<   2014年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

-

e0173350_1321284.jpg

「爽風に寄せて」

JR東十条駅にて、活けさせて頂きました。
2014.4.12〜19まで
ブプレリューム、ヤシ、バラ

野田双歓
[PR]
by nagomi-no-kaze | 2014-04-12 13:02 | Trackback | Comments(0)

歓送迎会

e0173350_1253453.jpg

4月11日 金曜日

長年お世話になった仕事先で、送別される側で出席。ステキな花束、お菓子を頂きました。

出勤する日も残り少なくなりましたが、
最後まで笑顔で頑張りたいと思います。
[PR]
by nagomi-no-kaze | 2014-04-12 12:53 | Trackback | Comments(0)

三鷹市山本有三記念館「朗読コンサート」ご案内

毎年1回の開催で、これまでに5回公演いたしましたが、
お葉書での応募多数により、「なかなか当選しない!」と思われていた方にはこれまで申し訳ございませんでした。  
第6回目を迎える、2014年は、なんと2回開催されることになりました!
5月16日(金)、17日(土)と、同一のプログラムで2回公演となりましたので、
今年も是非ご応募をお待ちしています。  

今では珍しい西洋館の建物で、暖炉のある広間で聞く「朗読コンサート」です。
JR三鷹駅南口から、新緑の映える「風の散歩道」を歩いて、聞きにいらっしゃいませんか?


このコンサートに関する詳細は、 こちら
三鷹市山本有三記念館の発信するサイトをご覧ください。
http://mitaka.jpn.org/voice/yuzo/1591.php


毎回、音楽家をお招きしておりまして、目の前で演奏される姿、音の響きをお楽しみいただけます。

今年は、マリンバ奏者の塚越慎子さんとご一緒します。
塚越さんは国内外でご活躍が目覚ましく、輝かしいご経歴!
今年2月、紀尾井ホールでのリサイタルを私も聞きに行っておりましたが、
演奏、表現も凄い!そして笑顔も魅力的!です。

朗読作品は、随筆の作品を3つ選びました。 (チラシに掲載しています。)
一つ一つの話題によせる想い、そこに、音楽の世界が加わって・・・聞いていただきたいのですが、
「こういう作品も書いていたのね!」と知っていただけたら幸いです。

マリンバの楽曲も異なるジャンルで選曲いただきました。
目も耳も多彩な音色でつつまれることでしょう。






 
[PR]
by nagomi-no-kaze | 2014-04-08 20:30 | 出演します! | Trackback | Comments(0)

春のコンサート、終演いたしました~!

3月 26日 「わ・わ・わ コンサート」
3月 28日 「風流楽 春のコンサート」
無事に終演しました。

どちらも春の温くもりある佳き日となり、お忙しい中を足を運んでくださいまして、
ご来場の皆様、 どうもありがとうございました。


平日、そして年度末でお仕事のお忙しいさなか、
応援メッセージを送ってくださった皆様、本当にうれしかったです。ありがとうございました。


3月26日の「わ・わ・わコンサート」は、 ランチタイムコンサートでした。
会場と同じ道沿いに、国立市役所、そして近隣の会社などにお勤めの皆さん、
お近くにお住まいの皆さん、 交通機関を利用されて聞きに来てくださった皆さん、
ロビーがもういっぱいになっていて・・・!
お客様は男性も女性も、お子様も、年代も様々に、ヘルマンハープを楽しんでいただき、うれしかったです。

大事なお昼休み、お急ぎの方もいらっしゃるのに 一生懸命聞いてくださっていて、気になりました。
お昼ごはんは食べられましたか?

このような形で演奏するのは初めての経験でしたが、企画としてとてもいいなと思いました。
私も住む地域にこんなコンサートが聞けたら、いつも行きたくなるだろうな。


3月28日、風流楽(ふる~ら)コンサートは、今春も2回公演。
『パリのおばあさんの物語』(千倉書房)を、チェンバロの演奏とともにお届けしました。
<撮影 ボックリ博士>
e0173350_114212.jpg
e0173350_11425426.jpg



パリに住むおばあさんが、自分の人生を振り返って想いを語ります。若かったころの
楽しい思い出、戦争中にやむを得ない事情で家族との別れなければならなかったこと、 
また元の生活に戻るまで、少しづつ、少しづつ、折り合いをつけていかねばならなかったこと、
そして、現在、子どもたちの幸せを願うとともに、自分が向き合っていく「老い」についても
「順番である」と理解すること。 





ともかくもと、彼女は思います。
「やりたいこと全部ができないのなら、できることだけでもやっていくことだわ。」(『パリのおばあさんの物語』より抜粋)




チェンバロ奏者の渡邊さんが音楽を構成されて、
フランスの香り、シャンソンをチェンバロで、という試みも良かったですし、
物語の後半は、心静かに音楽に耳を傾けるシーンもあり、なじみのあるメロディに心弾み、
素敵な作品になって、お届けすることが出来たように感じます。


4月1日にも、同じく松本記念音楽迎賓館で、
関係者様のお集まりの会があって、この同じ作品を聞いていただきました。
私よりずっと大人の方々にお届けするのに、緊張もありましたが、
何かを受け取って感じてくださったのではないかと思います。
この機会も、本当に有難かったですね。

これからも、この作品は、どこかでまた聞いていただきたいと思っています。



1日は、東京は桜が満開! もういっぺんに色々な花々が咲きました。

ここ松本記念音楽迎賓館では、庭園とお茶室が本当に素敵です。
お抹茶とお菓子をいただきながら、渡邊さんと、しばし、春の憩いの時間を一緒に過ごすことができました。

ご褒美をいただいたような、ひとときでした。

e0173350_122276.jpg

京都から移築されたお茶室、「希望亭」にて

<渡邊さん撮影>
e0173350_1232287.jpg

e0173350_1253125.jpg
e0173350_1292252.jpg


e0173350_12115530.jpg


1軒の邸宅に、本当に広い敷地の日本庭園です。 山桜とソメイヨシノ、クロマツなどの大きな樹は
世田谷区の保存の樹木に指定されているようです。

またいつか、散策もお楽しみに、この記念館へお越しくださいね。
[PR]
by nagomi-no-kaze | 2014-04-03 12:16 | Live Report | Trackback | Comments(0)