<   2013年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

今年の弥山山頂の思い出(2013.05.11~12)

五月はG.Wがありますから、あっという間ですね。
連休後に出かけまして、その時の思い出を少し。

11日、奈良県 天河神社の「弥山奥宮大祭」が行われるにあたり、
今年もご登拝させていただくことができました。

前日の10日、近畿地方は夕刻より雨降り始め、明けてもまだ降りやまぬ、
11日は大雨の中での登山となりましたが、
12日、弥山山頂(1895M)より、御来光を拝むことができました。

自然の神秘にふれる、とてもいい機会に恵まれました。


e0173350_2334011.jpg
e0173350_23344021.jpg
e0173350_2335056.jpg
e0173350_23354339.jpg
e0173350_23361439.jpg


※ 残念なのは、カメラの日時の設定がよろしくなくて、日付が一日ずれてしまったこと。
  撮影したのは、5月12日の朝のことでした。


 こちらは、弥山からみた八経ヶ岳、近畿地方で一番高い山です。
e0173350_23402255.jpg



  弥山 奥宮
e0173350_2340698.jpge0173350_23403234.jpg






e0173350_23412172.jpg






e0173350_23414415.jpg













どんどん、降りていくと、雨の中では見えなかった景色が現れて・・・。
川の水の流れが聞こえてくると、登山口付近まで戻ってきた~と安堵するとともに、
ちょっぴり寂しい気持ちも。  また来たいな、登りたいなと思うわけですね。
e0173350_23431345.jpg





空を見上げると、 お日さまは頭上に輝く頃、そして、日輪。 
e0173350_2347258.jpg



翌日の12日は、何とも初夏らしい陽気となっていたのでした。

終わりよければ全て良し!  (笑)
有難いことでした。
[PR]
by nagomi-no-kaze | 2013-05-30 00:03 | マタサブロウ旅日記 | Trackback | Comments(0)

三鷹市山本有三記念館 春の朗読コンサート

5月18日(土) 18時より開演。 今年も有三作品を朗読しご紹介することができました。
定員45名に対して4倍というたくさんのご応募をいただいたそうです。 ありがとうございました。

e0173350_2372384.jpge0173350_237158.jpg



クラリネット奏者 人見 剛さんをお迎えしての朗読コンサート。
館内に響く多彩な音色は、窓の外の景色が刻々と夕闇へと変わる時間帯に、次第にはまっていくように
耳にやさしく届いたことでしょう。

今回のプログラムは、朗読も音楽もとてもやりがいのある作品を選ぶことができたように思います。
そして、人見さんからのご提案を受けてこれまでとは違った運びで、60分を構成しました。

作品を重視し、ジャンルの違う言葉と音楽がお互いの役割を担いながら、一つの大きな流れを作っていく。
お話を聞き、音楽が続いて繋がる。 また音楽を受けて、お話が繋がる。
最後まで通してみると、とても自然な形でした。

軽快な音楽、瞑想的な音楽、牧歌的な音楽、緊張感を強いる音楽、
2本のクラリネットが奏でる多彩な表現は、本当に素晴らしかったです。

最後は、詩「心に太陽を持て」をご紹介。
ドイツ語:原詩 (ツェーザル・フライシュレン作)を人見さんが読み、(ドイツ語堪能のためお願いしました。)
日本語:山本有三氏が手がけて生前最後の形となった訳を、日本語で私が読み、
音楽:その訳に團 伊玖磨 氏作曲の音楽を、人見さんがクラリネットで演奏。

という形でのご紹介が今回叶ったことは、記念館の方々にとっても、私にとっても嬉しいことでした。



ご来場くださいましたお客様、本当にどうもありがとうございました。

残念なことに外れてしまった方々には、本当に申し訳ございませんでした。 

また来年のチャンスがございましたら私もうれしいですが、 
その時はこの記念館でお目にかかれるといいですね。
[PR]
by nagomi-no-kaze | 2013-05-19 23:41 | Live Report | Trackback | Comments(0)

和みの風だより


by nagomi-no-kaze
プロフィールを見る
画像一覧