人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ヘルマンハープ演奏会、今年は叶いました。6月5日「チャリティコンサート」

 6月、関東は早めに梅雨入りしました。紫陽花があちらこちらで咲き誇っています。
 先日、2022年6月5日 三郷市文化会館(埼玉県)の大ホールにて、
障がい者福祉団体支援「チャリティコンサート」(医療法人財団 アカシア会主催)が、
中止・延期を経て2年ぶりに開催されました。
第一部は、三郷北高校の吹奏楽、ヘルマンハープ演奏、フラダンスの出演。
第二部は、塩澤美智子さんと林晶彦さんによるコンサートを、ピアノの連弾と、朗読とピアノの演奏が組まれました。

ヘルマンハープ演奏会、今年は叶いました。6月5日「チャリティコンサート」_e0173350_23411052.jpg


 毎回出演のヘルマンハープ アンサンブル「りんのね」ですが、
今年は3グループ合同で14名の構成。(私自身は、今回が2度目の出演です。)
林智子先生のご指導のもと、各グループメンバーの演奏経験年数も様々です。
今回初顔合わせの方もいらして、こうして一緒に演奏できる機会は貴重です。


ヘルマンハープ演奏会、今年は叶いました。6月5日「チャリティコンサート」_e0173350_23414158.jpg

ヘルマンハープという楽器は、1987年ドイツで生まれました。
ダウン症の息子さんが弾けるようにと、父ヘルマンさんが10年以上の歳月をかけて
発明し作られた楽器です。1台では優しく繊細で小さな音色ですが、大勢で弾く音の響きもまた良いものです。


ヘルマンハープ演奏会、今年は叶いました。6月5日「チャリティコンサート」_e0173350_23421383.jpg


お客様に耳馴染みのある演奏曲を中心に選びました。
<プログラム>
1.希望のささやき
2.星に願いを
3.星のうた
4.シチリアーノ
5.小さな世界
6.Zünde eine Kerze an キャンドルを灯そう

ささやかでも希望を見いだせるような思いをこめてお届けしてきました。

ヘルマンハープ演奏会、今年は叶いました。6月5日「チャリティコンサート」_e0173350_23474905.jpg


 この中で最後の一曲「Zünde eine Kerze an」のことを少し。
ドイツ人のMartin Buchholz氏作曲のこの曲は、
コロナ渦にいる人々に向けて励ましと、医療従事者の方々への感謝の歌です。
世界中の友人の演奏家たちとオンライン上で演奏する動画をYoutubeにアップされていました。
 初めは小さな歌だったそうですが、こうして世界に発信してくれたからこそ、
日本にいる私たちも知ることができたのです。
 私は試聴をきっかけにこのメロディが好きになり、ヘルマンハープで皆で演奏したいと思いました。
同じグループのNさんもこの動画を知っており、意気投合!
Nさんはその後、楽譜を作成。ドイツ語の歌詞を日本語訳。
先生やグループの皆さんと検討を重ねました。
 その後、演奏パートを2つに分けて全員で弾き、更に歌詞の一部の朗読も加えようと
いうことになりました。歌詞の訳を読むにはそのままでは難しかったので、私の方でどのように朗読するか考えました。
私はメロディラインの演奏から、途中抜けて言葉を朗読するというスタイルになりました。


キャンドルを灯そう あなたの希望の光
キャンドルを灯そう あなたの命の証
今日 それは 世界のために輝くでしょう。

私たちの愛する人々のために 今孤独な人々のために
私たちの祈りのために    私たちの中で燻る勇気のために

キャンドルを灯そう あなたの希望の光
キャンドルを灯そう あなたの命の証
今日 それは 世界のために輝くでしょう。



 こうして、この曲を言葉とともに届けることができました。
本番では舞台上にキャンドル(火はつきません。電池で灯りがともりゆらぎます。)と、
照明さんの素敵な演出も加わりました。

ヘルマンハープ演奏会、今年は叶いました。6月5日「チャリティコンサート」_e0173350_23465010.jpg


 私たちの楽器スタンドに飾られているアートフラワーは、神戸のグループの方が作成されました。
神戸アンサンブルグループの皆さんは今回東京には来られなかったけれど、それらを貸してくださいました。
気持ちは一緒に、皆で演奏の音に乗せました。 次回は一緒に演奏ができるといいなと思います。
沢山の方のおかげです。メンバー一同、感謝の気持ちでいっぱいです。
ヘルマンハープ演奏会、今年は叶いました。6月5日「チャリティコンサート」_e0173350_23470509.jpg


 以下2枚の写真は、私の関係でベトナム人のご夫妻が初めて聴きに来てくれて撮ってくれました。
Nさん、Wさん、どうもありがとう!!

ヘルマンハープ演奏会、今年は叶いました。6月5日「チャリティコンサート」_e0173350_23472102.jpg
ヘルマンハープ演奏会、今年は叶いました。6月5日「チャリティコンサート」_e0173350_23473192.jpg



<ご参考までに>
Zünde eine Kerze an
Martin Buchholz &Friends


ウクライナのために
Zünde eine Kerze an für die Ukraine

# by nagomi-no-kaze | 2022-06-08 23:55 | Live Report | Trackback | Comments(0)

ありがとう!MMCTV 「NPO法人 むさしのみたか市民テレビ局」

「市民による市民のためのテレビ局」
NPO法人むさしのみたか市民テレビ局は、
2000年7月7日、七夕の日に開局。
あれから22年目、2022年5月31日解散しました。
ホームページにも解散のお知らせを載せています。
(6月1日から)↓

サイトに掲載→ YouTubeにて過去放送の番組を見ることができます。

ありがとう!MMCTV 「NPO法人 むさしのみたか市民テレビ局」_e0173350_22021514.jpg


 振返ると、2000年3月に市報に局員募集の記事が載り、
それを見て、私は開局と同時にメンバーになりました。
「私たちが暮らす街を知りたい。」私も、その思いを持つ一人でした。

ありがとう!MMCTV 「NPO法人 むさしのみたか市民テレビ局」_e0173350_22023634.jpg

これ、わたしの局員証。撮影に出向く時には必須アイテムの一つでした。

局員名刺の裏面にはこの趣意書が載っていました。

ありがとう!MMCTV 「NPO法人 むさしのみたか市民テレビ局」_e0173350_22403535.jpg


 2001年1月1日に、初めて放送された私たちの番組を見た時の感動は今も忘れられません。
その後、1300本以上の番組がTVで放映されました。
どれが一番?なんて選べません。どの番組も思い出深いです。
地元地域の魅力を存分に発信してきました。

 私もこれまで様々な番組制作に携わりました。
地元の街の様子、人を紹介することが好きでした。
制作スケジュールがうまく進んだ時も、途中で挫折しそうになり、もう無理なのではないかと思った時もありました。
編集作業に納得がいかず徹夜して翌朝家に帰った日もありました。(若かったんですね。)

 局員は皆、番組制作メンバーです。
兼任で、事務局、運営、会計、広報、機材管理、教育に関わってくださったメンバー、
そして代表、理事のメンバーの方々がこの市民テレビ局を支えてくださっていました。
私にとって、探求心が芽生えたこと、多くの人たちとの出会いは
お金にはかえられない、豊かな財産です。
これまでどうもありがとうございました。




 先日、5月29日は、むさしのみたか市民テレビ局の解散式でした。
吉祥寺の名店「リストランテ プリミ・バチ」にて最後の会食。

ありがとう!MMCTV 「NPO法人 むさしのみたか市民テレビ局」_e0173350_22401185.jpg
ありがとう!MMCTV 「NPO法人 むさしのみたか市民テレビ局」_e0173350_22402143.jpg

ありがとう!MMCTV 「NPO法人 むさしのみたか市民テレビ局」_e0173350_22105517.jpg


 全員とはいきませんでしたが、この日46名が元気に集い、語り合いました。
1分間スピーチにてそれぞれの思いを語り、笑顔で会えて本当に楽しいひとときでした。
 

ありがとう!MMCTV 「NPO法人 むさしのみたか市民テレビ局」_e0173350_22391600.jpg


寄せ書きした花びらを集めると、大きなひまわりが2輪咲きました。

またどこかで会えたらお声かけしましょうね。 皆さん、これからもどうぞお元気で お幸せに。


# by nagomi-no-kaze | 2022-06-01 22:37 | しあわせの和 | Trackback | Comments(0)

第13回 春の朗読コンサート 終演しました。

 三鷹市山本有三記念館主催 第13回「春の朗読コンサート」 5月13日・14日の2公演を無事に終演しました。
 記念館の皆様にもご尽力をいただき、今年は予定通りに開催が叶いました。
各会35名の定員数を越えるご応募をいただいたそうです。
当日ご来場くださいました皆様、最後まで聴いてくださり本当にありがとうございました。


第13回 春の朗読コンサート 終演しました。_e0173350_22071163.jpg

 今年はフルーティストの長谷川広美さん。ソロ演奏、朗読とのセッションに臨んでくださいました。
 (↑ ↓ 写真は、学芸員Mさん撮影です。ありがとうございます。)

第13回 春の朗読コンサート 終演しました。_e0173350_22082558.jpg



 今年紹介した有三作品は、山本有三邸に関する作品から選びました。

● 随想「三鷹の思い出」(初出:1965年11月3日「三鷹市報」)

●「はにかみやのクララ」/『戦争とふたりの婦人』より(初出:「主婦之友」1937年1月号~3月号)

 「はにかみやのクララ」:アメリカの南北戦争時代に活躍した女性クララ・バートンの幼少期から晩年を描いた作品です。
今回はその中から三つの章を「小さい看護婦」「戦線の天使」(抜粋)「晩年のクララ」を読ませていただきました。

 音楽は5曲、選曲の時点から物語に合う曲ばかり。演奏と朗読を合わせていくうちに、お互いに変化に富む面白さがありました。
 長谷川さんと二人での演奏は久しぶりでしたが、この会で演奏を楽しんでもらえたこと、作品を気に入ってもらえたことは
嬉しかったですね。終演後「楽しかったし、この機会だけでは勿体ない!(笑)」と話しましたし、今もそう思います。

 2日目の会では、初めて未就学児のお子さんが会場へ、お母さんが一緒に連れていらっしゃいました。
特に「はにかみやのクララ」は40分かかる演目でしたから、お子さんが飽きてしまわないかしら?と思いました。
しかしその心配は不要でした。終演後お母さん曰く、途中眠ってしまった瞬間があったそうですが、また起きて、
起きても黙って聴いてくれたのです。本当にえらかった!感謝でいっぱいです。

 有三作品は文体も内容も時代を感じさせられますが、有三氏の視点はいつでも新鮮さがあると私は感じています。
だからこそ、この朗読コンサートでご紹介させていただく意味があると思うのです。
これまで関わってくださった音楽家の皆様も、作品に挑戦し必ず花を添えてくださる、そんな素敵なコンサートだと思っています。
また来年もこの企画が続いて、私も機会をいただけますように。


第13回 春の朗読コンサート 終演しました。_e0173350_22281374.jpg

 ところで、今回の「はにかみやのクララ」は図書館に所蔵されている「山本有三全集」で作品を読むことができます。
ご興味を持っていただけたら是非読んでいただけると幸いです。



第13回 春の朗読コンサート 終演しました。_e0173350_22271833.jpg

# by nagomi-no-kaze | 2022-05-24 22:42 | Live Report | Trackback | Comments(0)

5月13日・14日は「春の朗読コンサート」に出演します。

三鷹市山本有三記念館
5月13日・14日は「春の朗読コンサート」に出演します。_e0173350_16181106.jpg

 年に一度、こちらで山本有三氏の作品を読ませていただいています。
昨年、一昨年と、コロナの影響で中止や延期となっていましたが、
今年は予定通り、5月開催が叶いそうです。


5月13日・14日は「春の朗読コンサート」に出演します。_e0173350_16182541.jpg


 演奏家の方をお一人お招きしていまして、
今年はフルーティストの長谷川広美さんと共演です。
ソロ演奏と朗読とのセッションにも加わっていただきます。
かつて、広美さんとはモンゴル民話『スーホの白い馬』を届ける
「橋本スタジオ朗読コンサート」にて長年ご一緒しておりました。
あれから、8年ぶりくらいになるでしょうか。
本当に久しぶりなので、とても楽しみにしています。

 記念館にて只今の企画展は「山本有三邸と接収」(3月12日(土)~9月4日(日)まで)
この西洋館に、有三氏が家族とともに11年間暮らしていました。
GHQによって接収されたため、立ちのかなければならなくなり、
その後はここに住むことはありませんでした。
当時の貴重な記録が展示されています。

 今回私が選びました有三作品は、
随想 「三鷹の思い出」(昭和40年11月三鷹市報掲載)
中編小説『戦争とふたりの婦人』(初出:「主婦之友」1937年1月号~3月号)より
「はにかみやのクララ」(抜粋)です。この家で有三氏が執筆した作品の一つです。
 有三氏は、『戦争とふたりの婦人』にて、アメリカの南北戦争時代に活躍したふたりの婦人を紹介しました。
特に今回読む、クララ・バートンは、戦地にて傷ついた兵士たちを必死に看護し、
後に、アメリカの赤十字社の総裁としても長年功績を称えられた女性です。
目の前に助けが必要な人を放っておけない、そのひたむきな姿勢と真摯な気持ちに
心打たれた山本有三氏。今回すべてを読むことは出来ませんが、
文脈から感じられる力強さを少しでもこの作品から感じていただければ幸いです。


5月13日・14日は「春の朗読コンサート」に出演します。_e0173350_16183750.jpg

# by nagomi-no-kaze | 2022-05-12 16:21 | 出演します! | Trackback | Comments(0)

風流楽コンサート2022無事終演しました。

ご報告 遅くなりましたが、
4月10日(日)
「風流楽コンサート2022 CD発売記念コンサート」は無事に終演しました。
風流楽コンサート2022無事終演しました。_e0173350_23441812.jpg
風流楽(ふる~ら) スタジオピーティータ(東京都杉並区)にて。



 その日は桜も見納めの週末、東京で日中の気温が26℃、まるで初夏のようでした。

今年前半に風流楽コンサートを2回、2箇所の会場で開催することが出来ました。
共演のチェンバリスト渡邊温子さん、会場のオーナー様、関係者の皆様が支えてくださったおかげです。

 コロナ渦での外出の頻度を考え控えめにしていらっしゃる方もいらっしゃいます。
行けないけれど応援のメッセージを送ってくださった方々のお気持ちにも応えたい、
いいご報告ができるように努めたいと思って臨みました。

 2月20日の予定を4月10日に延期いたしましたが、
それでもそのままご予約くださった方々、改めてご予約をくださった方々、
お一人お一人に心より感謝申し上げます。
透明フィルター着用での朗読。でも、表情が見えてライブで聴けて良かったと、
チェンバロの素敵な演奏を直に聴けて嬉しかったと、嬉しいお声をいただきました。
お客様とのひとときを感じられることが、私たちも何よりもうれしく、
本番の機会をいただくと演者は本当にありがたいです。それが心に沁みました。
ご来場、誠にありがとうございました。



公演の模様です。(撮影/中村義政さん)

風流楽コンサート2022無事終演しました。_e0173350_23453385.jpg



風流楽コンサート2022無事終演しました。_e0173350_23444178.jpg


風流楽コンサート2022無事終演しました。_e0173350_23445281.jpg



風流楽コンサート2022無事終演しました。_e0173350_23450493.jpg



終演後に詩人の林佐知子先生とのお写真。
2回公演を聴いてくださってありがとうございました。
ますます風流楽のCDが好きになりましたと喜んでくださって、感激です。
心があったかくなりました。


風流楽コンサート2022無事終演しました。_e0173350_23561337.jpg


 光原百合先生、林佐知子先生、素敵な作品を上演させていただきありがとうございました。
益々のご活躍を心よりお祈りしております。



明日からいよいよG.W. 皆さまどうぞ良い休日をお過ごしくださいませ。

風流楽コンサート2022無事終演しました。_e0173350_00011893.jpg

# by nagomi-no-kaze | 2022-04-29 00:03 | Live Report | Trackback | Comments(0)