<   2012年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

スーホの白い馬

絵本で『スーホの白い馬』を読まれた経験のある方は多いと思います。
モンゴルの民話ですね。 赤羽末吉さんの絵がお好きな方もいらっしゃることでしょう。


私が、「朗読コンサート」(物語と音楽による構成で行う)を行っていく中で
この物語は、公演回数として1番多いと思います。
橋本スタジオ(東京都杉並区)主宰で、小学校を中心に「朗読コンサート」を展開されていたのを
私は友人の紹介で、知ることになったのです。

橋本さんは、二胡と馬頭琴の奏者です。 そして、馬頭琴こそがこの物語にかかせない楽器。
そして、小学校では2年生の国語の教科書に、この物語を3学期に習う学校もあることから、
生で、その演奏を聴くことができるのは貴重な機会と、
この冬の時期に公演依頼が多いそうです。

橋本スタジオ「朗読コンサート」には、私は、2002年から、朗読者として参加。
4年ほど前からは不参加の時期もありましたが、
また、少しずつ出演の機会をいただいて、この冬も参ります。


スーホの白い馬

モンゴルの楽器、馬頭琴は、なぜ生まれたのか?
それには、こんな由来があったという書き出しで、物語は始まります。
スーホは貧しい羊飼いの少年ですが、白馬と出会って、
はぐくむこと、守ること、そして、心の強さをもって青年へと成長する過程が
描かれています。
スーホは、大きな競馬の大会に白馬に乗って参加し、優勝するのですが・・・。


私は、モンゴルの雄大な草原風景をいつも心に、風、歌、心、をベースに読み進めています。

「わたしは、けいばに来たのです。 馬を売りに来たのではありません。」
スーホが勇敢に、とのさまに言い放つこのセリフが、私は好きです。


今朝は、杉並区立四宮小学校。
昨晩の雪の影響で路面が凍結するほど冷え込んでいました。
8時半からの公演開始で、これまでに一番早い時間帯でした。
まだ冷えきった体育館に、2年生の子どもたち、先生方、ご父兄の皆様が
集まって、60分聞いていただきました。

子どもたちの興味津々な目線、耳を澄ます表情に、いつもいつも助けられているな~と
思いながら、今日もうれしく読ませていただきました。
この学校では、これからお勉強することになるそうで、
授業では音読などもするそうです。 今日のことを思い出してくれるといいな。


今後の予定 
(杉並区)
・2月28日 西田小学校
・3月6日  高井戸小学校

(小金井市)
・3月7日  東小学校


子どもたちとの出会いを楽しみに、また、語りにいきますね!
[PR]
by nagomi-no-kaze | 2012-02-18 22:13 | 道しるべ(私が出会った作品) | Trackback | Comments(0)

-

e0173350_15411285.jpg

昨日から、
箱根に来ています。
良いお天気ですが、
山からの風はさすがに冷たい!(^o^;

今日は午後にポーラ美術館に行きました。
只今はこちら。
印象派の絵画展です。

モネの『散歩』という作品が、光線を意識して描かれていて、とても美しいと思いました。
ルノアールが、質感をとらえるために花を題材にして選び、生涯、花を描き続けたことも心に残りました。『アネモネ』の作品には
その満ち足りた思いが感じられました。


冬の箱根
冬山の景観から、
静けさを感じ、凛とした気持ちになれる瞬間があります。
[PR]
by nagomi-no-kaze | 2012-02-10 15:41 | Trackback | Comments(0)

ラミノア ハートフルコンサート2012 ありがとうございました。

2月5日(日)は、「ラミノア ハートフルコンサート2012」を行ってきました。
満員御礼! ご来場、誠にありがとうございました。
定員を超したため、店長さんがお隣のお店に椅子を借りにいってくださったそうです。
ラミノアさん、今回もお世話になりました。ありがとうございます。

e0173350_18555210.jpg



和みの風の企画で、ここでの出演は2回目。
今回は、日本の昔話と、ドイツで生まれたヘルマンハープの演奏でお送りしました。

立春を過ぎたとはいえ、まだまだ冬将軍が大きな顔していらっしゃるこの時期です。
少しでも、心温まるひとときをご一緒に過ごしたい。そんな気持ちから企画いたしました。
日本の昔話は、福島県に伝わるお話を2話。
「鬼の面」は、母と娘の、「鹿の女房」は猟師の夫婦の、
心が通い合うお話です。 今このときに、お伝えしたいお話でした。

e0173350_18593736.jpg
<日本の昔話より> 
語り)野田香苗
・鬼の面
・鹿の女房





e0173350_190433.jpg


ヘルマンハープは、林智子さんによるソロ演奏と、りんのねによるアンサンブル演奏で
様々なジャンルの音楽をお楽しみいただけたのではないでしょうか?
途中には解説つきで、お客様も興味津々・・・。最後にはお客様が質問も、
実際に触れてみることも楽しんでいらした様子です。


<演奏>  
ソロ)林 智子
・星の子守歌
・Rejoice
・歌の翼に

アンサンブル)りんのね
・愛の挨拶
・星のうた
・星に願いを
・もののけ姫
・見上げてごらん夜の星を
・翼をください
・花のワルツ


 冬まっただ中、しかし、これから春を待つ楽しみも次第に大きくなっていきます。
 寒さに負けないで!
 風邪やインフルエンザに負けないで!
 
 お互いに、頑張りましょうね!!

 
[PR]
by nagomi-no-kaze | 2012-02-07 19:06 | Live Report | Trackback | Comments(0)

ラミノア ハートフルコンサート2012

2月5日(日)14時 開演
Dining&Cafe ラミノアにて

お話と音楽のコンサートを行います。
今回は、

日本の昔話
・鬼の面
・鹿の女房

ヘルマンハープ演奏
・愛の挨拶
・星に願いを
・花のワルツ  ほか


語り)野田香苗
演奏)アンサンブルりんのね

主催:Dining&Cafe ラミノア
企画:言葉と音楽を仲良しにする研究室「和みの風」

チャージ:1,000円 (ワンドリンク付き)

要予約 :Dining&Cafe ラミノア
           大田区下丸子3-28-6  TEL 03-3750-4449
   ※ お店は11時に開店で、キッシュランチ、ケーキなどもご用意があります。


寒さに負けず、頑張りましょう!

「鬼は~そと、福は~うち」
[PR]
by nagomi-no-kaze | 2012-02-03 19:30 | 和みの風だより | Trackback | Comments(0)

東京藝大 卒業・修了制作作品展

東京藝術大学 美術学部、大学院美術研究科の卒業・修了作品展
が、大学内の美術館、構内で、開催されていました。
今年で60回目を迎えるそうで、今日が最終日。

私が見たのは、
日本画、油絵、彫刻、工芸、デザインの一部でしたが、
いろいろな才能が豊かに展開されていて、とっても新鮮、とってもおもしろかったです。
これから花開いていく方々の作品、しかしながら、とっても魅力的。

どういうプロセスで作品作りに至ったのか、
どんなインスピレーションで作り上げたのか、
エピソードを交えた紹介などもあって、個性豊かな世界が広がっていました。
素直に、楽しかったです。


今回、陶芸の学部生の方で野村さんから、ご案内をいただいていまして
それがきっかけでした。

あさがおの花をモチーフにした、素敵な作品で
写真を撮れなかったのが残念ですが、目に焼き付けてきました。
白磁のきれいな色、スッとした線がシンプルで潔い、
なんてきれいなんだろう・・・と思いました。
作品タイトルは、「凛と、」

残念ながら、お目にかかれませんでしたが、
今後のご活躍を祈っています。

ご卒業、おめでとうございます!!
[PR]
by nagomi-no-kaze | 2012-02-03 19:22 | 今日のできごと | Trackback | Comments(0)

和みの風だより


by nagomi-no-kaze
プロフィールを見る
画像一覧