寄り添い、つながる~私たちにできること~ に、出演させて頂きました。

2014年11月18日(火)
東京都/町田市 主催 「平成26年度 犯罪被害者週間行事」のイベント
「寄り添い、つながる ~私たちにできること~」が、町田市民フォーラムにて開催。

講演会 「忘れていませんか 命の大切さ」講師 小佐々 洌子さん
のあとに、朗読とヘルマンハープによるコンサートで出演させて頂きました。


半年以上前に、ヘルマンハープ奏者の林智子さんにこのお話があって、
音楽のコンサートは初めての試みであるとのようでした。
東京都、町田市の職員の方々、イベント会社の方々に色々とご協力をいただきまして、
このステージを無事に終えることが出来ました。

平日の午後でしたが、年齢層は幅広く、多くの方々に聞いていただけたように思いました。
ご来場の皆様に、心より、感謝いたします。 ありがとうございました。

終演後、私の関係でご来場くださった方々から感想を頂けて、
出演して本当に良かったと思いました。





今回、主催者の方から絵本の朗読のご依頼があり、私はその本に出会いました。
『ずっと つながってるよ ~こぐまのミシュカのおはなし~』(くもん出版)


絵本の著者 入江 杏さんは、
2000年の大晦日に起きた世田谷事件、
(幼い二人のお子さんとご両親の一家4人が世田谷区の自宅で殺害された事件)の
被害者のご遺族様です。

様々な形で、お立場で、被害を受けられた方々の気持ちを
私は、これまでに考えてみたことがあっただろうかと、自分に問う機会にもなりました。

私はこの事件のことをもう一度知りたくて、夏の間、入江さんの著書
『この悲しみの意味を知ることができるなら ー世田谷事件・喪失と再生の物語』(春秋社)
を読みました。
事件が未解決のまま5年が過ぎて、入江さんが思ったこと、決意したことが、
この絵本の出版につながっていたのでした。
そのお気持ちに、少しでも寄り添いたいと思いました。
そこで、この絵本を読ませていただきたい!という気持ちが固まってきたと思います。


コンサートプログラムについては、林智子さんと数回打ち合わせを重ね、
開催一週間前まで、色々と検討しました。練習も重ね、智子さんが何度も
シュミレーションをして時間と流れを考えてくださいました。

その間に、林さんのご主人様 晶彦さんが、この絵本の詩を読んで作曲されました。
初めて聞かせていただいたとき、鐘の音、星のまたたく音を、私は感じましたし、
それがきちんと4つの音だったのですが、林さんも、これはどうしても4つなのだと
誰かに教えられたような気がしたと、おっしゃっていました。
とても、澄み切った音、綺麗な曲です。

私は、入江さんの詩を朗読したあとに、ぜひこの曲をヘルマンハープソロで弾いてほしいと
お願いしました。智子さんは、きちんと、音楽で思いを伝えてくださいました。

音楽の力は本当に凄いと思います。言葉で表すには難しいのですが、
この朗読と音楽を、会場では、
聞き手の方に、何か、受け取ってもらえたような、感じがしました。




終演後、作家の入江杏さんのご来場を知り、初めてお会いすることが叶いました。
ただただ嬉しくて、もっとお話したかったのですが、なかなか言葉にならなかったです。

楽屋にて、入江杏さんと、林ご夫妻と。
e0173350_23341187.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://wafuu.exblog.jp/tb/22582981
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by nagomi-no-kaze | 2014-11-19 23:47 | Live Report | Trackback | Comments(0)

和みの風だより


by nagomi-no-kaze
プロフィールを見る
画像一覧