七夕、晴れて

e0173350_113161.jpg

昨晩は、七夕の夕べ
いかがお過ごしでしたか?
満月で、よい月夜でしたね
我が家では、今年笹がかなり伸びました。
お願いごとを、主人とつけてみました。
カラフルな飾りは一切ないので、ちと寂しいですが。ま、いいか。
縁側で、お月見できる生活もあと少し。
今月末、引っ越しですが、その前によい思い出になりました!
[PR]
# by nagomi-no-kaze | 2009-07-08 11:31 | しあわせの和 | Trackback | Comments(0)

朗読コンサート in 三鷹市山本有三記念館

山本有三 という作家をご存じですか?
栃木県出身の作家で、 『真実一路』、『路傍の石』、元総理大臣もお好きだという『米百俵』、
そして多くの戯曲も書きました。

かつて、三鷹市に住んだ家が、現存し記念館になっています。
昭和初期には珍しい西洋建築で、趣のある館です。

私はこの大好きな場所で、有三作品を読ませていただくことになりました。
横笛の音色とともに、お届けします。

企画展 「日本少国民文庫」の世界と編集者たち  も、お勧めします。
貴重な資料や写真、現存する本も展示されていますよ。

http://mitaka.jpn.org/ticket/yuzo/
[PR]
# by nagomi-no-kaze | 2009-06-23 13:38 | 出演します! | Trackback | Comments(2)

緑 いのち 輝き ~ ご来場ありがとうございました!

出演: 千曲風羽(ソプラノ)、野田香苗(朗読)、林晶彦(作曲・ピアノ)

おかげさまで、無事に公演いたしました。 ご来場のお客様、どうもありがとうございました。

今回は、自然とつながることをテーマに、音楽と言葉の響きを感じてもらいたい!
という企画でした。 緑が生い茂るキャンパスを窓から眺めながら、五感をフルに活用し
お楽しみいただけたのではないかと思っています。

フランス歌曲、そして朗読とピアノ即興演奏による、ラビンドラナート・タゴールの詩の世界、
それから、 日本の子守歌と音楽物語「母なる木のうた」

フランス→インド→日本へと誘いながら、お客様の表情がよいな~と心に残っています。

朗読で使用させていただいた『タゴールの歌』について、出版社の段々社様、訳者の神戸朋子様、
ご来場ありがとうございました。 

「母なる木のうた」について、登場人物のルラおばさん、ペーターのモデルになった
草薙ファミリー母子のお二人も、長野県からお越しいただきました。
ありがとうございました。

このように、作品との出会いから、関係した方々と繋がる出会いを楽しみに、
これからも続けてまいりたいと思っています。


共演者のお二人、 スタッフの皆様、本当にお疲れ様でした!

最後に、ボックリ博士の画像をご紹介します。 博士、いつもいつもありがとうございます。

皆様に、感謝の気持ちをこめて・・・・・


e0173350_17385551.jpg
[PR]
# by nagomi-no-kaze | 2009-06-14 17:40 | 和みの風だより | Trackback | Comments(2)

梅酢 づくりに挑戦

e0173350_2043396.jpg

梅酢を頂いたときの感動は忘れられません。
仕事先のお友達のお母様が作られたのですが、ほんとにおいしかった!
そこで、レシピを頂戴し、私も、初挑戦です!

梅の実が紅色がポイントですが、その期間が短いので、今がチャンスです!
ご紹介しますね。
材料:①梅 1キログラム(南高梅で紅色のもの)、②米酢 900ml、③氷砂糖 1キログラム

作り方:①梅をきれいに洗う ②爪楊枝でヘタをとる ③梅の水分をよく拭く ④フォークで梅に3箇所くらい穴をあける ⑤瓶に、梅、氷砂糖、酢 の順番に入れる

以上、これで、出来上がりを待つばかり。
今から作って、11月頃には飲めるそうですよ!
途中、砂糖の溶けるように瓶をゆすったり、きれいなお箸で混ぜてみましょう。
梅もお酢も一年くらい保存OK!
[PR]
# by nagomi-no-kaze | 2009-06-09 20:43 | どんな味? | Trackback | Comments(2)

祝!収穫

我が家の裏は、この時期
草だらけになるのですが、今年は立派な野菜畑ができています。
きゅうり、茄子、ズッキーニ、カボチャetc・・・
でも、私が植えているのではありません。

お隣のご夫妻が大家さんのご親戚で、夏野菜を植え、丹精こめて育てています。
なんて有難いことでしょう・・・。そして、緑の手を持っているに違いありません。
その証拠に、きちんと育っているのですから・・・
e0173350_19224582.jpgもぎたてのインゲン豆!

今、奥様がもってきてくださいました。 おお素晴らしい!! 早速、お夕飯に・・・
大地の恵み、いただきます。
[PR]
# by nagomi-no-kaze | 2009-06-08 19:08 | どんな味? | Trackback | Comments(0)

詩と歌とピアノの饗演 「緑 いのち 輝き」

e0173350_10344594.jpg
長野県聖高原のブナの巨木 (草薙ファミリーさんご提供)

6月13日(土)13時半開演
東京女子大学 同窓会72年館 にて
(杉並区善福寺2-23-11)
前売:大人3500円 当日:4000円 中・高校生:2000円
(お茶菓子付き)



<演目>
・インドの詩聖 タゴールの詩の世界とピアノ即興演奏
・フランス歌曲(フォーレ、アーン ほか)
・音楽物語 「母なる木のうた」(林晶彦 作・作曲)


* 詩・物語の朗読と、フランス歌曲、ピアノ即興演奏によるゆったりとした時間。
「緑 いのち 輝き」がテーマ、自然とのかかわりを感じながら、耳を傾け、自分自身を
見つめなおしてみませんか? ***

<出演者>
林晶彦(ピアノ・作曲)、千曲風羽(ソプラノ)、野田香苗(朗読)
音楽家のお二人は兵庫県出身、関西・関東での活動の幅を広げていらっしゃいます。
やさしい旋律と歌声、そしてフランスの香り漂う音楽を届けてくれることでしょう。


<朗読作品紹介>
・インドの詩聖 タゴールは、1913年詩集「ギタンジャリ」でアジア初のノーベル文学賞を受賞。
自然と人間のかかわりを美しい言葉で数多く表現されています。 
雨季をうたった歌が多く(さすがインドですね)、雨の詩人ともよばれました。
解説によると、「雨雲の背後に、天体に満ちている宇宙の音楽を感知し、巡りくる雨季の季節に、
創造の生命が秘められていることを感じて、そのメッセージが詩人の歌の調べとなってあふれ出た」と
されています。 今回は、雨の詩も含めてのご紹介、ピアノ即興演奏と朗読します。
・「母なる木のうた」は、長野県にあるブナの巨木の自然保護運動をきっかけに作られた物語と歌です。
東京では初公演です。 どうぞお楽しみに♪

予約・お問い合わせ:
言葉と音楽を仲良しにする研究室「和みの風」(野田 方)
メール:aac16550@pop17.odn.ne.jp

一人でも多くの人に聞いてもらいたいです。
お待ちしています!
[PR]
# by nagomi-no-kaze | 2009-05-22 10:46 | 和みの風だより | Trackback | Comments(0)

勝った

最後まで、ハラハラさせられました、ほんとに。
3-2で勝利!石川選手が、3点取得、特に3点目は、ハットトリック?!

♪♪弾けよう飛田給、負けるわけはないさ~♪♪
[PR]
# by nagomi-no-kaze | 2009-05-02 21:06 | 今日のできごと | Trackback | Comments(0)

VS.大宮アルディージャ

e0173350_1756259.jpg

e0173350_1756260.jpg

味スタにて、19時キックオフ!今日は勝ってよね!

写真2枚目は、試合前の、キッズマッチがあり男女混合6チームが参加。かわいいんだ!
グラウンドは、まるで水族館で小魚の群れの行き来を見ているような、(サッカーの試合なのに・・・)
携帯画像では無理なので、スタジアムで見て下さい。
[PR]
# by nagomi-no-kaze | 2009-05-02 17:56 | 今日のできごと | Trackback | Comments(0)

和みの風だより


by nagomi-no-kaze
プロフィールを見る
画像一覧