カテゴリ:どんな味?( 14 )

はじめての蕎麦打ち

暑くなりましたね。冷たい麺類をつるつるっと喉ごし良く食べたい!
そんな季節です。お素麺、冷や麦、お蕎麦、うどん パスタも? ・・色々ありますね。


ところで、昨年の「小倉焼うどん」のお話でもご紹介した通り、
福岡県は小麦の生産全国第二位!そして「うどん県」の一つであります。
わたしも北九州に来て、うどんが身近に感じられて食べる機会も多いのです。

小倉焼うどん研究所」の副所長「まきじろう」さんは、本業はなんと、お蕎麦屋さん。
門司港で数少ない手打ち蕎麦のお店を営む「そば処 仙」の店主。
その「まきじろう」さんが教えてくださる「蕎麦打ち」の会に、7月3日、夫婦で初参加しました。

e0173350_19482926.jpg
e0173350_19485613.jpg

e0173350_19542413.jpg

e0173350_1954487.jpg

なんて綺麗なお蕎麦・・・そして手早い!さすがプロ!!

使ったそば粉は熊本県産。
正直、「九州で蕎麦が?」と驚きました。 知らないことって沢山ありますね。

さて、実践!
木鉢でこねるところは、写真はないけれどわたしが担当しました。
小麦粉とそば粉をこねていくのですが、
粉がさらっとしていて、まるで子猫をなでているような何とも言えない風合い。
水を加えながら時間との勝負、結構力が必要になるんだなと実感しました。
最後は、先生にお願いしました。

次に旦那さんが、棒で生地を伸ばして形を作り、切る作業を担当しました。
この工程もなかなか難しい。生地をいかに均等に薄くして、同じ細さに切っていくか。
太さが違うと茹で加減も変わってきますからね。
e0173350_19501168.jpg

e0173350_19512214.jpg

e0173350_19521325.jpg



太さにバラつきがあるが、我々の、打ち立てのお蕎麦(三人前分)を
「まきじろう」先生が上手に茹でてくださって、が冷やしで、この日のお昼ごはんになりました。
今回の会場の小倉にある「Dreams」さんに朝から伺って、食べ終わるまですっかりお世話になってしまいました。そのうえに、揚げたての天ぷら♪と、マスター特製のカレーライス♪も戴きました。
(マスターは、マジシャンで、食後にトランプマジックをご披露!!!これがまた凄い)

「まきじろう」さん特製スイーツ(そば粉を使ったアイスクリームと蕎麦豆腐 ←くずもちみたい!)
e0173350_19524967.jpg

これはもう本当に贅沢な蕎麦打ち会!


ああ、お蕎麦をいつもはあっという間に食べてしまっていたけれど、
もっと味わって感謝していただこう!
東京で食べている時にはこれまであまり感じたことがなかったけれど、
お蕎麦の味も、わたしには甘みが感じられます。


そして、全部食べ切れないので自分たちで作ったお蕎麦二人前と
「まきじろう」さん自家製の麺つゆを持ち帰りました。
翌朝、朝ごはんになりました。
風味が消えないうちに、いただきませんとね!
e0173350_2001995.jpg

[PR]
by nagomi-no-kaze | 2016-07-11 20:20 | どんな味? | Trackback | Comments(0)

9月5日(土)焼うどんを鉄板で焼く!


「焼うどん」が小倉発祥と知って、お知らせしましたが、
その起こりは、小倉北区魚町にある「だるま堂」さんです。

e0173350_138271.jpg


 時代は終戦直後。食糧不足のなか、お客さんに焼そばを作ろうにも
 まず、そばが手に入りません。そこで、代わりに干しうどんを使って
 作られたのが始まりだったそうです。

 今では、焼うどんを出すお店は、小倉駅周辺だけでも30数件あります。
 その食べ歩きも面白いかもしれませんね。


 さて、小倉焼うどん研究所さん主宰の講座内容の一つ
 小倉競馬場内で屋台、鉄板で焼くということで、参加してきました。

e0173350_1393435.jpg


 一枚の鉄板に一度に10食分を焼いてしまうということで、
 私も挑戦させてもらいました。
 腕力もいりますが、一番神経を使うのは、うどんが切れないようにしたいこと。
 なめらかな食感を保ちたいものです。
 自分のときは必死だったので、写真はありません。

 慣れた手つきの男性陣の様子を撮らせてもらいました。

e0173350_1310458.jpg


e0173350_13101853.jpg

 具材の豚バラや野菜の甘み、特性ソースの風味が、抜群。
 ジューッっと音を立てて焼き上げる音とにおい。
 おなかがすいた時には、もうたまりませんね。


e0173350_13112664.jpg

 お昼時は混み合い、焼きたてがどんどん売れていきます。
 お客様には並んでお待たせしていたので、量を増やして
 15食を作り続けるといった具合でした。
 気が付けば、もう午後3時近く。

 それぞれの時間帯で買い求めるお客様を見ていて、
 焼うどんは小倉のソウルフードだと実感したのでした。
[PR]
by nagomi-no-kaze | 2015-09-07 13:07 | どんな味? | Trackback | Comments(0)

小倉発祥の焼うどんに挑戦だ!

 ある日、このポスターが目に留まった!

e0173350_18495436.jpg


小倉は焼うどんが有名と、聞いてはいたが、町おこしイベントに登場? ギネスに挑戦?
なんのこっちゃ!と、もらってきたのが、縮小版のこのチラシ。

そして市政だよりを見ると、焼うどんの講座を発見! 即申し込んでみた。
当日朝にもかかわらず、受け付けてもらえてありがたかった。
「小倉焼うどん研究所」主宰の、『焼うどん う・マイスター講座』だ。

開講式のその日、研究所所員の方々が、小倉の焼うどんについて説明してくださった。
この小倉で誕生した焼うどん、その起源は、終戦直後、昭和20年ごろにさかのぼる。
それは知らなかった~!

その名店「だるま堂」さんは、現役。わたしはまだ食べに行けていないので、
ぜひ行ってみたいと思う。

午前中の焼うどん講を聞いて、早速、「家庭で作る焼うどん」と題して実習だ!
見本を見せてもらって、調理中はいい匂い!
e0173350_1859389.jpg



材料の中でも面白かったのは、これ、サバ節。 初めて! かつお節じゃないんだ!
e0173350_1934762.jpg




一人一人、自分の分を作る。
e0173350_1943323.jpg



わたしも作った。
e0173350_1953877.jpg


食べた!
e0173350_196264.jpg


ほんとに美味しい。 野菜の甘み、サバ節のほんのり苦味、風味豊かな特性のソース。
焼くときに、うどんがくっつかないのが、驚きだった。

このあと、秋はさまざまなイベントに出店予定。
9月5日・6日は、小倉競馬場にて開催! 鉄板で焼くところを見せてもらい、手伝ってくるのだ。
そして、10月18日の、世界記録更新の、3001皿以上を出すあのイベントにも出たいなぁ。
[PR]
by nagomi-no-kaze | 2015-09-04 19:17 | どんな味? | Trackback | Comments(0)

ゆでたまご

新しくドラマが始まっているこのごろですね~。

ステップ・ファーザー・ステップというドラマを主人が見ていて
私も作業しながら耳を傾けていて気になった、出演中の上川隆也さんのセリフに、
「ゆでたまごは、水からゆでてきっちり14分」
というのがありました。

私は、水からではなかったり、時間も12分くらいで火をとめちゃいます。
ほんとかな~?
だったら、やってみよう!と作りました。

ほんとはすぐに食べたいくらいですが、
思いついたのは夜の11時。
明朝は早く出るので、これは朝ごはんの一品となります。


先ほど帰宅した主人に話したら笑われました。確かにどうでもいような・・・
いや、しかし、確認は大事です(^^)
[PR]
by nagomi-no-kaze | 2012-01-11 23:24 | どんな味? | Trackback | Comments(0)

おはぎ

e0173350_14234589.jpg

14日は主人の母のお誕生日
会いに行きましたら、この夏も元気にしていました。
母が毎年作る、おはぎ

あんをこす作業が好きで、こしあんで作ります。
そして、3分間クッキングの番組で、ずんだ豆のことを見て作りたくなったそうです。
色が綺麗で、甘さ控えめ。

ホントに美味しかった!


毎年、私は食べるだけです、スミマセン!
[PR]
by nagomi-no-kaze | 2011-08-16 14:23 | どんな味? | Trackback | Comments(0)

かずやの煉

1月も最終に近づきました。
東京は晴天に恵まれていますが、あちらこちらでは雪便り。

さて、ネットに繋がらない事態が続きました我が家のパソコンちゃん。
久しぶりの更新となりました。

今週いただきもので、おいしいお菓子に出会えました。

一坪の煉り菓子店 銀座かずや
「かずやの煉」抹茶


第二十一回 神奈川県名菓子展菓子コンクール技術賞受賞
なのだそうです。輝かしい!

ひとつつみずつ、葉にくるまれていて、細い竹の楊枝がさしてあります。
中を開くと、抹茶のグリーンが目にも鮮やかで、つるんとなめらかな煉り菓子。
口当たりもよく、広がる風味は京都の庭園の苔を想わせる、深い抹茶の味。

あっ!

という間に、いただいてしまって
写真をとることも忘れてしまいました。

店主は日本料理修業の傍ら二年の歳月をかけて作り上げたそうで、
これはこれは、恐れ入りました。

なお、数量に限りがあり、事前予約が必要なようです。
予約をなさってまで買ってくださったK様、
本当に、どうもありがとうございました。
[PR]
by nagomi-no-kaze | 2011-01-29 15:38 | どんな味? | Trackback | Comments(0)

冷や汁

蒸し暑い日が続くようになりましたね。

19日に、三鷹市にあるコミュニティセンターのお祭りに行ってきました。
おはなし会メンバーの語りがあったからです。
七夕飾りを作った子どもたちがたくさん集まって、それから赤ちゃんを連れたご両親も一緒に、
大勢のお客様がやってきました。

当日にどのくらい集まるか、そして年齢差のある子どもたちが一堂に介する場合は、
おはなしのレパートリーの選択も、難しいと思うのですが、
慣れている語り手たちは、とっさの判断で流れを決めて行います。これが素晴らしい。
楽しい、あっという間の30分間でしたよ。


その後、2階にある調理実習室では、カレーライスがふるまわれており、
私も語り手さんたちと一緒に、おいしくいただきました。
そして、大人の人だけ、「冷や汁」を添えてくださいました。

そのおいしかったこと!!!

カレーと合うんですね・・・。その日は暑かったので、体が冷やされておいしかったのです。
具は、きゅうりと青しそ、白ごまで、作った方にお聞きしたら、
「今日は大人数分作るから、簡単に作ったのよ~。本だしとお味噌をを水でといてね~。 
(本当はだし汁を使ったほうがいいそうですが、本だしは水で溶けるらしい)
みょうがを入れてもおいしいのよ~。うちはおばあちゃんの頃から夏はコレなのよ!」

と、話してくれました。

そうか、火を使わないでいいんだ!

きゅうりがお味噌汁に入っていることに、最初は驚きましたが
でも冷や汁ならではの発想かしら、おいしいです。

しっかり昼食をいただき、炎天下に出ても、
しゃきっと歩く私は、ものすごく健康な気分でした。 医食同源って、言葉が浮かびました。
[PR]
by nagomi-no-kaze | 2010-06-21 08:34 | どんな味? | Trackback | Comments(0)

サザエさん一家

友人と、
世田谷区にある、長谷川町子美術館へ行きました。
きれいな建物でした。 

展示の中に、磯野家の縮図があり、よくできていました。
磯野さんちは、平屋で、庭も広く、大きな邸宅だったのですね~。
それから、第1回目放送の「サザエさん」をビデオで見られて楽しかったです。

さて、ミュージアムショップで思わず買ってしまったのが、これ。
e0173350_0016.jpg

ファミリーケーキです!


夫と二人で、食べるのを惜しみながらも、順番に
「では、カツオくん、学校へ行きます」
で、食べる。
「じゃ、ワカメちゃんも、続いて登校します」
で、食べる。

「続いて、波平さん、出勤します。」
で、食べる。
「マスオさんも、遅れてはいけませんね。」
で、食べる。

と、まぁ、こんな風に、一人ずつ・・・。

「タマが散歩にいきました」
「タラちゃん、『タマ、待ってください!』」

「サザエさん、買い物へ」
「おフネさん、いささか先生宅へ」

そして、

e0173350_063512.jpg


み~んな、出かけて(食べて)しまいましたとさ。

メープル味で、おいしゅうございました。
ごちそうさま!
[PR]
by nagomi-no-kaze | 2010-04-30 00:09 | どんな味? | Trackback | Comments(0)

こけし屋の朝市

e0173350_12413937.jpg

e0173350_12413971.jpg

e0173350_12413923.jpg

e0173350_12413910.jpg

フランス料理の老舗こけし屋(西荻窪駅前)さんの朝市
毎月第二日曜日、7時から11時まで、売り切れご免
先月テレビで情報を知り、主人と初めて行ってみたら、ものすごい人!
テレビ効果あってか、通常より多く集まったそうだ。
目の前で調理してくれるオムレツや炭火で焼くスペアリブはやはり大人気!

私たちの朝食は、
トーストサンド、キッシュ、蛤のスープ、スパゲティミートソース、白ワイン
何とも豪華な朝食ではあるが、並んでも食べたい気持ちがわかった。
月1回、名店の味を頂ける楽しみと思えば、これは安い!
ああ、幸せ♪
[PR]
by nagomi-no-kaze | 2009-11-08 12:41 | どんな味? | Trackback | Comments(0)

那須の月



萩の月 という銘菓は、おなじみですね。
今日は、栃木県のお土産に、「那須の月」をいただきました。

やはり、黄色いお月さまを思い起こさせる形、そして中はクリーム、外はふわふわ。
全国菓子博 金賞を受賞。 栃木県推奨の銘菓として販売されているようです。

日本らしいわ~  どこにも、いろんな「月」があるのね。
[PR]
by nagomi-no-kaze | 2009-08-20 14:47 | どんな味? | Trackback | Comments(0)