<   2013年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

風流楽 春のコンサート 終演しました。

3月もいよいよ終わりますね。 29日(金)は、風流楽の春のコンサート、無事に終演しました。
薄曇りのなかで見る桜の様子は、薄い桃色がきれいに見えるものです。
桜の花満開のときに開催できたことは、素晴らしい演出も加わった感じがしてとても有難く、幸せな思いでした。 ご来場のお客様にも喜んでいただけました。 やっぱり、日本の花ですね。

月末の金曜日、そして年度末でもあるこの日程に、お時間を作って聞きにいらしてくださり
ご来場、誠にありがとうございました。

今回は、チェンバロの音楽をじっくり聞いていただけましたし、
朗読と音楽では、言葉と音楽とで紡ぐ形で作品をお届けできたと思います。
皆さまとご一緒した60分が、お気に召していただけたなら幸いです。

ボックリ博士が撮影に来てくださいました。
心強いスタッフさんたちが関わってくださいました。
ありがとうございました!!
 

そして、共演のチェンバリスト渡邊温子さん、今回も素敵な演奏をありがとうございました。
[PR]
by nagomi-no-kaze | 2013-03-30 23:05 | Live Report | Trackback | Comments(0)

桜のたより

桜の花が咲き始めましたね。 木々も色づいて、まわりもどんどん明るくなっていく・・・。
やはり、いい季節になってきました。

来週、29日(金)に、風流楽 春のコンサートを予定しています。
席に余裕がありますので、今からでも、もしよろしければお問い合わせください。

風流楽 春のコンサート

会場の松本記念音楽迎賓館では、日本庭園があります。やまざくらの木は三分咲きとの便りがとどきました。
当日はお茶席も予定されています。別途予約 おひとり300円(お抹茶・お干菓子)
桜を愛でながらのひとときを、どうぞお楽しみくださいね。
[PR]
by nagomi-no-kaze | 2013-03-22 11:27 | 和みの風だより | Trackback | Comments(0)

きょうで2年

今朝の朝刊で、
一面の見出しはやはり震災から2年経ったこと。
「区切りじゃない 忘れない」という大きな文字が胸をうった。

現地でないと分からないことが、今でもあるのだろう。
それは、私の想像をはるかに超えたことなのだろう。

測り知れないことだろうけれども、今同じ時を過ごす者として
いつでも頭に心に想いを抱いていたいです。
[PR]
by nagomi-no-kaze | 2013-03-11 19:09 | 今日のできごと | Trackback | Comments(0)

風流楽 春のコンサート 3月29日です!

お知らせします。

風流楽 春のコンサート
「猫の結婚式」

とき:  3月29日(金)じかん:2回公演 ① 11:30~  ②13:30~
    約60分のプログラムです。

ばしょ: 松本記念音楽迎賓館 (世田谷区岡本2-32-15)
 
前売:2,000円 当日:2,500円 小学生 1,500円

<演目>
朗読と音楽:猫の結婚式 (安房直子作)
チェンバロ独奏:フランス組曲 ト長調 J.S.バッハ ほか

 語り・朗読:野田香苗
 チェンバロ:渡邊温子

 主催:風流楽  後援:日本チェンバロ協会



安房直子さんの作品は大好きでよく読ませていただきますが、
風流楽でご紹介するのは始めてのことです。 
春の喜びとともに新しい生活スタートのこの時期にぜひ聞いていただきたい作品です。
猫好きの人も、そうでない人も、幸せな瞬間を夢見て・・・。
華やかなチェンバロの音色を活かしてお届けします。
この作品が鮮やかに感じていただけたら幸いです。


お問合せ・お申込は、風流楽(ふる~ら)
aac16550@pop17.odn.ne.jp
[PR]
by nagomi-no-kaze | 2013-03-10 14:37 | 出演します! | Trackback | Comments(0)

春が近づいて・・・

ご無沙汰をしてしまいました。
春のような温かさ、それとともに、花粉だけではなく有難くないものが飛んできている様子、
マスクが手放せませんね。

さて、2月17日は、草の実でのコンサート、無事に終演しました。
ご来場のお客様、ほんとにありがとうございました。 皆さんの、温かいメッセージ、
そしてチケット代の一部を、福島県に送られることになります。

今回は、歌と朗読とヘルマンハープ。
西山琴恵さんのやさしい歌声で、日本の歌とフィンランド民謡、
それから、フィンランド民族楽器「カンテレ」の音楽をヘルマンハープで演奏、
共に、フィンランド叙事詩「カレワラ」を一部ご紹介させていただきました。
色々と面白かったですね。 

次回「光のベールにつつまれて・・・vol.5」は、4月14日(日)15時開演と決定しました。
朗読とヘルマンハープでお届けする予定です。 詳しくは、改めてご案内します。


3月3日は、雛祭り。 そして、女性の日としてイベントが行われていたようです。
アンサンブルりんのねも、新宿区主催のイベントに出演させていただきました。

午前中に、ピアノの弾き語り、ヘルマンハープ演奏、ベリーダンスの3団体が出演し、
女性のためのコンサート「いつまでも健やかに輝いて」が開かれました。

最初にお話を聞いたときは、面白い組み合わせとメンバーで話していましたが、
当日は、それぞれが頂いた時間のなかで見せる・聞かせる、楽しいコンサートとなりました。
私たちも、全部を見られなかったのが残念でしが、会場の雰囲気や、すれ違うパフォーマーたちの
雰囲気を感じてたのしかったです。


歌の力に励まされ、ヘルマンハープの繊細な音色に耳をすまし、
最後は目にも鮮やかな衣装でステージいっぱいに躍動感を伝えるベリーダンスに、
お客様からは期待以上だったの声が多かったようです。
20代から80代まで、幅広い年齢層のご参加にうれしく、笑顔で過ごしてくださったのならば、
こんなにうれしいことはありませんね。

このコンサート、今回初めての開催でしたが、来年も続くイベントになりますように。


りんのねは、5名で参加。
・星に願いを
・ララルー
・シューベルトの子守歌(ソロ)
・宵待草(ソロ)
・花のワルツ
・愛の花束

楽器の紹介や説明もきいていただきながら、初めて見聞きする楽器に興味を持っていただけたようでした。

開演中もそうだけど、終演後はも~っと笑顔(^^) 
アンサンブルりんのね (新宿区四谷区民ホールにて)

e0173350_0362824.jpg

[PR]
by nagomi-no-kaze | 2013-03-09 00:40 | Live Report | Trackback | Comments(0)