いて繋がる。 また音楽を受けて、お話が繋がる。
最後まで通してみると、とても自然な形でした。

軽快な音楽、瞑想的な音楽、牧歌的な音楽、緊張感を強いる音楽、
2本のクラリネットが奏でる多彩な表現は、本当に素晴らしかったです。

最後は、詩「心に太陽を持て」をご紹介。
ドイツ語:原詩 (ツェーザル・フライシュレン作)を人見さんが読み、(ドイツ語堪能のためお願いしました。)
日本語:山本有三氏が手がけて生前最後の形となった訳を、日本語で私が読み、
音楽:その訳に團 伊玖磨 氏作曲の音楽を、人見さんがクラリネットで演奏。

という形でのご紹介が今回叶ったことは、記念館の方々にとっても、私にとっても嬉しいことでした。



ご来場くださいましたお客様、本当にどうもありがとうございました。

残念なことに外れてしまった方々には、本当に申し訳ございませんでした。 

また来年のチャンスがございましたら私もうれしいですが、 
その時はこの記念館でお目にかかれるといいですね。
[PR]
トラックバックURL : https://wafuu.exblog.jp/tb/20518115
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by nagomi-no-kaze | 2013-05-19 23:41 | Live Report | Trackback | Comments(0)

和みの風だより


by nagomi-no-kaze
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30