<   2015年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

朗読とヘルマンハープのコンサートのご案内

 12月に、東京都豊島区にて出演予定につき、ご案内をいたします。


 東京都では、 11月25日からの犯罪被害者週間にちなみ、今年も開催事業が予定されています。
 今年は豊島区との共催行事において、ヘルマンハープ奏者の林智子さんと出演し、
コンサートをさせていただきます。今回、息子さんを交通事故で亡くされたのを機に
製作された絵本を朗読予定です。

 日時:平成27年12月18日(金)13:00~15:40 (開場12:30)
会場:豊島区役所 としまセンタースクエア 
http://www.city.toshima.lg.jp/chosha/access.html

 内容:講演、ダンスパフォーマンスに続き、朗読とヘルマンハープのコンサートの予定です。

その他
・入場無料
・定員200名 当日先着順
・手話通訳あり
・一時保育あり(要事前申込、9か月以上の未就学児、定員あり)

※お電話での申し込みが必要です。
 申込締切 12月10日(木)
【申込先・問合せ先】
豊島区総務部総務課総務グループ
 電話:03-3981-4451



このイベントの詳細は、東京都総務局人権部のサイト
http://www.soumu.metro.tokyo.jp/10jinken/tobira/event.html
または、11月1日付けの東京都の広報誌の掲載をご覧ください。

 年末に向けてお忙しい時期と存じますが、
よろしければ、どうぞ聞きにいらしてくださいませ。
[PR]
by nagomi-no-kaze | 2015-11-10 11:35 | 出演します! | Trackback | Comments(0)

わたしも、焼うどんう・マイスターに!

小倉焼うどん研究所主催の
焼うどんう・マイスター講習 最終日。

本日(11月7日)検定試験を受けまして、
参加者みなそろって、
「焼うどんう・マイスター」に認定証をいただきました。万歳!
e0173350_2258315.jpg


 認定証といっしょに、番号と名前の入ったへらを
所長さんから一人一人に授与されました。
へらは、先月、10月18日にギネス世界記録に挑戦したときに
使用したもの。これに、副所長さんが手掛けてくださったのです。
 
 うれしかったですねぇ~(⌒∇⌒) 飾ろう!


 そして今晩は、焼うどんにしました。
定義の通り、乾麺を茹でてから使用。 やはり、食感が違います。
でも、削り節は、アジ・サバ節が基本なのですが、我が家では普段使いのかつお節に。
e0173350_22583689.jpg



 ところで、本日の講習の会場は、門司赤煉瓦プレイスという場所でした。
そこへ向かうために小倉から電車(JR)に乗ったら、車体のデザインが門司港。
まぁ素敵! 思わず撮りたくなって。観光客気分そのものです。

e0173350_22593295.jpg

e0173350_230425.jpg






e0173350_2312179.jpg


小倉から一つ隣の駅 JR門司駅で下車。
海に向かって歩いてすぐ。
見えてきたのは、煉瓦造りの建物。門司赤煉瓦プレイス。


今日はあいにく、雨のあとに霧が残っていたのですが、
煉瓦の風合いと融合? 重厚感のある外観に思われました。
e0173350_2314066.jpg

e0173350_2315579.jpg


大正12年築のこの建物は、元はサッポロビール九州工場だったのです。

現在は、醸造の資料館、レストラン、会議室、ホールなどがあり、利用できるようになっています。



施設のなかでも、二つのホールがあってそれぞれ見せていただいたら、
天井も高く、響きも良く、そのままで十分に良い雰囲気。
実際にここで開催される演奏を聞いてみたいと思いますが、
このような場所でコンサートが出来たら・・・と、夢のような想いをめぐらせておりました。

観光にもおススメしたいところです。
詳しくは、こちらのサイトをご覧ください。 写真も素敵に紹介されていますよ。

http://mojirenga.jp/index.php


[PR]
by nagomi-no-kaze | 2015-11-07 23:14 | 良きご縁に感謝! | Trackback | Comments(0)

大分に行ってみよう!

引越した直後のこと、テレビの旅番組で
大分県にある「くじゅう高原」の情報を見ました。
地元の人が「秋には特に人が沢山来ちゃうから、あんまり放送しないで!」とコメントするほど、
季節ごとに自然の風景が素晴らしいのだそうです。

こんなことを聞いてしまったら、行かないはずがないじゃない!

秋がやって来たのでそろそろ行ってみようかと、旦那さんと一緒に
高速バスとカーシェアリングを利用して向かいました。

とはいえ、大分といえば、温泉も楽しみたい!名物の鶏天も食べたい!
まずは別府に降りて、どちらも楽しみました。 最高です!
そうです、温泉たまごもね!
e0173350_21273516.jpg

お食事処にあった、別府の文字がこんなお洒落に!
e0173350_2151927.jpg



さて、大分から車を借りて、くじゅう方面に順調に向かいますと、
「夢の大吊橋」の看板を発見!
長さ390M 一番高いところで170Mだそうで、日本一の吊橋だそうです。
ここを渡るには有料(往復して500円)ですが、
橋の上から見られる、紅葉し始めた山の色彩と、三本の滝。一見の価値ありです。

e0173350_2175043.jpg


e0173350_2183540.jpg


e0173350_219193.jpg


e0173350_21102186.jpg


大吊橋の詳しい情報はこちらをどうぞ! 橋の全景も見れますよ。
http://www.yumeooturihashi.com/index.html



くじゅう高原の周辺にも多数の温泉があります。
自然を愛でる、楽しめるところでした。

e0173350_2125262.jpg


e0173350_21252642.jpg


今回、湯坪温泉付近にある「小さなお宿 叶館」にお世話になりました。
一日に2組の予約とのことでしたが、急なキャンセルで、私たちは貸し切りとなりました。
露天風呂も含めて3つの温泉があって、それぞれの趣を楽しみました。いいお湯です。
e0173350_21115630.jpg


e0173350_21124326.jpg


朝は窓の景色が見えるので、お山を見ながらの朝食でした。
e0173350_21131447.jpg
e0173350_21134163.jpg




翌日は11月。朝の冷え込みはさすがに厳しく、冬の訪れを迎えた気分でした。
お宿の女将さんは、「温泉があるから、やっていける」と笑っていましたが、
これから始まる冬の寒さとは3月までは共存だそうです。 雪も積もるそうですよ。

このお宿のお庭には、立派な木があって、最初は一本かと思ったら、夫婦のようでした。
e0173350_21155033.jpg

e0173350_21153472.jpg



e0173350_21163958.jpg

季節ごとにお花が楽しめて、向こうに見える山並みと湯けむりの風景は、
忘れかけていた何かを思い出せるような気がして、ずっと見ていたい光景でした。

e0173350_2124957.jpg


e0173350_21243270.jpg

[PR]
by nagomi-no-kaze | 2015-11-04 21:36 | マタサブロウ旅日記 | Trackback | Comments(0)

和みの風だより


by nagomi-no-kaze
プロフィールを見る
画像一覧