<   2010年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

サザエさん一家

友人と、
世田谷区にある、長谷川町子美術館へ行きました。
きれいな建物でした。 

展示の中に、磯野家の縮図があり、よくできていました。
磯野さんちは、平屋で、庭も広く、大きな邸宅だったのですね~。
それから、第1回目放送の「サザエさん」をビデオで見られて楽しかったです。

さて、ミュージアムショップで思わず買ってしまったのが、これ。
e0173350_0016.jpg

ファミリーケーキです!


夫と二人で、食べるのを惜しみながらも、順番に
「では、カツオくん、学校へ行きます」
で、食べる。
「じゃ、ワカメちゃんも、続いて登校します」
で、食べる。

「続いて、波平さん、出勤します。」
で、食べる。
「マスオさんも、遅れてはいけませんね。」
で、食べる。

と、まぁ、こんな風に、一人ずつ・・・。

「タマが散歩にいきました」
「タラちゃん、『タマ、待ってください!』」

「サザエさん、買い物へ」
「おフネさん、いささか先生宅へ」

そして、

e0173350_063512.jpg


み~んな、出かけて(食べて)しまいましたとさ。

メープル味で、おいしゅうございました。
ごちそうさま!
[PR]
by nagomi-no-kaze | 2010-04-30 00:09 | どんな味? | Trackback | Comments(0)

ヘルマンハープミニコンサート、ありがとうございました。

林智子とあんさんぶる 「りんのね」の
ヘルマンハープミニコンサート、無事に終了しました。
ご来場くださった皆様、どうもありがとうございました。

写真は、また今度UPしたいと思います。

りんのねメンバーでは、
演奏中のハプニングに冷や汗でした。
私も音を抜かして弾いてしまったことが何度か・・・
あんさんぶるって、外すと怖い・・・。
でも、ぴったり合うと、なんて楽しい♪
まだ、場馴れが少ないせいか、天国と地獄を行き来しているような心持ちでした。


ほとんどのお客様が、初めてご覧になる楽器だったと思います。
コンサートのあとには、楽器を体験する時間を作りましたら、人気でしたね。

楽譜としてはわかりやすく、おなじみの曲「きらきら星」を用意していましたが、
コンサートで聞いた曲をトライしてみたいとの声が!
そして、すぐに弾けてしまうのが、この楽器のよいところです。

今回は、このようなプログラムでした。

1.エーデルワイス
2.雨にぬれても(映画 「明日にむかって撃て」より)
3.もののけ姫 (映画 「もののけ姫」より)

4.林智子 独奏<宵待ち草、星の子守唄、Rejoice>

5.ふるさと
6.赤とんぼ

7.パッフェルベルのカノン
8.喜びの歌



今年は、演奏活動もひろがりそうな予感がします。
一同、心して、励みますね。

次回は、5月9日(日)
北区 赤羽会館にて、 カラオケ大会イベントの特別出演で演奏させていただきます。
第一部のおしまい 、12時近くの時間帯に出番かと思われます。
[PR]
by nagomi-no-kaze | 2010-04-26 11:08 | Live Report | Trackback | Comments(0)

この本、面白かった

今年になって、図書館に予約待ちを申し込んでいた本。
急がないからいいかと思っていたが、
手元に届いたのは、今月になってから。  ずいぶん、人気があったのだろう。
 
先日、歌舞伎を観に行ったことを書いたけれど、

その数日前に、図書館から連絡がきた。

この本は、私が読むべきときに届いた気がしたので、
これも何かの縁かな?

 題名は、

『音で観る歌舞伎  舞台裏からのぞいた伝統芸能 』 八板賢二郎 著  (出版社は、新評論)

著者は、能・文楽・歌舞伎・舞踊・寄席など、伝統芸能全般の音響を担当されていた方で、
舞台裏をすみずみまで知り尽くしており、 「音」が芸を支えてきたことを中心に、
様々な視点から、伝統芸能の粋、素晴らしさを語っている。

冒頭にある、
日本人は、外国の人たちと比べて、音に対する反応が異なっているようだ、との見解から、
もう興味深かった。

いわゆる、右脳と左脳の使い方。
左脳は、おもに言葉を処理するので「言語脳」といわれ、
右脳は、音楽などを処理するので「音楽脳」といわれている。
↑ (これは私が大好きな興味ある分野で、
言葉と音楽を一緒に聞くことの楽しさは、ここにあるといつも思っている。)


「西洋人は、子音を言語脳(左脳)で聞き、母音を音楽脳(右脳)で聞いているが、
日本人は、子音も母音も、言語脳(左脳)で聞いているとされている。
だから、母音の発音は重要で、母音だけで構成される言葉があったり、母音が聞き取れないと
正確に伝わらなかったりすることで理解できる。」(本文より)

人種によって、脳の使い方に違いがあるなんて!

しかも、日本人の左脳では、言語だけではなく、
ハミング、動物の鳴き声、和楽器の音なども処理している。

では、伝統芸能たる歌舞伎を(そのほか、お能も、文楽も・・・)
わたしたちは、左脳をおもに使って理解していたのね~。


左脳がとても疲れたら、右脳を使って
バランスをよくしてあげましょう。  きっと、クラッシック音楽などは効果あり♪ 


脳のおはなしだけはなく、
伝統芸能の歴史、構成、舞台まわり、効果音の出し方、決まりなど
この本を読めば、一通りのことがよくわかる。 実に、興味深い一冊だった。

知識を得て観に行くと、楽しさも倍増すること、間違いなし!!
[PR]
by nagomi-no-kaze | 2010-04-22 22:53 | 良きご縁に感謝! | Trackback | Comments(0)

おはなしぽけっと 始まるよ~

柏の宮公園(東京都杉並区) の、園内にある管理棟で、

「みちくさひろば」という団体が、

公園に集まる子どもたちに向けて楽しい遊びを考えて、活動をしています。

冒険遊びをしたり、自然と触れ合うきっかけを作ったり、おもちゃを作ったり、・・・

そんな中、毎月1回の、

読み聞かせも始まりました。 その名も「おはなしぽけっと」

今日がその第1回目。

今日、聞きにきてくれたのは、小さな小さなお友達が多かったな~。

お母さんと一緒に聞く、わらべうたや手遊びや絵本のおはなし

ゆったりとした、楽しい時間・・・



初めて出会う、おはなしのおばさんたちや、一緒に聞くお友達。

 

何が始まるんだろう?  この人誰だろう?

となりの子は、どこの子?


そうだね、緊張もするよね。

でも、だんだんに

心がかよい出す・・・・・


ああ、こういう時間て、

すご~く大事!

と、思いました。






私は来月を担当するのですが、

何を読んであげようかな~?

おはなしを選ぶのも、楽しいひととき です。
[PR]
by nagomi-no-kaze | 2010-04-21 22:03 | 良きご縁に感謝! | Trackback | Comments(0)

ヘルマンハープミニコンサート&体験会

ドイツ生まれのヘルマンハープ

私は、昨秋から習い始めました。

音色に惹かれ、自分でも奏でてみたくなりました。

そして、「あんさんぶる りんのね」のメンバーに加わりました。

週末、お天気はどうなりますかしら?
晴れの日も、曇りの日も、雨の日も、
どんなお天気でも、 音楽は心地よく、あなたのもとに届くことでしょう。060.gif

ヘルマンハープミニコンサート&体験会
北区十条にて行いますので、聞きにいらしてくださいね。

詳しくは、こちらです ↓

http://ameblo.jp/linnone/entry-10507074362.html
[PR]
by nagomi-no-kaze | 2010-04-20 15:50 | 出演します! | Trackback | Comments(2)

ハイチの民話でハイチにエール! その2

ハイチの民話でハイチにエール!(ねの会主催)、昨日無事終了しました。
ご来場くださった方々、本当にどうもありがとうございました。
御蔭さまで、募金も集まり、ハイチ友の会代表小澤幸子さんに託しました。
現地で被災された方々への支援として、有効に使っていただけることと思います。


第一部は、『魔法のオレンジの木』(岩波書店)より、ハイチの民話を5話。
・たまご裁判(野田香苗)
・名まえ(牛久保ゆう子)
・バイバイ(久保美千代)
・フクロウ(福島頼子)
・ブキ、コーキーオコーを踊る(松田位子)


第二部は、ハイチ友の会 代表 小澤幸子さんによる、スライドを用いて
ハイチのお国柄とともに、震災後の現況を紹介。
小澤さんが試みた絵本『手を洗おう』の紹介。

***************************************

今年1月12日にマグニチュード7.1という地震により、今朝のニュースでも
その後の様子が映し出されていましたが、
首都ポルトープランスは、がれきの山、ゴミの中で暮らす人たちであふれていました。
「復旧には、何年もかかりそうだ」と曖昧な報道ではありましたが、
目処が立たない現実は、本当なのだろうと、私は実感しました。


私は昨日初めて、小澤さんにお会いしましたが、とても美人で聡明な方でした。

山梨県の牧丘病院の医師で、小澤さんは医師として現地でも活躍され、帰国した今もハイチを想う気持ちにあふれていました。

スライドに写るハイチの風景、子どもたち、民家の様子などは、1枚の写真から
いろいろなことを想像させられました。


現場に携わる医師として、自らそれを志願して行った小澤さん。
当然、治療や精神的なケアにいそしみ、十分に力を発揮されたわけですが、
今回、スキルある現地の医師と一緒に取り組めたことは、何よりもよかったとおっしゃっていました。

***もし、自分が被災者となって同じような境遇におかれたときに、
よその国の、目も皮膚の色も違う、言葉も違う国から来たお医者様に、
治療してもらわなければならなくなったとき、
そんな状況を考えてみてください。

全てを話すことができるだろうか、 自分の状態をわかってもらえるだろうか、
不安や緊張は必ず生じることでしょう。***
地元のお医者様に診てもらうことが一番だとわかったそうです。


阪神大震災でも、
よその県からきた医師に向き合うことすら、このような不安はないとはいえなかった。
そのような患者さんはたくさんいた。同じ日本の、日本語が通じる人間どうしなのに・・・。
との話を聞き、 私は、精神的なストレスや、心の問題につながる原因の多さを
改めて思い知らされました。
小澤さんは、自分ができる新しい可能性を、見つけてきたわけです。
現地の医師を育てること、ケアすること、それも支援のひとつだと、確信されたのでした。


小澤さんの言葉より、
「支援する、これにはさまざまな形がある。 ハイチの国を、人を、心配したり、
気にかけたりすることは、これも大きな支援。
遠い知らない国の人たちが、自分たちを想ってくれているとわかったとき、
それはとても大きな力になる。」

全てはそこから出発点になるのだなと、私は想いました。
ハイチの震災を初めて聞いた時、私は数年前に中学生に語ったこの「たまご裁判」のお話が
ふと頭に浮かびました。
それきり、お蔵入りしていたため、もう語る機会はないかもしれないと思っていた矢先に
この会からのお誘いがありました。
ですから、改めて覚えなおして、向き合えたお話です。

ハイチの人にも届いているといいな~。
語り手はもちろん、聞き手もみな思ったことでしょう。 本当に充実したいい会になりました。

More
[PR]
by nagomi-no-kaze | 2010-04-18 10:14 | 良きご縁に感謝! | Trackback | Comments(0)

歌舞伎座にて

e0173350_23444546.jpg
歌舞伎座さよなら公演
4月2日~28日まで

e0173350_23385886.jpg

e0173350_234096.jpg




両親と祖母と一緒に、第一部を観てきました。 

一、 御名残木挽闇爭(おなごりこびきのだんまり)
二、熊谷陣屋(くまがいじんや)
三、連獅子(れんじし) 


一は、現在の歌舞伎座が改められることへの想いを馳せての演目でした。
二は、涙を誘う一幕。吉右衛門が熊谷直実を見事に演じました。
三は、勘三郎が親獅子、勘太郎、七之助が子獅子、さすが中村屋!! 
どの演目も、役者の気合いが入っており、観客も思わず前へ乗り出してしまいます。


新しい歌舞伎座は3年後だそうです。
[PR]
by nagomi-no-kaze | 2010-04-13 23:46 | しあわせの和 | Trackback | Comments(0)

ハイチの民話でハイチにエール!

ハイチは、民話の宝庫。
不思議で面白いお話がたくさんあり、民話をみなで聞く習慣のある国です。

大地震により、大きな被害を受けたハイチの復興を支援したい!
ハイチの民話を聞いて楽しみながら、エールを送るきっかけになればと
このおはなし会が開かれることになりました。

私もご一緒しているおはなし会の、メンバーの主催です。
どうぞ、聞きにいらしてください。

私は、「たまご裁判」というお話を、語らせていただきます。




ハイチの民話でハイチにエール!

第一部 おはなし会ーハイチの民話
    「たまご裁判」 、「名まえ」、「ふくろう」 ほか

第二部 ハイチってどんな国?
     地震直後に現地で医療支援に当られた
    「ハイチ友の会」代表 小澤幸子さんによる、スライドを交えたお話

4月17日(土) 午後2時30分~4時30分
会場: 三鷹市消費者活動センター 3階
   (三鷹市下連雀3-22-7  三鷹駅から徒歩3分) TEL:0422-43-7874

先着 50名 (小学生以上)

資料代として200円をいただきます。
募金も受け付けています。→ 確実に現地の被災者のために使っていただくよう「ハイチ友の会」に託します。

お問い合わせ: ねの会 池山  (TEL:0422-46-3899)
[PR]
by nagomi-no-kaze | 2010-04-11 11:51 | 出演します! | Trackback | Comments(0)

鹿島戦は引き分けに

FC東京ホームでの、鹿島アントラーズとの試合は、
1-1の引き分けに終わった。
東京は、前半始まってすぐに、PKで平山選手がゴールを決めた。
しかし、ハーフタイム間近、鹿島小笠原選手のミドルシュートのこぼれ球を押し込まれた。残念!

後半、なんとかして追加得点をしたい両チーム。
しかし、お互いに最後を決められないまま、試合終了となった。

東京、勝ちたかったな〜
チャンスはあったのに、
決まらない、決められない
なぜ?
どうして?

ああ、勝ちたかったな!
[PR]
by nagomi-no-kaze | 2010-04-10 21:55 | 今日のできごと | Trackback | Comments(0)

鹿島戦

e0173350_18323973.jpg

7時より、キックオフ!
[PR]
by nagomi-no-kaze | 2010-04-10 18:32 | 今日のできごと | Trackback | Comments(0)