2017年も、ありがとうございました。

2017年 大晦日となりました。
皆さまにとって、実りのある一年になりましたか?

東京、北九州にて、朗読の場を、機会を、させていただくことが出来て光栄に思います。
聴いてくださいましたこと、応援くださいましたこと、
誠に ありがとうございました。

一つ、一つ、作品と向き合うことは楽しく、聴いてくださった方と共有できる時間も嬉しいものでした。

私は北九州市では、日本語を学ぶ外国人の方々と接しています。いっしょに勉強をすることに携わっていますと、
日本語の難しさ、多様さ、そして美しさを、感じます。
ですから今年は台湾の台東市においても、まさかの朗読会が実現するなんて、驚きのプレゼントでした。
開催のチャンスを作ってくださったこと、そして、台湾に住む方々に
日本語での朗読を興味深く聴いていただけたことは、この上ない喜びでした。

東京での会では、こんなこともあるのだなぁと驚いたことがありました。
ご案内をして、本当に数年ぶりの再会。「ようやく来れました。」と聴きに来てくださったこと。
中でも、当初は中学生でお母様と一緒に聴いてくれた女の子が、昔聴いてくれたことを
よく覚えていて、今年聴きに来てくれました。お母様は都合がつかず、彼女は一人でご来場だったのですが、
話を聞いたら、今では音大生で、朗読ともセッションをしているそうなのです。
昔、聴いてくれたお話は、安房直子さんの『海の館のひらめ』。当時、フルートと共演しました。
現在彼女はフルート奏者。 きっかけの詳細はわかりませんが、少しでもその時の影響があったのでしょうか。
とにかく、続けていると、良いこともあるものだと嬉しくなりましたね。


北九州市では、「和みの風の朗読会」を、テーマを決めて再び起こしました。
一人の作家を一年追うことで、童話作家の安房直子さんとその作品をとりあげました。
読書が好きなある女性のお客様がご自身に発見があったそうで、
「朗読で聞くと、別の視点で言葉のイメージが起こされた」としきりに話してくださったことが印象的でした。
人の声で聴くことは、都度、様々な印象が芽生えたり、想像の面白さを味わえて、私も楽しいのですが、
少しでも、その面白さを感じてもらえたのでしょうか。だとしたら、嬉しいです。


来年も、皆様にとって、素晴らしい一年となりますように祈念します。
今年も読んでくださり、ありがとうございました。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

佳いお年をお迎えください。


e0173350_19433852.jpg





[PR]
トラックバックURL : http://wafuu.exblog.jp/tb/26388297
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by nagomi-no-kaze | 2017-12-31 19:25 | 和みの風だより | Trackback | Comments(0)

和みの風だより


by nagomi-no-kaze
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31