<   2016年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

11月の初共演

二週間ほど前になりますが、八幡西区木屋瀬(こやのせ)での、
「本の薫り 頁をめくる音」2回目の会のことをお話します。

2016.11.18(金)19時開演

北九州市内外で、朗読をされる古賀恭子さんの主催するこの会に、お声をかけていただきました。
この場にご一緒できたことは、本当にありがたいことでした。
この日はかなりの雨だったのですが、外の雨も何とやら、
会場となった古民家の雑貨店「恋もみじ」さんでは、室内が温かい雰囲気に包まれて、
天井の高さもあって響きが心地よいものでした。
古賀恭子さんの朗読にお客様は耳を傾けて聞き入っておられました。私もひきこまれました。

音楽は、アルパカのつくばさとしさんが、ギターとインディアンフルートを。ピアノは菊池一恵さん。
お二人とも、古賀さんとは共演されています。この日も素敵な音楽を届けてくださいました。

e0173350_22174684.jpg


e0173350_22461028.jpg


e0173350_22255964.jpg



e0173350_22252580.jpg


e0173350_22294729.jpg


e0173350_22262610.jpg

わたしがお届けした作品はこちら!


今回は八幡西区、そして木屋瀬付近に伝わるお話を探し、「饅頭石と大根川」をお届けしました。
これは、二つのお話から成り、真名子(まなご)という地域に伝わっている「饅頭石」のお話と、
香月(かつき)の里に伝わる「大根川」の名前の由来になったお話です。
どちらのお話にも登場する旅のお坊さんは、身なりのみすぼらしい様子だったのですが、
「人を見かけで判断してはならぬ」 という教訓が根底にあります。

一口饅頭を売っていたお婆さんが、ある日、そこを通りかかった旅のお坊さんが饅頭を欲しいと言ったのを、
「これは食われん饅頭じゃ」と言って、饅頭を放り投げてしまいます。お坊さんは何も言わずに立ち去った後、
売り物用も、放り投げたものも、皆、石になっていたという話。
実際に、饅頭に似た石が、出土するらしく、真名子の公民館に展示されていると聞きました。

大根川 は、はじめ(おおねがわ)と読むと思ったら、(だいこんがわ)でした。
この川は「黒川」から、そのような名前になったわけですが、
けちで有名なお婆さんが、川で大根を洗っていたところ、
そこを訪ねてきた旅のお坊さんから「大根を一本分けてほしい」と頼まれると、
けんもほろろにどなり断ったことから、その直後に、川の水が枯れてしまったという話です。
「だいこんがわ」で検索しますと、このお話がもれなくついてくるわけで、印象深い出来事ですね。

e0173350_22185387.jpg



次に、9月にもLIVE出演したときにご紹介した、
JR九州の小冊子 「Please」掲載された「バターパンのこと」という江國香織さんのエッセイ。
江國さんはバターをこよなく愛し、バターと名の付くものに目がないそうです。
友人から聞いたこの「バターパン」とは何ぞや? そして、小倉までわざわざやって来て食べたそのパンのことを書いてくださったものでした。
わたしも関東から来て、初めて知った「バターパン」。
これは、「シロヤ」というパン屋さんで売っています。写真は、小倉駅前のお店です。

e0173350_22210838.jpg


e0173350_22220157.jpg

甘さ控えめなバタークリームがパンにつつまれています。
1個70円でした。が、⇒最近値上がりして90円ですね。
ほかにも、サニーパン(練乳入り)、サンドイッチも買ってしまった。

e0173350_22222227.jpg


もちろん食パンもありますよ。  
人気のオムレット(1個40円)は一口サイズの小さなおやつ。なつかしのお味。
お土産に沢山買っていく人をよく見かけます。


話は戻って、江國さんの文章は、読んでいて本当に面白いです。
わたしは小説も好きですが、エッセイも、文章のセンスがいい! 
この記事は毎月の楽しみにしています。



[PR]
by nagomi-no-kaze | 2016-11-30 22:44 | Live Report | Trackback | Comments(0)

子どもたちに本を!「ブックトーク」の講座より

 季節柄「読書の秋」も楽しみの一つ。 最近、なにか面白い本に出会えましたか? 
わたしも、ずっと気になっていた本を読んだり、たまたま目についた本を手にとってみたり、
北九州市出身の作家の本にも興味を持ったりしています。

 そんな中、北九州市立中央図書館での「ブックトーク講座」(全3回)受講しました。
これは子どもたちへの読み聞かせボランティア講座のひとつで、講師による解説と実習も兼ねた内容でした。

 「ブックトーク」とは、図書館業務のひとつとしていう場合、
「あるテーマに沿って、数冊の本を順序良く、上手に紹介すること」のようです。

これは、子どもたちが本に親しむ・読むきっかけを作ることに繋がります。
読み聞かせやおはなしを語り、子どもたちが本を知るためのアプローチもあるのですが、
方法は、それだけではありませんね。
 「ブックトーク」には、様々なジャンルの本を紹介できるチャンスがあります。
そのためには、テーマを持つこと、私達の本の知識や紹介の仕方に工夫する力も必要で、考えることが沢山あります。あらゆるものがテーマになりますが、子どもたちの興味をひくものは何だろう?と考えることも楽しみです。
 講師の先生の例を見せていただくと、テーマがあとからわかる仕組みであったり、
例えば「食べる」・「食べられる」のように、真逆な言葉を使うテーマを見出すことも、面白い考え方でした。正直、もっと講義を聞きたかったのですが、グループに分かれて実践していかなければなりません。
 三人でたまたま持ち寄った本からテーマ決めと選書を始めたので、話し合いの途中で変更した本もありました。お一人当日に来られない予定であると聞いていたので、選書までは三人で行って、
その後、二人で集合し、選んだ5冊の本の紹介の組み立てをしていきました。
 お互いの持ち時間、担当する本も決めて、いよいよ最終回の今日、その事例発表をしました。

流れを組み立ててきたことを実際に人前で紹介をしてみると、私の内容にも先生からのダメ出しがありましたが、もっとこうすれば話を短くできたはずのことや、本と次の本への繋ぎがスムーズになる言葉の使い方について、先生のご指摘は的確でした。それが分かって、ああ~もし時間にこの余裕ができたら・・・。いっぱいトークの流れを考えたのだけど、本当はもう少し紹介したかったのに時間のために削ってしまったある本の内容部分のことを思うと、自分の紹介時間でのまとめにおいて、
わたしの最後の詰めが甘かったと反省。


 私たちのグループは、「冒険の旅」というテーマで紹介しました。(20分以内)

① 詩 「いちばんぼし」  まど・みちお少年詩集「まめつぶうた」より

② 絵本「いしのはなし  きれいでふしぎで やくにたつ ちいさなちきゅう」

③ 本 「宇宙への秘密の鍵」 

④ 本 「12月の夏休み ケンタとミノリの冒険日記」

⑤ 絵本 「おとうさんのちず」 


 「ブックトーク」実践の場が今自分の目の前にないのは残念ですが、
この考え方を、今後様々な場においても生かしたいと思っています。

 「読み聞かせ講座」に続き、今回も、皆勤賞でいただきました。 立派な・・・!(^^)

e0173350_23173479.jpg




[PR]
by nagomi-no-kaze | 2016-11-08 23:22 | 道しるべ(私が出会った作品) | Trackback | Comments(0)

和みの風だより


by nagomi-no-kaze
プロフィールを見る
画像一覧