<   2015年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

5月30日 高井戸図書館朗読コンサートお申込みをありがとうございます!

お知らせしたばかりなのですが、
5月30日(土)杉並区立高井戸図書館での「初夏の朗読コンサート」は、
4月21日(月)より、お申込みの受付を開始したのですが、
早くもお申込みが多く寄せられました。定員数を満たしたそうです。
どうもありがとうございました。

図書館のほうでは、今年は、定員数を増やしていたこともあり、
たくさんの席を設けることが出来ないと思われます。
若干のキャンセル待ちを受付てくださるそうですが・・・。
申し訳ございませんが、ご希望に添えないときには、ご容赦ください。

年に一度の開催ですが、楽しんでいただけるように、
また次年度も呼んでいただけるように、
今年も一生懸命努めたいと思います。

感謝をこめて。

写真は、昨秋の公演の様子です。
e0173350_221265.jpg

[PR]
by nagomi-no-kaze | 2015-04-22 22:01 | 出演します! | Trackback | Comments(0)

5月の朗読コンサートご案内

5月はこちらで出演いたします。どちらも年一回の公演で、
只今、応募・予約を受付中です。 よろしくお願いいたします!


<三鷹市山本有三記念館 春の朗読コンサート>
e0173350_21474044.jpg

e0173350_21475576.jpg












日時:2015年 5月 15日(金)・16日(土)18時 開演
今年で7回目を迎えます!戯曲に初挑戦です!
出演:野田香苗(朗読) 中村華子(笙)
朗読作品:戯曲 「ウミヒコ・ヤマヒコ」(初出 大正12年)ほか
演奏曲目:越天楽 、光降る音(東儀秀樹)
応募先: 往復はがきにて郵送 山本有三記念館「朗読コンサート」係まで。
応募締切:4月30日(木)必着
詳しくは、こちらをご覧下さい。http://mitaka.jpn.org/voice/yuzo/1885.php






<杉並区立高井戸図書館 初夏の朗読コンサート>

e0173350_22232689.jpg


3回目を迎える今年は5月に開催。 共演楽器はこれまでと同じく、ヘルマンハープです。
日本の児童文学作家 浜田廣介さんの「琴の名人」を取り上げて読ませていただきます。
受付:4月21日より電話予約です。 高井戸図書館 :03-3290-3456 


皆さま、お誘いあわせのうえ、ぜひ、聞きにいらしてくださいね。
[PR]
by nagomi-no-kaze | 2015-04-20 22:27 | 出演します! | Trackback | Comments(0)

風流楽ふる~ら 春のコンサート(2015)終演しました。

2015年4月18日(土)松本記念音楽迎賓館(世田谷区)にて
今春のコンサート 同内容2回公演をお届けし、無事に終演しました。
ご来場くださいました皆さまには心より感謝を申し上げます。
そして、会の開催に快くお手伝いしてくださったスタッフの皆様に感謝しております。
本当に、どうもありがとうございました!

例年より遅めの日程開催でしたが、
当日の朝の青空、建物を囲む庭園の新緑も目にうれしく、
いつ来ても素敵な場所です。
e0173350_004684.jpg



休憩なしの一時間のプログラムで、チェンバロの演奏、楽器や音階のおはなしにも
興味津々。 その後に、朗読とチェンバロによる、あまんきみこさんの2作品。
「くもんこの話」と「ひゃっぴきめ」をお聞きいただきました。

「くもんこの話」では
奏者 渡邊温子さんの作曲の音楽がメインのテーマに! 
テンポや演奏の仕方を変えてみながら、リフレインされていき、
お話の流れに合った構成となりました。

「ひゃっぴきめ」は、日本の猟師とシカのお話で、
シカの森で起こる不思議な現象にどうせまっていくか、
音楽との掛け合いもなかなか緊張感が募るようになったのでは
ないかと思います。 死生観も深く感じられるこのお話の奥深いところへ
言葉と音楽が導いていくことが出来ていたら、幸いです。

選ばれた楽曲について詳しくは、渡邊さんのブログにもご紹介がありますので
こちらをどうぞお読みください。



あまんきみこさんの作品を、風流楽コンサートで取り上げたのは初めてでしたが、
今回、とてもいい勉強になりました。
事前にあまんさんの随筆も参考に読ませていただいたのですが、
言葉をよく知っておられて、きちんとした日本語を使われていることに関心を持ちました。
そして固くない、むしろやわらかな表現方法に親しみを感じますし、
声に出して読むことで、こちらが心癒される思いがいたします。

このような気持ちも一緒に、朗読で伝えられていたらうれしいなと思っています。

終演後、アンケートやメールで寄せられたコメントに
再演の希望や、感じられたお気持ちを知り、心温まり、今は少しほっとしています。

会場のAホールにて 共演の渡邊温子さんと、チェンバロとご一緒に。
e0173350_0153370.jpg

[PR]
by nagomi-no-kaze | 2015-04-20 00:17 | Live Report | Trackback | Comments(0)

4月18日は、風流楽 春のコンサート(2015年) 

今春も、チェンバロ奏者 渡邊温子さんとお届けします
 風流楽(ふる~ら)コンサート。
「見える? 聞こえる?」
~チェンバロとあまんきみこの不思議な世界~
日時:4月18日(土)同内容2回公演
開演:①11:30~ ②14:00~
会場:松本記念音楽迎賓館
会費:一般 2,000円 小学生 1,000円 

お申込み:ふる~ら aac16550@pop17.odn.ne.jp


演目に選びましたお話は、日本の絵本・児童文学作家のあまんきみこさんの作品から
二つの対照的なお話です。

「くもんこの話」は、ほんわかした春の陽気のなか、小さなサヨちゃんとひいおばあちゃんの
物語。 サヨちゃんが見つけたまっ白く光る花。
その名前をどうしても知りたくて、ひいおばあちゃんに尋ねたら「雲の花」と答えが返ってきた。
そして、その花にはひいおばあちゃんの大切な思い出がありました。

「ひゃっぴきめ」は、
「わたし」の家の近くの森にある泉にはこしかけ岩があって、その岩が語ってくれたお話。
むかしむかしその森で、ある日猟師の「こやた」がひゃっぴきめの鹿をしとめた。
そのあと、こやたの身に起こったことは。。。!
なんともふしぎな、信じられないような、何故?何?の出来事だった。



動物からも自然の豊かさからも教えられるやさしさが、心にしみる、あまんきみこさんの
作品の世界観。
私は以前「ぽんぽん山のつき」を幼稚園や小学校で二胡と一緒に語らせていただいて、
聞いて下さった方もいらっしゃると思いますが、実にいいお話でした。

今回はチェンバロの音色がお話の雰囲気を盛り立ててくださいます。
そして、チェンバロの楽器のお話や、独奏ではD.スカルラッティの曲をお楽しみいただけます。

お子様も一緒に聞いていただけますので、お問い合わせください。
ぜひ、いらしてくださいね。


(2014年秋 松本記念音楽迎賓館)
e0173350_1228147.jpg

[PR]
by nagomi-no-kaze | 2015-04-05 12:33 | 出演します! | Trackback | Comments(0)

春、華々


三月から四月へ

花ひらく周りの景色を見ていると、
新しいことに向かっていく気持ちを
起こさせてくれる。

e0173350_13293299.jpg



e0173350_1330099.jpg


あなたは何を始めますか?

e0173350_13303398.jpg

[PR]
by nagomi-no-kaze | 2015-04-04 13:33 | しあわせの和 | Trackback | Comments(0)

和みの風だより


by nagomi-no-kaze
プロフィールを見る
画像一覧