ジョルジュ・ルオー展

 20世紀フランスの画家 ジョルジュ・ルオーの作品展を北九州市立美術館で見てきました。
その時のことをお話しましょう。

e0173350_22485070.jpg

 北九州市立美術館が所蔵するルオーの作品が多い事に、私は驚きました。
「受難」のタイトルで18点、「ミセレーレ」という銅版画集に納められた銅版画と、関連する絵は73点もありました。
それに加えて今回、汐留ミュージアム、ヴァチカン美術館、ポンピドューセンター、ルオー財団からの作品、
そして個人所蔵の作品らと共に紹介されている、素晴らしい展示でした。 

<写真は、ポスターより。写真撮影可>

e0173350_22495084.jpg
  

e0173350_22500690.jpg



 私はこの展覧会の予告ポスターに、絵の美しさにも惹かれていましたが、
以前朗読した、茨木のり子さんの詩「わたしが一番きれいだったとき」に、ルオーの名前があったことを思い出したのでした。

 それは、長い詩の中の一番最後の連に、このように記されています。

 
 ~ だから決めた できれば長生きすることに
年とってから凄く美しい絵を描いた
フランスのルオー爺さんのように  ね ~

   詩「わたしが一番きれいだったとき」 / 茨木のり子 より。

(ここでは、その箇所のみ記します。)
 


 

 茨木のり子さんの詩「わたしが一番きれいだったとき」は、代表作の一篇です。
茨木さんは19歳で終戦を迎えますが、まさに戦中・戦後をくぐり抜けていた時を、
心の中の言葉を、あふれんばかりに表現しています。
 どうして画家ルオー氏をこの詩に記したのかなと気になってはいましたが、
ルオーのことを深く調べたことがなく、そのままになっていたのです。


 

 さて、ルオーの銅版画集「ミセレーレ」。
ルオーは、第一次・第二次大戦の間、人類の悲劇を銅版による作品に表しました。
たとえ戦争が終わっても、その後人々の貧困・苦痛は変わらないことを、ルオーは見つめ続け表現したのでした。
ラテン語の 「Miserere」 ミセレーレ、日本語訳で「慈悲を」。
ルオーは、画集に付ける名まえに、これより他の言葉は思い浮かばなかったそうです。

e0173350_22510171.jpg



 ルオーは確かに晩年美しい絵を数多く残しているけれど、それだけではない。
茨木さんは、この銅版画集のこれらの絵も、そしてその後に描かれた聖なるキリスト像、聖なる人物象の美しい絵にも、
魅せられたのではないでしょうか。
ルオーの「慈悲を」絵に託した想いに、茨木さんの心は慰められたのかもしれません。


 この詩には、画家は「ルオー」でなければならなかった。それが、私の中でやっと、腑に落ちました。
「ルオー爺さん」と親しみをこめて詠んだ気持ちにも、今は、うなずけるのです。
私の中で、茨木のり子さんとルオーがようやくつながりました。



e0173350_22525253.jpg


北九州市立美術館 
http://kmma.jp/honkan/

※「ジョルジュ・ルオー展 聖なる芸術とモデルニテ」 2019年2月17日(日)までの展示です。

e0173350_22522711.jpg



e0173350_22531289.jpg

e0173350_22535799.jpg




# by nagomi-no-kaze | 2019-02-06 23:00 | 道しるべ(私が出会った作品) | Trackback | Comments(0)

 二月三日の節分祭に、天河大辨財天社に参詣させていただきました。
今年は雪が薄く残るくらいで、風もやわらかな心地よさがありました。

e0173350_16392843.jpg

e0173350_16492874.jpg

e0173350_16411405.jpg


 私はご縁をいただいてこちらにお詣りさせていただいて二十年近くになりますが、二月に訪れるのは初めてです。
地元の方も遠方からも、思いのほか沢山のご参拝者がいらっしゃいました。 何とも賑やかなお祭りとなりました。


 天河社のお話によりますと、
鬼は大いなる御宝をもち、全ての意識を越えて物事を正しく見るという古来からの信仰から
「神」として崇め奉られているのだそうです。
ご神事の最後に、4名の年男の方々が「鬼は内」「福は内」と大きな声で「福豆」を撒きました。

e0173350_16414936.jpg

 わたしは4袋取りました。 (家に持ち帰って家族といただきますが、今年もマメマメしく働けるかな? いや、頑張りましょう!)


 社殿のご神事に続き、屋外では境内の社務所前に準備が整い、正午から今年の「採燈大護摩」が斎行されました。

e0173350_16431039.jpg


e0173350_16435107.jpg


 四つの方角に矢が打ち放たれ、山伏の法螺貝の音が山々に響きます。
そして、松明の火が点火されますと、白いもくもくとした煙が空高く昇っていきます。

e0173350_16443304.jpg


e0173350_16444418.jpg


護摩木に書かれた皆さんの願い事が叶いますように。



 このあとは副餅撒きや、恵方巻にお一人3本ずつ巻き寿司と、長寿酒、手作りのぜんざいのお振舞いがありました。


e0173350_16454115.jpg



e0173350_16460821.jpg
  今年の恵方は、東北東でしたね。 にぎりたての巻き寿司は美味しかったです。


e0173350_16461988.jpg





 さぁ、暦の上では寒の明け、春が来たことが告げられました。
まだまだ寒さは残っているので油断はできませんが、少しづつ身体を慣らしていきましょう!

e0173350_16482059.jpg





e0173350_16473032.jpg





e0173350_16510995.jpg



   和やかな節分祭でした。 良きご縁を、ありがとうございます。



# by nagomi-no-kaze | 2019-02-04 17:06 | 良きご縁に感謝! | Trackback | Comments(0)

 宗像大社を参詣させていただきました。温かな陽光、宗像の自然豊かな空気に包まれました。
昨年中にこちらで福みくじをひいたら、立派な稲穂のついた御札をいただきまして、
おかげさまで、平安無事に過ごすことが出来ました。その御礼もお詣りさせていただきました。

e0173350_21420521.jpg



e0173350_21423713.jpg



宗像大社は天照大神の三つの柱の御子神様の三女神をお祀りしています。
三女神とは、
沖ノ島「沖津宮 おきつみや」田心姫神(たごりひめのかみ)
大島「中津宮 なかつみや」湍津姫神 (たぎつひめのかみ)
田島「辺津宮 へつみや」市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)

「宗像大社」とはこの三宮を総称しているそうです。


e0173350_21425849.jpg


 本殿の拝殿は一部修復中のようですが、建物を横からみたらこのような。とても立派です。
境内には大きな木々に囲まれていて、歩いていて気持ちが良いです。
「神宝館」には宗像の歴史や沖ノ島での宝物のご紹介もあり、興味深いです。

そして、こちらはぜひお勧めしたいのですが、
「鎮守の杜の径」を通って、森林浴を楽しんでください。

e0173350_21440120.jpg

e0173350_21443975.jpg


 そのまま大きな木々に誘われて上へと上り、
 ここから右手を見ると、このように景色がよ~く見えます。 向こうの真っ青なところが日本海。
e0173350_21461688.jpg


 そして「高宮祭場」へ。
e0173350_21472374.jpg


 ここは、宗像大神「降臨の地」と伝えられています。

写真をご覧になりたい方は、宗像大社 公式ホームページをご参考までに。
境内見取り図、写真も掲載されていますよ。

http://www.munakata-taisha.or.jp/html/gosaijin-yuisyo.html



 私は公共交通機関を使って行きます。
(お車ではない御参詣の方には参考になりますでしょうか。)
小倉からは、JR鹿児島本線の東郷駅まで。在来線快速でも8駅(約40分)ほどです。
博多からは、在来線快速で7駅(35分)ほどですね。

 東郷駅前から西鉄バスで大社に向かうことができますが、本数は少ないです。
そこで、反対側の日の里出口から、レンタサイクルが便利です。
ステーションは6つほどあります。借りたところで返すルールですが、
一日500円で借りられるとてもきれいな電動アシスト自転車です。
こちらを、ご参考までに。
http://www.muna-tabi.jp/k002/content/20180620150138.html


宗像のいい景色を見ながら走れる楽しさがあります。

e0173350_22141773.jpg

この釣川に沿って進みます。この川は日本海に繋がっています。 
サイクリングロードもあり、走りやすいです。
山側の景色もまた綺麗ですよ。

e0173350_22135145.jpg




 ところで、日本の四季のなかで「新」がつくのは・・・?
「新春」ですね。春が待ち遠しい気持ち、春が来た喜びは、
人の心に新たな風を吹き込むからでしょうか。

今年は梅が咲くのも早くて、福岡では1月10日。
そればかりではありませんでした。水仙も、菜の花も(?)咲き誇っていましたよ。


e0173350_22161309.jpg

e0173350_22165179.jpg

e0173350_22171841.jpg


 寒波はまたやって来ると思うのですが、やはり暖冬なのでしょうか。


 大社より約3キロ先にある、道の駅「むなかた」に寄るのもいいですね。 私はこのパン屋さんが好きで、お昼もここで。

e0173350_22194783.jpg


そして更に3キロ釣川をたどっていくと、その先は日本海(玄界灘)
すぐ海が見えていますから、行きたくなるんです。 
 
冬でも海の色がこんなに濃いブルーだなんて!

e0173350_22212697.jpg
e0173350_22233474.jpg

と、寄り道しながら往復約3時間。 爽快なサイクリング日和でした。

海山が近く、水が豊か・緑多き宗像です。





# by nagomi-no-kaze | 2019-01-22 22:39 | あなたも行ってみませんか? | Trackback | Comments(0)

新年 明けましておめでとうございます。
本年も、どうぞよろしくお願い致します。
e0173350_18065097.jpg


  年末年始は東京で家族と過ごし、親戚に会える喜びが一年の始まりです。
 笑う門には福来る 「門」はもん ではなく「かど」と読みますね。
 この場合、門とは、家庭、家族、一族の意味になり、「笑いが絶えない明るい家庭には幸運がやって来る」という意味になるそうです。



e0173350_18060156.jpg

 お正月の三が日は穏やかな晴天が続きました。このからっと晴れた冬空を私は好きです。
初詣は毎年恒例、隅田川七福神めぐり、氏神様の下高井戸八幡神社、そして私にとって縁のある日枝神社に参拝させていただいています。

e0173350_18063865.jpg

 これも恒例、日枝神社でおみくじを引きましたら、今年は小吉が出ました。
そこには「達観」の言葉があり、私の心に響きました。 忍耐も必要かもしれません。胸において日々精進していきたいと思います。


 北九州市での生活もまる三年が経ちました。
それまでは九州に縁がありませんでしたから、ここに居られる時間を有難く思います。
今年もあちらこちらへ出かけて行きたいと考えています。
 その九州、熊本県での地震のニュースを聞き、驚きましたね。
余震に注意!の警告が出ていますから、近い地域の皆さま、くれぐれもお気をつけください。
自然災害の少ない一年をと、心から願います。



 私の朗読活動について、いつも気に留めていただきありがとうございます。
昨年は小説や童話作品を中心に作品を選び読ませていただきました。
今年も、心に響く作家の想いを皆さまの耳にお届けできるように努めていきたいと思います。
 この場で近い日にちのご案内はありませんが、春に開催できるように準備中です。
しばらくお待ちください。
 また、私は地域を問わず出張いたしますので、何かの時に思い出してくだされば嬉しいです。
企画予定の段階にもご相談に応じます。よろしければご連絡ください。

e0173350_18061969.jpg


皆さまが この一年を心豊かにお過ごしになれますように心よりお祈りいたします。
2019年1月4日  野田香苗



# by nagomi-no-kaze | 2019-01-04 18:31 | 和みの風だより | Trackback | Comments(0)

 2018年(平成30年)があと2日。
今年もこのブログ読んでくださり、どうもありがとうございました。

 今月は、9日に東京都立川市での「風流楽ウィンターコンサート」、
15日に北九州市門司港にて「クリスマスコンサート」に朗読出演の機会をいただきました。
報告が遅くなりました!
それぞれにご来場くださいました皆さま、また、応援してくださった皆さまにも心より感謝申し上げます。
どうもありがとうございました。


こちらは風流楽ウィンターコンサート。(12月9日 アートルーム新紀元にて)
e0173350_19343081.jpg


e0173350_19340545.jpg

 朗読作品:「蜜柑」芥川龍之介作 , 林佐知子詩集「空の日」より8編の詩を、
チェンバリスト渡邊温子さんが選曲・構成された音楽とともにお届けしました。
私たちも楽しかったし、アンケートには沢山の嬉しいコメントをいただくことができました。
音楽と言葉の紡ぎだす世界を耳から聴いて楽しんでいただけることは最良の喜びです。

 終演後、詩人の林佐知子先生もご一緒に。

e0173350_19353989.jpg

 今回も先生はぎっしりとコメントを、「朗読と音楽でこのように詩の世界が広がっていくのね。」
と、声をかけてくださり、大変喜んでいただけて光栄でした。
 私たちもホッとしたり嬉しさがこみあげてきました。素敵な作品・音楽との出会いを、ありがとうございました。

e0173350_19362746.jpg
(ここまで 写真撮影 鶴岡恵さん)

  Facebook「風流楽ページ」 ご覧いただける方はどうぞ。→  https://www.facebook.com/furura.furura



こちらはクリスマスコンサート。(12月15日 ティールーム センガクにて)
e0173350_19392352.jpg

e0173350_19402910.jpg


 初の組み合わせ、ピアニスト湯田美津子さんのお声かけで、ヴォーカリスト飯沼涼子さんとご一緒に。
ピアノソロ、涼子さんの歌にはいい響きがあり、お二人の演奏は魅力的でした。

 朗読作品:門司港出身の作家 林芙美子のエッセイ「朝御飯」と童話「ふしぎな岩」を。
エッセイは内容が面白かったそうで、選んで良かった。そして、童話は私が読んでこの辺りの風景を感じられた作品、ぜひこれを
ご紹介したいと思いました。童話のほうにはピアノの音楽も加わり聴きやすかったそうで良かったです。
「景色が心に浮かんだ」とお声をいただいて嬉しくなりました。

お客様より3人にお花のプレゼント❤ 
ピアノに飾らせてもらって、舞台も私たちの心も華やぎました。 どうもありがとうございました。
e0173350_19400239.jpg

e0173350_19405475.jpg



 今年も本当にありがとうございました。 今後ともよろしくお願い致します。

皆さま 新しい年をお元気でお迎えくださいませ。
来年もどこかでお目にかかれるのを楽しみにしております。


# by nagomi-no-kaze | 2018-12-29 19:57 | Live Report | Trackback | Comments(0)

12月ですね、日ごとに寒くなってきますが、元気に過ごしてまいりましょう!
ご案内です!
 9日(日) 風流楽(ふる~ら)ウィンターコンサート ~あの日の空へ~ 
あの日の空・・・
あなたの連想する「空模様」はいつの、どのようなものでしょうか? ね。

このチラシの表の空は、私の住む北九州市にて撮ったある日の夏空です。
今年で3回目の夏を迎えました。真っ青な青に包まれるような美しい、でも暑い暑い日でした。


e0173350_13582669.jpg
e0173350_13585195.jpg


年の瀬を前に、ほんの少し気持ちをゆるめて、和やかに。
この会で、朗読と音楽で綴る時間をご一緒しませんか?

 選びました朗読作品は、
芥川龍之介「蜜柑」
そして、林佐知子詩集「空の日」より、いくつかの詩をご紹介いたします。

 「蜜柑」(大正8年に発表)は、芥川の短編小説です。
芥川龍之介が24歳頃、当時、自分の体験をもとに書かれた作品のようです。
私はこの話を学校の教科書で習い、読み終えたあと、とても鮮烈な印象が残りました。
それまで読んだ「蜘蛛の糸」や「羅生門」「杜子春」など有名な芥川作品とはまるで
違いました。その時の感動を今も思い出します。
この作品にチェンバロでは「和」を求めて、なんと山田耕作の曲に行きつきました。
それがとても素晴らしい、味わいのある曲調に、私は驚きました。
奏者の渡邊温子さんが選曲・構成。今までにない挑戦に拍手を送りたい! 本番も楽しみです。

 そして、詩人 林佐知子さんの5冊目の詩集が、銀の鈴社から今年発売されました。表紙の絵は、葉 祥明さんです。
これまでにも、先生の詩集から取り上げて読ませていただいておりますが、
先生がお話されているような、先生の目線で見えたものが感じられる詩が多く、
お勧めしたい詩がたくさんあるのです。
こちらもチェンバロ演奏との構成で、音楽とともに詩の世界をお届けしていきます。

チェンバロ独奏も、楽器についてのお話も、会場にて聞くことができます。
どうぞ、お楽しみに!!

ご予約は、まだ受け付けております。
(当日券もご用意はできると思いますが、お問い合わせくださいませ。)
お待ちしております。




# by nagomi-no-kaze | 2018-12-03 14:00 | Trackback | Comments(0)

joプロジェクト《キョウユウ》朗読館vol.7
「文豪散歩」名作シリーズ【コンパクト版】第1/10集
2018年11月25日(日)に、無事に終演いたしました。
小春日和の晴天の日、おかげさまで会場はほぼ満席。
ご来場の皆さまに、そして、応援してくださった皆さまにも
心より御礼を申し上げます。どうもありがとうございました。
ご一緒して3回目になります、共演者のお二人。
菊地茜さん、三田朱美さんとの終演後の一枚。

e0173350_00001506.jpg

この女性三名の読み手による90分の朗読会でした。
途中休憩なしで聴いていただきましたが、後日、聴いてくださった方々に感想を伺うと、
ほとんどの方が時間が気にならずに満足して聴いていただけたようで、ホッとしています。
この「朗読館」シリーズは「朗読と音楽と映像で織り成す空間」と銘打っており、
今回も素敵な写真とともに、きちんとそれぞれの作品・作家について資料を映像をお届けされました。
お客様にはその予備知識をもとに、作品を耳で聴いていただける工夫がなされていたと感じました。
また、このコンセプトがしっかりと皆さまに伝わっていたのでしょう。
名作を改めて「聴きたい」と思ってご来場くださる方々の熱心さも伝わってきました。


e0173350_00030773.jpg


会場は、今年春にオープンした「シネマハウス大塚」 もともと映画を観る空間として作られたのですが、
管理人の方の「様々なイヴェントに使ってもらえたら」とのお気持ちがあるようです。
この日は管理人の方にも私たちの公演を聴いていただけました。そして、
e0173350_00005270.jpg


今回のような朗読会の形の実現を喜んでくださって、本当にうれしかったです。
私たちも、空間の音の響きの良さを実感し、言葉をきちんとお届けできたことに嬉しく思いました。



e0173350_00012077.jpg

e0173350_00023864.jpg
<チラシ 表>


朗読した作品はチラシにご案内されています。
『やまなし』宮沢賢治作 を私は選び、今回皆さまに聴いていただきました。本当に美しい情景の素敵な作品です。
また、三人で読み継ぐ「智恵子抄」にも、読む度に言葉の力を感じさせられました。
高村光太郎の詩を私はこれまでにも読んでいますけれども、新しい発見がありました。こういうときは体に響くものがあります。

まずは初会を終えましたが、今後10回まで続く予定です。ですから、どうぞお楽しみに♪
私もまた、新たな挑戦をしたい!と、次の作品と向き合う夢がふくらみますし、
また聴いていただけますように、そのチャンスをいただけますように、一つ一つ精進していきたいと思っております。
感謝をこめて。 どうもありがとうございました。


稽古風景が、joプロジェクト《キョウユウ》のブログでも紹介されています。


# by nagomi-no-kaze | 2018-11-30 00:15 | Live Report | Trackback | Comments(0)

和みの風の朗読会
~ピアノと聴く言葉への旅「宮沢賢治」~ は、11月23日 無事終演いたしました。
ご来場の皆さま、応援のメッセージをくださった皆さまに心より感謝申し上げます。
どうもありがとうございました。

e0173350_22423106.jpg


終演後に ピアニスト 湯田美津子さんとご一緒に。 図書室カフェITOHにて


 宮沢賢治の作品は短歌、詩、童話の作品が数多く残され、多くの人に親しまれていますね。
今回はその中から、あまりにも有名な、短い作品ばかり、三点。
民話をモチーフにした「ざしき童子のはなし」
童話「やまなし」
詩「雨ニモマケズ」を、取り上げてみました。

 宮沢賢治を研究する人たちの著書をいくつか読んでみました。
賢治にはある強い思いがその根底にあり、それがどの作品にも根底にあることが共通するとの見方があります。
それは、「みんながどうしたら幸せになれるか」をいつも考え、心に置いて作品を書いていたというのです。
 それを知り私自身が作品に向き合ったときになるほどと思い、これまでわからなかったところに、新たに気がついたものがありました。
そこで皆さまにも同じように、有名すぎるこの作品たちに新たな面白さを気づいていただけるかもしれないと思いました。
果たして、どのように聴いていただけましたでしょうか?


 ピアニストの湯田美津子さんとは、この朗読会で二度目の共演になります。
独奏では映画音楽を二曲、湯田さんのお得意の分野で、喜ばれていましたね。
そして童話「やまなし」の朗読と音楽に挑戦。 その音楽には、二枚の幻燈のシーンを昼と夜、春と秋 の温度差を変えて
その色合いをイメージしてもらいながら、音域も考えていただきました。
何度か試していくにつれて音楽のタイミングや長さがつかめてきて、朗読のタイミングも変化していきました。
最終的には即興演奏が一番しっくり来るところがあり、その箇所はお任せし、私もその音楽にのせて朗読しました。
本番が一番うまく表現できたと、終演後にお互い同じように思ったことがわかりました。

 今回はお客様から感想を沢山、アンケートに寄せてくださり、この「やまなし」がまとまっていたことが書かれていて嬉しかったですね。
小さな谷川の水底でのお話なのですが、「そこに自分もいるような」というご意見に、「まさにそれです!その視点が面白い作品なのです。」と、私は秘かにうれしくなり、ありがたく思いました。


 この図書室カフェITOHさんでは、店内に沢山の本が並んでいます。
店主の伊藤さんは高校司書のお仕事を長年されていた方です。
お尋ねしてみたら、お店には宮沢賢治の本、関連本は色々所蔵されていました。さすがです!
特に、筑摩書房から出版の新しい全集が1巻~10巻。綺麗な装丁です。コーナーを設けてくださり、並べてくださいました。
ここでは貸出も可能ですから、それをご紹介させていただきました。


e0173350_22435742.jpg


さて、次の和みの風の朗読会は来春に予定していきたいと思います。
詳しいことが決まりましたら、こちらにもお知らせいたします。
またどうぞ、聴きにいらしてくださいませ。

 ★ 湯田さんとは、12月15日、門司港のティールームでのクリスマスコンサートに、私もご一緒させていただきます。
   女性ボーカルの方も加わりクリスマスの音楽が華やかに!
   そして私は、門司港出身の作家 林芙美子さんの作品を朗読します。
   
  また、ご案内させていただきます。お楽しみに!




# by nagomi-no-kaze | 2018-11-24 23:00 | Live Report | Trackback | Comments(0)

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31