カテゴリ:寄り道は楽し!( 13 )

秋模様 北九州市立文学館


北九州市立文学館  ここにも秋の気配が・・・。 
ツタの葉がどんどん紅葉していきます。

e0173350_21281437.jpg
 e0173350_21343378.jpg
e0173350_21342989.jpg
e0173350_21343669.jpg
昭和50年に建てられたそうです。建築家 磯崎新さんの設計。
アーチを描く天井が素敵です。
今年の11月1日、開館十周年を迎えるのだそうです。
司馬遼太郎展が、只今開催中!



文学館に隣接して中央図書館があります。
それぞれの入り口が向かい合わせになっていて、
最近、そこに、カフェがOpenしました。
本とともに過ごせる 憩いの空間です。
e0173350_21344299.jpg

e0173350_21343965.jpg
2回目の来店で、ランチを!と思ったら、
日替わりメニューは人気で完売。そこで、ミートパスタです。
ちょうどそこへ、ボランティア活動のメンバーの女性がやって来て・・・。
偶然の出会い、ランチが楽しくなりました。

前回、初めて入店した時にも、別のお友達でしたが、ここで遭遇。
タイミングもぴったりだなんて不思議と、お茶をご一緒できたのでした。



e0173350_21455432.jpg

ガラス窓の向こうは、向かいの文学館のステンドグラスの窓。
中をお見せできないのが残念ですが、
直径7mもあるステンドグラスは、内側から見ると荘厳です。
これも磯崎新さんのデザインだそうです。

文学館のサイトに、写真が掲載されています。




[PR]
by nagomi-no-kaze | 2016-10-19 22:31 | 寄り道は楽し! | Trackback | Comments(0)

筑豊電鉄に乗る!そして長崎街道

 今月は雨の多い日々です。最終の土日は晴天続きとなりました。
旦那さんと午後の予定を考えて、これまでチャンスがなかった「筑豊電鉄」に乗ることに決めました。
JR黒崎駅に集合し、出発! 今回はそのお話。
<筑豊鉄道>
「黒崎駅前駅」から始発で出発。この路線は「筑豊直方(ちくほうのおがた)駅」までの16キロ
の区間を走行しています。
筑豊地方は、石炭で栄えた街です。元々、北九州と筑豊地方、そして福岡市を結ぶ路線として計画されていたそうです。しかし、戦後、炭鉱閉山や他の様々な要因から計画が中止になり、現在の路線となりました。
この電車は、東京で言うと、都電や世田谷線の路面電車のような感覚。
でも、車窓にはのどかな田園風景が広がります。
e0173350_19563312.jpg


車体がカラフルですね!中には、サッカーJ2の地元チーム「ギラヴァンツ北九州」のラッピングも!
この車両に乗ると、車内には選手の顔写真が並んでいましたよ。

e0173350_1957614.jpg
e0173350_19572388.jpg

e0173350_19575967.jpg



<木屋瀬(こやのせ)駅で途中下車>
「ここは長崎街道の宿場があったところで風情がある」と、北九州で知り合ったMr.Hさんから情報をいただいていました。
更に、ご推奨の古民家のカフェと、美味しいパティスリーのお店のことも。今回ぜひ立ち寄ってみたかったのです。

「街道」というのは、現代においても、道の雰囲気というものがありますね。
写真は撮れていないのですが、当時の建物が街並みが残されていました。
長崎街道は、江戸時代、豊前国小倉と肥前国長崎を結ぶ57里の道程で途中には25の宿場があったそうです。
木屋瀬宿(こやのせじゅく)は、小倉を出て2番目の宿場で、唐津街道との分岐点です。
当時は、旅路の疲労がたまった体を休めたり、雨が降ろうものならばここで休んで行くかということだったのでしょう。
街道と遠賀川(おんががわ)の水運で栄えた宿場街だったそうです。

北九州市のホームページにも、こちら。http://www.city.kitakyushu.lg.jp/yahatanishi/file_0024.html


カフェの話に戻りましょう。
北九州に来て、古民家をカフェにしたお店が気になります。
それで、このお店の情報も頂いたのですが、
築100年くらいになる古民家の「ピアスペース のーてぃす」さんは、風通しの良い感じのお店でした。
e0173350_19593450.jpg

暑さをしのぐ涼しい空間で、コーヒーゼリーは美味しかったです。

e0173350_19595649.jpg

店内には期間限定で「さおり織」の展示がありました。
綺麗な色合いの糸の風合いが何とも目に楽しくて、旦那さんは念願のお箸入れとティーマット、
そして二人とも帽子を選びお買い上げ! すっかりはまってしまったわけです。
e0173350_2001968.jpg


続く、パティスリーの「ハニーミエル」さんは洋菓子のお店ですが、
「宿場もち」というお菓子が美味しいと聞いていました。
寄ってみたのですが、残念!午前中に完売でした。
土日は特に、予約が必要だったみたいです。



<2週続けて、びっくり市!へ>
ところで、6月19日、「明治産業びっくり市」(直方市 のおがたし)に初めて行きました。

e0173350_2005361.jpg


旦那さんが以前連れていってもらった話しを聞いていたら楽しそうで、
実際に行ってみると、とても大きな楽しめる市場でした。この時は車で往復したのですが、
翌週の26日は、電車かバスで行けるかも!と、ここを今回の最終目的地にしたのでした。

筑豊鉄道「感田(がんだ)駅」で下車。遠くに山並みを見ながら、徒歩12分くらいで到着。
金土日のみ営業のこの市場は、鮮魚、精肉、野菜、お茶、お花、パン、お米、雑貨、
その上食堂やお惣菜、何でも揃います。
e0173350_2012012.jpg


16時を過ぎると、どんどん値下げ。18時頃には市場はおしまいだからです。
私たちは野菜を色々買いましたが、今回は車ではないのであまり欲張れず。
お買い物した中でも、これを紹介しましょう!
e0173350_201504.jpg

熊本県産の「ひとりじめ」という名のスイカ。 
「ひとりじめしたいほど甘くて美味しいよ!」と八百屋のおじちゃんに勧められて、
2個で300円にしてもらっちゃいました。
確かに、水気たっぷりのあま~いスイカでした。
e0173350_2022185.jpg


  ごちそうさまでした!
[PR]
by nagomi-no-kaze | 2016-06-27 20:04 | 寄り道は楽し! | Trackback | Comments(0)

日本橋クルーズ

主人のお誕生日。 日本橋に出て、昼食後、
橋のたもとに船が見えたので、面白そう!と、乗ってみました。

e0173350_2337157.jpg


日本橋クルーズ
運航スケジュールは土日に予定されているようで、
私たちが乗ったのは、「日本橋・隅田川めぐり 45分」のコース。
日本橋から隅田川の橋めぐり、~八丁堀界隈~日本橋へ戻ってくるのですが、
この間、15本の橋をくぐります。
e0173350_2330065.jpg


屋根がない船で、その理由は橋をくぐるとわかります。
橋の上には首都高速が走っています。水面が揺れているのが映っているでしょ。
さぁ、そろそろ出発だ~!


まずは、日本橋をくぐる。
e0173350_23562658.jpg

日本橋は、関東大震災にも持ちこたえましたが、その時の衝撃は橋の裏側にありました。
e0173350_23321083.jpg




e0173350_23323043.jpg


豊海橋をくぐると、そこは広々とした隅田川

e0173350_23333162.jpg
e0173350_23335972.jpg


清洲橋の向こうには、東京スカイツリーも見えて!はぁ、綺麗じゃな~。

Uターンして隅田川を永代橋に向かって行くと、高層マンション群が見えてきます。
ああ、この辺は私も主人も懐かしいところです。
e0173350_23342232.jpg

中央大橋は、兜の形をイメージしていたのですって! この橋も、昔、往復したことあったな~。

e0173350_23344785.jpg


そう、この辺りが懐かしいのは、 私が会社員だった頃、5年勤めたうちの約3年は
私の所属していた事業部はこのビルにいて、私もここへ出勤していたのでございました。
(主人もそうでした。)だから、よく知っています。
e0173350_2335168.jpg



このあと、八丁堀界隈へと船は進み、霊岸橋をくぐります。
夕方になると潮の満潮に合わせて、川の水位があがってしまいます。
橋をくぐるのに、頭上から橋まで10センチくらいになるのだそうです。 それで、屋根がないのですね。
その後、水門をくぐって、日本橋へと戻ります。

橋には色々な名まえがあって、そのお話も面白かったです。
これからお花見シーズンを迎えると、お花見遊覧船も運航されるのですって。

船長さんのガイドも面白くって、とても快適で、得した気分のクルーズでしたよ。 
[PR]
by nagomi-no-kaze | 2014-03-17 00:01 | 寄り道は楽し! | Trackback | Comments(0)

なじみの銭湯でした!

昨年の12月のはじめのこと、
なじみの銭湯が「閉館」することを知りました。
張り紙をみたのです。

理由はいくつかあるのでしょうが、残念なニュースでした。
でも、いつかは終わりがくる、これは仕方のないことですね。


そんなわけで、最後の4日間は、夫も私もそれぞれの時間で毎日通いました。


ちょうど、おせちの準備をしながら、頭をぐるぐる回転させて、手もあれこれ動かして慌ただしい毎日。

時間を決めて銭湯に行き、広いお風呂にゆっくりはいることは、とっても有意義な時間となり、
ぽかぽか体も温まって程よく疲れて、よく眠れるのでした。

風呂屋のペンキ画、高い天井、銭湯マークの洗面器、1回20円で使用するドライヤー、
館内すべての、どこか懐かしい~感じも見納めか・・・。
そういえば、柱時計も止まったままか・・・。

いったい何年の月日が流れていたのかな。


私が通った4日間、偶然一緒になった時間帯のお客様のなかには、
ここで出会った仲間ということで、連絡先を交換しているおばちゃんたちがいて、

おばあちゃんが孫をつれて入りに来ていて、

若い女の子どうしがいて、

最後だからと家族連れも何組かいて、

だけど、みんな、どこか寂しそうだな。と思った。
私もそうでした。

あるおばあちゃんとお話したのですが、
私が「(ここがなくなるなんて)寂しくなりますね」と言ったら、
そのおばあちゃんは真剣な顔をして、
「わたし、明日からどうしましょう。 本当に困ったわ~」と、言いました。

おばあちゃんに返す言葉が浮かばなくて、
身近にあった銭湯の有難さ、それを痛感している言葉だったなぁと、
ただ受け止めるしか、私にはできませんでした。




しかしながら、 その日は来ました。
私たちにとっても、短い間でしたが思い出に残る、その銭湯が
2013年12月31日 をもって、 閉館。
長い間、おつかれさまでした!
e0173350_1856722.jpg
[PR]
by nagomi-no-kaze | 2014-01-04 18:56 | 寄り道は楽し! | Trackback | Comments(2)

夜桜キャンドルナイト

4月1日
2年ぶりに、夜桜キャンドルナイトが開催されました。

井の頭1丁目公園にて
(井の頭線/三鷹台駅近く)みんなのブックカフェ


e0173350_18221918.jpg

e0173350_1822192.jpg

e0173350_18221994.jpg

e0173350_18221929.jpg



梅は咲いたか
桜はまだかいな〜♪♪

キャンドルに灯をともし始めました。
[PR]
by nagomi-no-kaze | 2012-04-01 18:22 | 寄り道は楽し! | Trackback | Comments(0)

はじき猿

e0173350_211826.jpg

柴又に行くきっかけになったのは、この「はじき猿」。
災いをはじくという縁起物なんですよ。
竹細工で、東京柴又と宮城気仙沼の名物らしいです。

今年に入ってすぐ、我が家の近所にあるうなぎ屋のご主人が教えて下さり、私が気に入ったので、1本借して下さいました。

今日は柴又で買えたので、報告とお返しに行き、
美味しいうな重を頂きながら、話をして帰ってきました。

暑かったけど、楽しい1日でした。ぷは〜っ
[PR]
by nagomi-no-kaze | 2011-08-12 21:01 | 寄り道は楽し! | Trackback | Comments(0)

柴又を歩く

e0173350_17255489.jpg

e0173350_17255410.jpg

e0173350_17255462.jpg

e0173350_1725546.jpg

e0173350_17255482.jpg

生まれも育ちも葛飾柴又

フーテンの寅さんは、映画の中でいつも誇らしくこの言葉をおっしゃいますね。
故郷はいい、その気持ちがまっすぐに伝わってきます。

私は、今日初訪問。一緒に行った主人は中学生の時以来でした。

矢切駅下車→矢切の渡し
→柴又帝釈天→寅さん記念館→山本亭→柴又駅

それぞれに情緒を感じ、
楽しい1日でした。
[PR]
by nagomi-no-kaze | 2011-08-12 17:25 | 寄り道は楽し! | Trackback | Comments(2)

デパ地下に、季節の花を!

銀座松坂屋 B1 虎屋 店舗にて

e0173350_209039.jpg


 5月21日に活けさせていただき、百合が一斉に花開きました。


e0173350_20101036.jpg


 本日、26日に活けさせていただきました。 28日まで、飾らせて頂きます。
[PR]
by nagomi-no-kaze | 2011-05-26 20:12 | 寄り道は楽し! | Trackback | Comments(0)

お花を飾って

わたしは、
草月流いけばなを習っております。

毎年、師匠 富田双康氏のお教室では
生徒がお花を飾る機会をいただいており、これはとても有難いことです。

季節のお花をディスプレーに飾る。
お仕事にしたらとてもやりがいのある、しかし大変なプレッシャーのかかることでしょう。
生のお花を扱うことは、いろいろなことを考えます。

さて、
今週は、私も2か所で生けさせていただいています。
機会がありましたら、お立ち寄りくださいませ。

JR京浜東北線 東十条駅 改札内にて
e0173350_95860.jpg



銀座 松坂屋 とらや店舗内にて
e0173350_955258.jpg

[PR]
by nagomi-no-kaze | 2011-05-23 09:07 | 寄り道は楽し! | Trackback | Comments(0)

拍子木

買ってしまった・・・!

アルバイト先の近くにある、日本橋では有名な古美術店で
年に一度の掘り出し物市があるんですが、
今年は今日だったのです。

朝からたくさんの人でにぎわうそうですが、
私はいつも仕事が終わってからお店を覗くので、 いいものは売れてしまったあとなのよね。
「残りものに福あり!」と、自分に言い聞かせて、店内を何度も丁寧に、しっかりと見るんです。

はじめは、花器に目がとまったのだけど、やめて、
次は、江戸時代に作られた達磨2人の置物に、これも、やめて
ガラス製のお重? これはいらない。

御膳、食器類、お茶椀、 掛け軸、レコード、菓子器、・・・

ふと足元をみたら、

拍子木!?

これだ!

しかも、いい音するじゃん!!

そこで、とりあえず手に持つ。

その後も物色していましたが、拍子木だけは手放さず、最後まで持っていました。

でも、もう少し安くならないかな。。。

社長に談判。

「あの~、これ、気に入ったんですけど、
もう少し安くなりませんか?」

「う~ん、 ¥****で、どうですか?」

「ありがとうございます。」(これなら買うと決めた値段だった)

そして、お買い上げ!

誰が、どこで、使っていたのかは知りませんが、
年季の入った、そしてめったに御目にかかれないので、なんだか嬉しくて・・・

私が日本の小話をするときには、これを鳴らしてもらおうか・・・。

http://ja.wikipedia.org/wiki/
[PR]
by nagomi-no-kaze | 2010-05-26 23:35 | 寄り道は楽し! | Trackback | Comments(0)

和みの風だより


by nagomi-no-kaze
プロフィールを見る
画像一覧