<   2010年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

今夜はブルームーン

みなさ~ん、今夜はブルームーンですぞ。

ブルームーンは、「青い月」ではありません。
一か月に、二度も満月が見られることです。

今年は1月に続いて2回目。

お月さま好きの私にとって、これは得した気分です。

でも、

見れるかな? 雲が多い。

着付け教室からの帰り道、明るいお月さまの光を浴びたいものですわ。

今なら桜ごしに、ですね。
[PR]
by nagomi-no-kaze | 2010-03-31 15:58 | しあわせの和 | Trackback | Comments(0)

2日は、登山2回目

先月12日に青梅の御岳山、そして、次は2日に、秩父御岳山。

私の父が山へ登っては、植物や風景の写真を撮ってきます。
私は5月に奈良県の山へ登るため、経験がないものですから、父にお願いし、計画してもらい、同行しています。

初心者は、やはり、グッズを揃えなくてはなりません。

前回、これは必須と思った帽子、その他リュック、ダウンなど、買い求めました。

三鷹駅北口そばの、
むさしの山荘、頼りになるお店です。
毎年、ネッグウォーマーは買っていましたが、こんなに自分のもので買ったのは初めてでした。
e0173350_1812417.jpg
[PR]
by nagomi-no-kaze | 2010-03-30 18:12 | 寄り道は楽し! | Trackback | Comments(0)

風流楽・春コンサート  ご来場ありがとうございました!

3月28日、松本記念音楽迎賓館にて、
今年も春のコンサートを行いました。
ご来場下さいましたお客様、寒い中をありがとうございました!
e0173350_16454122.jpg


                                 撮影 中村政義(ボックリ博士)

チェンバロの演奏に始まり華やかな音色にうっとり。歌曲も春らしく、美しい音楽のお陰で、会場が温かくなります。
その中で、お話を2編、音楽とともに朗読させて頂きました。
『散らない桜の木』(光原百合作)、『アラカルトの春』(O・ヘンリ作、大久保康雄訳)
どちらも、恋の話です。

チェンバロ奏者・おんちゃんが、音楽構成・作曲・編曲を手がけてくださいました。いい作品になったと思います。今コンサートで、この世に送りだすことが出来て嬉しかったです。

これにとどまらず、いろいろな場所で、聞いてもらいたい作品ですね。

スペシャルゲスト 小島おさむさんをお迎えして、
オルガネッタで「回転木馬」と、アンコールに「花」をお願いしました。
e0173350_16461732.jpg

次回は、12月12日(日) に風流楽クリスマスコンサートを、
この松本記念音楽迎賓館で行います。 オルガネッタの小島さんも登場します。
お楽しみに♪♪




終演後の打ち上げは、飲茶デザートもしっかり頂き、至福の時でした。
e0173350_2243392.jpg

[PR]
by nagomi-no-kaze | 2010-03-28 22:43 | 良きご縁に感謝! | Trackback | Comments(0)

ご来場ありがとうございました!

林晶彦氏 ピアノソロコンサート in かん芸館
昨晩、無事に終了いたしました。
聞きに来てくださったお客様、本当にどうもありがとうございました。

e0173350_21115271.jpg

写真 ボックリ博士



林さんのピアノ演奏は、いつも凄いです。
あのきれいな音はどこからやってくるのか・・・?
私は一瞬にして惹きこまれているな~と聞いていて思います。

今回は、プレイエルのピアノを弾いてみて、フランスをテーマにコンサートを開くことに
なったことは、先にもお伝えしましたね。 
やはりショパンは弾きたい!ということで選ばれたマズルカNo13・19を選んだ理由を
お聞きしましたが、どちらも大好きな曲だったようです。 特に13は、早くに決めていたようでした。

林さんは作曲家なので、
ご自身の曲も、存分に演奏されました。
シャガールの絵からインスピレーションを受けて作曲された3曲、
アポリネール礼賛、 誕生日、 緑色の恋人たち
は、さすがに素敵な演奏でした。 会場で聞いていた林さんのお嬢さんからも好評でしたよ。

詩の朗読と即興演奏では、
共演した私もゾクゾクするほどでした。 
本当にどこから音が降ってくるのでしょうか。 きれいな音の粒・・・
そして音の余韻、 つい音楽を聞いていてしまいたくなるのですが、
私も言葉を読まなければなりません。伝えなければなりません。

瞬時の音色を逃さない、そして音楽を聞く、ということを
大事にして、そこに私も言葉を置く。
間を恐れない。
楽しむ。

私は、そんなことに集中していたように思います。

終わってみたら、早かったように感じました。
あっという間。 夢のあとのような感覚でした。

こうして書いている今は、終わっちゃったな~と
ぼんやりしてしまうのです。

さて、来週は
風流楽 春コンサート です。
チェンバロと歌とお話をお届けしますよ。
ご案内、読んでくださいね。
[PR]
by nagomi-no-kaze | 2010-03-20 21:14 | 良きご縁に感謝! | Trackback | Comments(0)

春めきて

e0173350_9375657.jpg

3月も半ば過ぎて、
早咲きの桜がピンク色に染まる頃。

今日はいいお天気。
春のさきぶれが見つかるかもしれませんね。

写真は、朝の井の頭公園
[PR]
by nagomi-no-kaze | 2010-03-19 09:37 | しあわせの和 | Trackback | Comments(0)

林 晶彦 ピアノソロコンサート ~巴里の香~ in 荻窪


明日、夜7時より
荻窪にあります、かん芸館にて http://members3.jcom.home.ne.jp/kangeikan/index.html

林晶彦さんピアノソロコンサート が開かれます。

作曲家・ピアニストの林晶彦さんは、関西でずっと活動されていましたが
東京へ引っ越してきて約2年。
私は昨年、2度共演させていただきました。

明日は、オリジナル曲(シャガールの絵からインスピレーションを受けて作曲など)、
そして即興演奏をお楽しみください。

今年はショパン生誕200年を記念して、様々な催しが繰り広げられることでしょう。
ショパンが愛したプレイエルのピアノ。

このかん芸館にも、1台プレイエル社製のピアノがありまして、
林さんはここへきて弾かれ、その音色の美しさをお気に召して、フランスをテーマに
今回の企画を決めました。

ショパンの曲も、もちろん、弾いてくださいますよ。


私は、少しご一緒させていただき、詩を読むことになりました。
林さんは即興演奏で加わり、これは当日どうなるかしら・・・お楽しみです。

フランスの詩人、たくさんいらっしゃいますが
アルフレッド・ド・ミュッセ、フランシス・ジャム、ギョーム・アポリネール
この3名の作品は紹介いたします。 日本語ですからね~・・・

そのほか詩の作品も、ピアノとのセッションしますので、聞きにいらしてください。

前日のお知らせ、
これは私の怠慢をお許しください。

もしこれを読んで、行こう!と思ってくださり、ご予約くださる場合には
必ず「和みの風のブログを見た」とおっしゃってくださいね。 

お待ちしています。

お問い合わせ・ご予約はこちら↓

More
[PR]
by nagomi-no-kaze | 2010-03-18 18:10 | 出演します! | Trackback | Comments(0)

和みの風だより


by nagomi-no-kaze
プロフィールを見る
画像一覧