人気ブログランキング |
ブログトップ

和みの風の~おはなし道しるべ~

詩と歌とピアノの饗演 「緑 いのち 輝き」

e0173350_10344594.jpg
長野県聖高原のブナの巨木 (草薙ファミリーさんご提供)

6月13日(土)13時半開演
東京女子大学 同窓会72年館 にて
(杉並区善福寺2-23-11)
前売:大人3500円 当日:4000円 中・高校生:2000円
(お茶菓子付き)



<演目>
・インドの詩聖 タゴールの詩の世界とピアノ即興演奏
・フランス歌曲(フォーレ、アーン ほか)
・音楽物語 「母なる木のうた」(林晶彦 作・作曲)


* 詩・物語の朗読と、フランス歌曲、ピアノ即興演奏によるゆったりとした時間。
「緑 いのち 輝き」がテーマ、自然とのかかわりを感じながら、耳を傾け、自分自身を
見つめなおしてみませんか? ***

<出演者>
林晶彦(ピアノ・作曲)、千曲風羽(ソプラノ)、野田香苗(朗読)
音楽家のお二人は兵庫県出身、関西・関東での活動の幅を広げていらっしゃいます。
やさしい旋律と歌声、そしてフランスの香り漂う音楽を届けてくれることでしょう。


<朗読作品紹介>
・インドの詩聖 タゴールは、1913年詩集「ギタンジャリ」でアジア初のノーベル文学賞を受賞。
自然と人間のかかわりを美しい言葉で数多く表現されています。 
雨季をうたった歌が多く(さすがインドですね)、雨の詩人ともよばれました。
解説によると、「雨雲の背後に、天体に満ちている宇宙の音楽を感知し、巡りくる雨季の季節に、
創造の生命が秘められていることを感じて、そのメッセージが詩人の歌の調べとなってあふれ出た」と
されています。 今回は、雨の詩も含めてのご紹介、ピアノ即興演奏と朗読します。
・「母なる木のうた」は、長野県にあるブナの巨木の自然保護運動をきっかけに作られた物語と歌です。
東京では初公演です。 どうぞお楽しみに♪

予約・お問い合わせ:
言葉と音楽を仲良しにする研究室「和みの風」(野田 方)
メール:aac16550@pop17.odn.ne.jp

一人でも多くの人に聞いてもらいたいです。
お待ちしています!
トラックバックURL : https://wafuu.exblog.jp/tb/10287475
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by nagomi-no-kaze | 2009-05-22 10:46 | 和みの風だより | Trackback | Comments(0)
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31