連休は、よく歩いていました。

風そよぐ、爽やかな季節となりました。 連休はいかがお過ごしでしたか?
わたしは九州で過ごしていました。
晴天に誘われて、色々と出かけてみましたよ。

5月3日は、熊本を訪れました。 写真は、加藤神社から見えた熊本城です。

e0173350_17523623.jpg
 修復には大変な時間がかかると言われていますが、それは確かに感じられました。
 少しずつ、少しずつ。 これからも、陰ながら、応援していきたいと思います。


さて、この熊本城へ行けるきっかけとなったのは、熊本県を歩くウォーキングプランに参加したことだったのですが、そのことを書いてみますね。
「駅長おすすめの JR九州 ウォーキング」この企画は面白いのです。
春から初夏にかけては、3月~6月の土日祝に計画された全85コースが予定されています。


e0173350_17570781.jpg

事前申込不要、参加費無料(基本)。
プランのスタートする駅まで自力で行って、ゴールの受付時間内に終了できればポイントがもらえます。
コースマップを受けとり、自分のペースで歩いて行きます。途中に、おすすめスポットや、
このマップを見せると様々な特典が受けられるのです。


ウォーキングプランにはそれぞれテーマがあり、地元のお祭りやイヴェントとタイアップして
その日程に企画されていることが多いですね。

自分のペースで歩き、寄り道しながら、写真を撮りながら、このような訳で、気軽に参加できるのが
うれしいし、楽しみです。早くスタートすれば、午前中に終了できるので、一日がとても充実します。

e0173350_18040435.jpg

( 電車の本数が少ない場所によっては、電車はウォーキング姿の人で混雑します。
 5月3日、南荒尾駅で下車、これから受付。さぁ、この人らに続け! )




 このようなプランに、乗降初めての駅を中心に、
夫と相談してこの3つのコースを選んで歩いてきました。


4月29日 二日市駅(福岡県) 約6KMのコース
    筑紫野市歴史博物館の見学と「武蔵寺(ぶぞうじ)」の藤鑑賞

e0173350_17582153.jpg


e0173350_18000593.jpg


e0173350_18001468.jpg

e0173350_18002502.jpg

e0173350_18004179.jpg



藤の花、シャクナゲも満開。 
二日市は温泉があり、途中で一汗流してからまた歩いて元気にゴールしました。




5月3日  南荒尾駅⇒長洲駅(熊本県) 約12KMのコース
    ラムサール条約湿地の荒尾干潟と火の国長洲金魚まつり

e0173350_18042774.jpg

  干潟を見ながら有明海沿いを歩いていると、あまりの静けさに驚きました。


e0173350_18044040.jpg

途中に、なたね油を作っている工場に寄らせてもらったり。

e0173350_18052200.jpg
e0173350_18053166.jpg
金魚まつりは、大盛況でした。ここでは屋台で腹ごしらえして美味しかったなぁ。

e0173350_18051148.jpg
「五足の靴」の文学碑。
明治40年の夏、与謝野鉄幹、北原白秋、木下杢太郎、吉井勇、平野万里
5人の作家の九州旅行記「五足の靴」があることを初めて知りました。
東京二六新聞に連載されたのだそうです。
熊本県内では、天草諸島、長洲、島原城下を訪れたことなどが記されていました。

e0173350_18050173.jpg
長洲大橋から島原を望む





5月7日 黒崎駅⇒二島駅(福岡県) 約6KMのコース
    黒崎工業地帯から洞海湾を眺めて二島駅から「DENCHA」に乗ろう!!

e0173350_18172114.jpg


JR 黒崎駅にて これから出発!

e0173350_18175212.jpg

e0173350_18180991.jpg

e0173350_18182743.jpg
洞海湾と工場地帯とその背景に皿倉山を望む。
道中は、この旗が目印になったり、スタッフの方が道の岐路に立っていて誘導してくれます。

e0173350_18184167.jpg

e0173350_18185048.jpg
ゴールしたあとは、筑豊本線 二島駅から、架線式蓄電電車「DENCHA」に乗る。



 安全に、てくてく歩いて、楽しめます。 九州を旅行中の方でも、自由に参加できますよ。
わたしは、この後のコース予定は参加が難しいので、次は、秋に楽しみをとっておこうと思います。
今回の内容は読むのも長くて、お疲れ様でした。



[PR]
トラックバックURL : http://wafuu.exblog.jp/tb/25753959
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by nagomi-no-kaze | 2017-05-07 18:35 | あなたも行ってみませんか? | Trackback | Comments(0)

和みの風だより


by nagomi-no-kaze
プロフィールを見る
画像一覧