生きる希望に出会う 芦北町立 星野富弘美術館(熊本県)


  年の瀬を迎えました。日ごとに気ぜわしくなりますね。
 わたしもおんなじです。でも、振り返ると、
 この一年、色々な場所へ出かけることが出来ました。
  先週訪れたのは、熊本県葦北群芦北町にある、星野富弘美術館。
 群馬県のみどり市立富弘美術館の姉妹館として、十年前に(2006年5月)、開館しました。

e0173350_22210985.jpg

 きっといつか行ける日が来ると、数年前から思っていて、
 ようやく、それが叶いました。本当に嬉しかったです。

  星野富弘さんは、多くの詩画集を出されていてご存知の方も多いと思います。
 ファンも多いですよね。

 
  しかしながら、こうなった背景には、星野さんの身に起こった突然の事故があります。
 体を動かす仕事に就きたいと中学校の教師になり、ある日、体操のクラブ活動の指導中に、
 頸髄(けいずい)を損傷。これにより、手足の自由を失ってしまったのです。
 長い期間の入院中に、星野さんが口に筆をくわえて文や絵を書き始めたことが、
 のちに数多くの様々な作品を生みだすこととなります。
  星野さんが植物を描いたのは、お見舞いにいただいたお花を描いてみようと思われたから
 ですが、誰に教わることもなく、その通りに描いてみようと挑戦してみたそうです。
 使う絵の具の色は、お母様が色を混ぜてそれを見せるのですが、
 星野さんの希望通りにいかないこともあり、イライラを募らせることも。

 しかし、あんなに素晴らしい絵を描かれるのですから、しかも普通に描くのではない、
 口に筆をくわえて描くのですから、どのようにして星野さんは描くこと書くことができるの
 だろう? 美術館で観た映像でそれを見たのですが、物凄いことなのです。
 そして、そのデッサン力と色彩の感性は、見る人を魅了させる力を持っています。
 生きる喜び、そこにあることを印象づける。 なかなかできることではありませんね。

  星野さんの作品に触れて、一言では表せませんが、色々な想いがあふれてきました。

 
  芦北町に星野富弘さんの美術館を!と、地元の人びとの想いが叶い、開館して十年。
  星野さんにとって、お母様の存在がとても大きかったことを語られていて、それを
  美術館内の映像で見させてもらいました。
  お母様への大きな感謝は、この詩にも詠まれています。
  (入館すると、すぐ正面に、星野富弘さんのこの詩画が迎えてくれます。撮影ができました。)


e0173350_22214867.jpg
     




  今年も、読んでくださった皆様に、心より感謝いたします。
 「いつも読んでいますよ。」と、声をいただくことがあって、本当にうれしいです。
 
 新しい年が、希望あふれる佳い年でありますように、心よりお祈りいたします。
2016.12.28
 


[PR]
# by nagomi-no-kaze | 2016-12-28 22:41 | あなたも行ってみませんか? | Trackback | Comments(0)

和みの風のちいさな朗読会 ~色と言葉が出会うとき~ を、終演しました。

2016年12月11日(日) この日は朝からの陽ざしで、ほんのりと温かな一日でした。
わたしにとって、初めての場所で行う朗読会でしたが、
お知り合いの方々、初めてお会いする方々がお越しくださり、お会いできて、
こんなに嬉しいことはありません。
日曜日の昼下がり、何かとお忙しいこの時期にもかかわらず
ご来場くださいました皆様に、心より御礼を申し上げます。

公演中の写真が手元にありませんが、ご報告します。


e0173350_11512265.jpg
会場の図書室カフェITOHさんでは、
「かがやき作品展」で元木宏文さんの作品が店内に飾られていました。
e0173350_11515207.jpg
TOSHOCAFE LIVE のひとつのイヴェントを!と、店主の伊藤さんのお声かけのお陰で、
わたしも初めての朗読会を催すことができました。
 また、2006年に自分の公演活動に名前をつけて、今年で10年目を迎えました。
東京を中心に活動してきましたので、不思議な気持ちですが、
この節目の年を北九州で迎えることも、何かご縁があったのだろうと思います。
そんな訳で、「はじめまして」の気持ちから、
おはなしを語り、楽器との共演が多いわたしにとって、それをを機に習い始めたヘルマンハープを紹介し、そして、朗読する。この3つの柱を通して、これまで私が行ってきたことをご披露できたらと考えました。 
 大好きな作品を届けたい!しかし実際には、思っていた通りに事が運ばず、
その結果お聞き苦しいことが多々ありまして、殊にヘルマンハープはその楽しさをお伝えすることができませんでした。誠に申し訳ございません。 

 今回は、作り手の表現することの想いや大切さを中心に、
それがどこからやって来るのか、どうやって伝えたらよいのか、そのようなことを意図して作品を選んでみました。 
聞き終えたあるお客様から実直な感想をいただけて、まど・みちおさんの詩が苦手なのだそうですが、まどさんの言葉や思いを聞いて知ったこと、意外だったことのお話を聞けたことはうれしかったですね。
そして、色と言葉が出会うこの空間で、皆さまが感じられることが、
日々の生活の中で何かヒントに繋がることになったら、うれしく思います。


e0173350_11530799.jpg


☆彡 プログラム ☆彡

『ふしぎなオルガン』
リヒャルト・レアンダー/作 国松孝二/訳


ヘルマンハープで聞く讃美歌
天にはさかえ
牧人ひつじを
いざ歌え、いざ祝え


『詩人まど・みちお100歳の言葉
どんな小さなものでも みつめていると 宇宙につながっている』(新潮社)より
 みなもと 
 ふしぎ 
 書く

e0173350_11545776.jpg


[PR]
# by nagomi-no-kaze | 2016-12-15 12:15 | Live Report | Trackback | Comments(0)

まど・みちおさんの絵に会えるところ (山口県 周南市美術博物館)

山口県 周南市。周南市美術博物館を訪れました。
http://s-bunka.jp/bihaku/

ここには、詩人・画家のまど・みちおさんの作品に会えると知り、やって来ました。


 最寄駅は、JR徳山駅。
山陽新幹線も停まる駅ですが、今回は、小倉駅からJR山陽本線に乗り、
下関、新山口、と電車を乗り継いで片道 約2時間半の旅。
 車窓からは田園風景と山並み、途中に少し海も見えてきました。

 徳山駅前は、石油コンビナートの工場地帯が海沿いに広がり、
新幹線ではこの風景を目の当たりにする感じですが、
在来線ホームはその奥になり、直接見ませんでした。
そしてホームの発車メロディは、「ぞうさん」!
これを聞けてうれしかったですね。さすが!まどさんの故郷だからですね。

 その徳山駅から徒歩で約20分ほど行きますと、周南市美術博物館に到着。
銀杏や桜の並木が多い街の印象で、
穏やかな青空のもと まだ銀杏の葉が黄金色に輝きを見せておりました。


e0173350_13131136.jpg


 落ち着いた雰囲気の建物で、2階の常設展示に、まど・みちおコーナーがあります。
まどさんが2014年2月28日に104歳でこの世を去って、同年11月16日にこの生誕の地に開設されました。
オープンセレモニーの様子がこちらに載っていますよ。
http://s-bihaku.jugem.jp/?eid=424


まどさんの詩や童謡は目に耳にお馴染みでしょう。
初めて世に出た童謡は「ぞうさん」。その他「一ねんせいになったら」「ふしぎなポケット」
「やぎさん ゆうびん」「ドロップスのうた」「びわ」など、口ずさんだことのある歌がありませんか?

そして、まどさんは、1949年から国民図書刊行会の編集者を務めていらしたそうです。
「チャイルドブック」「新児童文化」の編集担当としてカットも手がけられたそうです。
これは私も知りませんでした。 子どものしぐさ、目線をうまくとらえた挿絵に驚きました。


また、まどさん50歳のはじめの3年間は、集中して抽象画に取り組んでいらしたそうです。
まどさんは、詩はもちろん絵にも独自の視点と表現を追求していました。
「人の真似はいけない」と強い信念を持っていたからです。
この館には、まどさんの絵画290作品が所蔵されているのですって。
今回わたしが見た絵は11点。
水彩とクレヨンを使った色彩がとても綺麗です。中でも「空」(1962年)未完の作が好きになりました。

e0173350_13151484.jpg


e0173350_13135969.jpg

e0173350_13143736.jpg


来週11日に、まど・みちおさんのエッセイ
「どんな小さなものでも みつめていると 宇宙につながっている」を読みます。
いつの日にか この本をと、ずっと思っていました。

まどさんの言葉には飾りはありません。ただひたすらに、本物が光っています。


http://wafuu.exblog.jp/25001834/

e0173350_13142103.jpg





[PR]
# by nagomi-no-kaze | 2016-12-04 13:19 | あなたも行ってみませんか? | Trackback | Comments(0)

「北九州かがやきアート」とともに、ちいさな朗読会を!

12月11日(日) ちいさな朗読会を開きます!
TOSHOCAFE LIVE
和みの風のちいさな朗読会 

 ~色と言葉が出会うとき~

e0173350_20300214.jpg


e0173350_20303207.jpg


「北九州かがやきアート月間」(2016.11.11~12.16)とは。 
障害のある方達の素晴らしいアートを、一人でも多くの人に知ってもらいたいと企画され、
市内6か所の会場で予定されています。個性豊かな作品を実際にご覧になっていただきたいです。


e0173350_20304615.jpg


会場のひとつ、 図書室カフェITOHでは、
「かがやき作品展」として、店内に元木宏文さんの油絵を展示中です。(12月1日~16日まで)

期間中に、バックアップイヴェントとして、お声をかけていただきました。
私にとって、北九州市で自分の朗読会を開くのは初めてのことです。
ご予定も多い中、日曜日の午後の開催ではございますが、お時間がございましたら、
是非 お立ち寄りください。 お待ちしております。




※ 図書室カフェITOHは、Facebookのサイトがあります。
https://www.facebook.com/図書室カフェitoh-382127971973789/



[PR]
# by nagomi-no-kaze | 2016-12-02 20:40 | Trackback | Comments(0)

11月の初共演

二週間ほど前になりますが、八幡西区木屋瀬(こやのせ)での、
「本の薫り 頁をめくる音」2回目の会のことをお話します。

2016.11.18(金)19時開演

北九州市内外で、朗読をされる古賀恭子さんの主催するこの会に、お声をかけていただきました。
この場にご一緒できたことは、本当にありがたいことでした。
この日はかなりの雨だったのですが、外の雨も何とやら、
会場となった古民家の雑貨店「恋もみじ」さんでは、室内が温かい雰囲気に包まれて、
天井の高さもあって響きが心地よいものでした。
古賀恭子さんの朗読にお客様は耳を傾けて聞き入っておられました。私もひきこまれました。

音楽は、アルパカのつくばさとしさんが、ギターとインディアンフルートを。ピアノは菊池一恵さん。
お二人とも、古賀さんとは共演されています。この日も素敵な音楽を届けてくださいました。

e0173350_22174684.jpg


e0173350_22461028.jpg


e0173350_22255964.jpg



e0173350_22252580.jpg


e0173350_22294729.jpg


e0173350_22262610.jpg

わたしがお届けした作品はこちら!


今回は八幡西区、そして木屋瀬付近に伝わるお話を探し、「饅頭石と大根川」をお届けしました。
これは、二つのお話から成り、真名子(まなご)という地域に伝わっている「饅頭石」のお話と、
香月(かつき)の里に伝わる「大根川」の名前の由来になったお話です。
どちらのお話にも登場する旅のお坊さんは、身なりのみすぼらしい様子だったのですが、
「人を見かけで判断してはならぬ」 という教訓が根底にあります。

一口饅頭を売っていたお婆さんが、ある日、そこを通りかかった旅のお坊さんが饅頭を欲しいと言ったのを、
「これは食われん饅頭じゃ」と言って、饅頭を放り投げてしまいます。お坊さんは何も言わずに立ち去った後、
売り物用も、放り投げたものも、皆、石になっていたという話。
実際に、饅頭に似た石が、出土するらしく、真名子の公民館に展示されていると聞きました。

大根川 は、はじめ(おおねがわ)と読むと思ったら、(だいこんがわ)でした。
この川は「黒川」から、そのような名前になったわけですが、
けちで有名なお婆さんが、川で大根を洗っていたところ、
そこを訪ねてきた旅のお坊さんから「大根を一本分けてほしい」と頼まれると、
けんもほろろにどなり断ったことから、その直後に、川の水が枯れてしまったという話です。
「だいこんがわ」で検索しますと、このお話がもれなくついてくるわけで、印象深い出来事ですね。

e0173350_22185387.jpg



次に、9月にもLIVE出演したときにご紹介した、
JR九州の小冊子 「Please」掲載された「バターパンのこと」という江國香織さんのエッセイ。
江國さんはバターをこよなく愛し、バターと名の付くものに目がないそうです。
友人から聞いたこの「バターパン」とは何ぞや? そして、小倉までわざわざやって来て食べたそのパンのことを書いてくださったものでした。
わたしも関東から来て、初めて知った「バターパン」。
これは、「シロヤ」というパン屋さんで売っています。写真は、小倉駅前のお店です。

e0173350_22210838.jpg


e0173350_22220157.jpg

甘さ控えめなバタークリームがパンにつつまれています。
1個70円でした。が、⇒最近値上がりして90円ですね。
ほかにも、サニーパン(練乳入り)、サンドイッチも買ってしまった。

e0173350_22222227.jpg


もちろん食パンもありますよ。  
人気のオムレット(1個40円)は一口サイズの小さなおやつ。なつかしのお味。
お土産に沢山買っていく人をよく見かけます。


話は戻って、江國さんの文章は、読んでいて本当に面白いです。
わたしは小説も好きですが、エッセイも、文章のセンスがいい! 
この記事は毎月の楽しみにしています。



[PR]
# by nagomi-no-kaze | 2016-11-30 22:44 | Live Report | Trackback | Comments(0)

子どもたちに本を!「ブックトーク」の講座より

 季節柄「読書の秋」も楽しみの一つ。 最近、なにか面白い本に出会えましたか? 
わたしも、ずっと気になっていた本を読んだり、たまたま目についた本を手にとってみたり、
北九州市出身の作家の本にも興味を持ったりしています。

 そんな中、北九州市立中央図書館での「ブックトーク講座」(全3回)受講しました。
これは子どもたちへの読み聞かせボランティア講座のひとつで、講師による解説と実習も兼ねた内容でした。

 「ブックトーク」とは、図書館業務のひとつとしていう場合、
「あるテーマに沿って、数冊の本を順序良く、上手に紹介すること」のようです。

これは、子どもたちが本に親しむ・読むきっかけを作ることに繋がります。
読み聞かせやおはなしを語り、子どもたちが本を知るためのアプローチもあるのですが、
方法は、それだけではありませんね。
 「ブックトーク」には、様々なジャンルの本を紹介できるチャンスがあります。
そのためには、テーマを持つこと、私達の本の知識や紹介の仕方に工夫する力も必要で、考えることが沢山あります。あらゆるものがテーマになりますが、子どもたちの興味をひくものは何だろう?と考えることも楽しみです。
 講師の先生の例を見せていただくと、テーマがあとからわかる仕組みであったり、
例えば「食べる」・「食べられる」のように、真逆な言葉を使うテーマを見出すことも、面白い考え方でした。正直、もっと講義を聞きたかったのですが、グループに分かれて実践していかなければなりません。
 三人でたまたま持ち寄った本からテーマ決めと選書を始めたので、話し合いの途中で変更した本もありました。お一人当日に来られない予定であると聞いていたので、選書までは三人で行って、
その後、二人で集合し、選んだ5冊の本の紹介の組み立てをしていきました。
 お互いの持ち時間、担当する本も決めて、いよいよ最終回の今日、その事例発表をしました。

流れを組み立ててきたことを実際に人前で紹介をしてみると、私の内容にも先生からのダメ出しがありましたが、もっとこうすれば話を短くできたはずのことや、本と次の本への繋ぎがスムーズになる言葉の使い方について、先生のご指摘は的確でした。それが分かって、ああ~もし時間にこの余裕ができたら・・・。いっぱいトークの流れを考えたのだけど、本当はもう少し紹介したかったのに時間のために削ってしまったある本の内容部分のことを思うと、自分の紹介時間でのまとめにおいて、
わたしの最後の詰めが甘かったと反省。


 私たちのグループは、「冒険の旅」というテーマで紹介しました。(20分以内)

① 詩 「いちばんぼし」  まど・みちお少年詩集「まめつぶうた」より

② 絵本「いしのはなし  きれいでふしぎで やくにたつ ちいさなちきゅう」

③ 本 「宇宙への秘密の鍵」 

④ 本 「12月の夏休み ケンタとミノリの冒険日記」

⑤ 絵本 「おとうさんのちず」 


 「ブックトーク」実践の場が今自分の目の前にないのは残念ですが、
この考え方を、今後様々な場においても生かしたいと思っています。

 「読み聞かせ講座」に続き、今回も、皆勤賞でいただきました。 立派な・・・!(^^)

e0173350_23173479.jpg




[PR]
# by nagomi-no-kaze | 2016-11-08 23:22 | 道しるべ(私が出会った作品) | Trackback | Comments(0)

隕石だ!!




福岡県直方市(のおがたし)にある須賀神社には「飛び石伝説」があり、
このような言い伝えがあるそうです。

e0173350_18100567.jpg

「 861(貞観3)年4月7日の夜、
神社上空が突然真昼のような明るさになり、境内で激しい爆発音が起こった。
深くえぐられた穴をのぞくと、黒く焦げた石。
その石は桐箱に納められ、代々大切に受け継がれている。 」


e0173350_18100964.jpg




1981年に、この石は、国立科学博物館の専門家による鑑定の結果、隕石と認められました。
しかも、目撃情報のあるなかでは、世界最古ではないか!と。

5年に一度、須賀神社の秋の神幸大祭でその本物に会えることを知りました。
それは今年じゃん、こりゃ、見に行かなきゃ! 会いにいかなきゃ!



      今秋の須賀神社の神幸大祭は、10月22日・23日。
     このところ雨の多い九州は、週末両日ともに雨予報。
     神社に問い合わせますと、山車が市内を練り歩く際に、
     「隕石」サマも一緒にご披露されるそうでした。
     雨の降り具合によっては行列が出るのはどうなんだろう?と思い、
     旦那さんと早朝に出かけることにしました。


      22日は、やっぱり朝から雨降り。
     初めて行く場所で、自宅からバスを乗り継いで2時間ほどかかりましたが、
     無事に着きました。

e0173350_18102484.jpg


e0173350_18102832.jpg


      境内には既に、大きな山車が4台、人びとも雨具をまとい準備が出来ていて、
     その先頭を行く小さなお輿に、ご神体ともいうべき「直方隕石」のそのお姿が。
     今まさに出陣!のその時を待っておりました。
     これから、氏子さん、4台の山車とともに練り歩きます。
      隕石を一目見ようと集まった人々に囲まれ、地元テレビ局や新聞社もそれを取材中。
     わたしも見たいよ~!

e0173350_18104126.jpg


そして、何とか見れました・会えました~!!

e0173350_18103799.jpg



e0173350_18103290.jpg



対面する瞬間、ドキドキしました。

ずっと、ず~っと、ここで守られてきたのですね。

e0173350_18180249.jpg



e0173350_18181711.jpg


(A新聞社にインタビューを受け、地元福岡版 10月23日朝刊に
私たちのコメントが載ったのでした。)



e0173350_18181167.jpg
おつかれさま~ 


[PR]
# by nagomi-no-kaze | 2016-10-25 18:33 | 良きご縁に感謝! | Trackback | Comments(0)

秋模様 北九州市立文学館


北九州市立文学館  ここにも秋の気配が・・・。 
ツタの葉がどんどん紅葉していきます。

e0173350_21281437.jpg
 e0173350_21343378.jpg
e0173350_21342989.jpg
e0173350_21343669.jpg
昭和50年に建てられたそうです。建築家 磯崎新さんの設計。
アーチを描く天井が素敵です。
今年の11月1日、開館十周年を迎えるのだそうです。
司馬遼太郎展が、只今開催中!



文学館に隣接して中央図書館があります。
それぞれの入り口が向かい合わせになっていて、
最近、そこに、カフェがOpenしました。
本とともに過ごせる 憩いの空間です。
e0173350_21344299.jpg

e0173350_21343965.jpg
2回目の来店で、ランチを!と思ったら、
日替わりメニューは人気で完売。そこで、ミートパスタです。
ちょうどそこへ、ボランティア活動のメンバーの女性がやって来て・・・。
偶然の出会い、ランチが楽しくなりました。

前回、初めて入店した時にも、別のお友達でしたが、ここで遭遇。
タイミングもぴったりだなんて不思議と、お茶をご一緒できたのでした。



e0173350_21455432.jpg

ガラス窓の向こうは、向かいの文学館のステンドグラスの窓。
中をお見せできないのが残念ですが、
直径7mもあるステンドグラスは、内側から見ると荘厳です。
これも磯崎新さんのデザインだそうです。

文学館のサイトに、写真が掲載されています。




[PR]
# by nagomi-no-kaze | 2016-10-19 22:31 | 寄り道は楽し! | Trackback | Comments(0)

和みの風だより


by nagomi-no-kaze
プロフィールを見る
画像一覧