秋の朗読コンサート~横笛と聴く『竹取物語』~ 無事に終演しました。

 10月22日(日)は、選挙のみならず、秋雨前線と台風接近も重なってしまいました。
 朝からどんどん雨足が強くなるばかり。
午後からの朗読コンサートを控えていましたので心配でした。が、
終演後に、ある女性のお客様から
「こんな雨の日でしたが、いいひとときを過ごせました。
本当に来てよかったと思いました。」と、声をかけていただきました。
心の中に急に晴れ間が現れたような思いがしました。実現できて良かったです。

 高井戸図書館ではイヴェント参加は予約を受付て満員御礼だったのですが、
前日からキャンセルのご連絡が入るなどしていたようです。
そこで、当日は入口に張り紙があり、当日飛込参加も許されていました。
 この天候では仕方がありませんが、それでも聴いてくださった方が思いのほか
多く、更に当日ご来館で聴いてくださった方も数名いらしたようでした。

 時間を作って聴きにきてくださり、心から御礼を申し上げます。
どうもありがとうございました。
また、今回お会いできなかった皆様、そして元々ご予定ありで応援してくださった
皆様、お陰様で、無事に終わりましたことをご報告いたします。

e0173350_23113274.jpg

 横笛奏者の金子弘美さんとは、2004年、三鷹市での秋のあるイヴェントにて
ご一緒させていただきました。そこで『竹取物語』初演となりました。
 その後も青梅、鎌倉、三鷹と様々な場所で、他の作品を共演していただきました。
 今回、図書館のご意向も受け、和楽器との会を提案してみたところ、話が進み実現しました。
 演目は、前半は横笛の演奏と楽器のお話を。後半の竹取物語は長いお話です。
篠笛、竜笛、能管と三本の笛を、その特色を生かして場面にあてて演奏します。
私も金子さんも久しぶりのことで、音楽と言葉の箇所も、前回から一部検討し直して臨みました。笛によっては時に緊張感があり、私の読むテンポもずいぶん変わりスムーズに読めました。ありがとうございました。
 お客様もよく聞いてくださったのが印象的でした。
様々な横笛の音色を楽しめたことや、物語には「意外と深いお話でした。」「解釈が面白かった。」などコメントをいただきました。
e0173350_23200137.jpg


さて、金子さんの帯に注目です。なんと、絵柄が竹取物語なんですよ。おしゃれでしょ。
e0173350_23180096.jpg

女性のお客様はすぐ気がついて、終演後に写真を撮りたいと何人かお申し出があり、私もそれに便乗してしまいました。



 それから、忘れてはならないのは、会場設営に協力してくださった館長さん、スタッフの方のご尽力です。
そのおかげで、会場も和の雰囲気に。 何より、地域との連携が素晴らしいことがわかりました。
近くの公園から本物の竹を譲っていただいて、その竹を雨の降る中、切ってこのように設置してくださいました。
e0173350_23183940.jpg


そして背景の絵は、ご近所の女性の方に竹の絵をお願いしてくださったのです。
その鈴木輝子さんは聴きにきてくださり、お目にかかることができました。

e0173350_23191335.jpg


暑い夏の間にも蚊の多い時期にも竹を見に行っては、こんなに力強い竹の絵を描いて仕上げてくださったそうです。
本当に本当に、どうもありがとうございました。





[PR]
トラックバックURL : http://wafuu.exblog.jp/tb/26129654
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by nagomi-no-kaze | 2017-10-23 23:24 | Live Report | Trackback | Comments(0)

和みの風だより


by nagomi-no-kaze
プロフィールを見る
画像一覧