「満月の夜の伝説」より一夜あけて・・・

無事、終演し、今朝は色々と反応をいただいております。
本当にありがとうございました!!

昨晩は雨になってしまいました。 満月の日ではありませんが、
お客様がお帰りの際には、やっぱり「月夜のきれいな空」を見上げて頂きたかったな~と思いました。
ご自宅へのお帰りは、大丈夫でしたでしょうか?


実は、出演者3名のうち、クラリネットの人見さんと私は「晴れ男・晴れ女」なのですが、
作曲家の林晶彦さんは「雨男」だそうで、 見事、その役割を果たしてしまったようです。025.gif


さて、クラリネットという楽器は、私も初共演。そして、これまでにじっくりと演奏を聴く機会はなかったので
今回はその多彩な音色に驚かされました。 
奏者の人見剛さん。 昨日は2本のクラリネットを使い分けられていました。
本番での演奏も、パフォーマンスも素晴らしい!「見せる、聞かせる音楽」でした。
第一部、私は客席で聴かせていただき、すっかり魅了されました。

第二部にて、
「パウル・クレーに寄せる3つの断章」(林 晶彦作曲)に朗読が交わり、言葉と音楽が掛け合う構成でお届けしました。 
お互いにバトンを受け渡すような感覚で、3つの作品が、1つの世界となったことは感じられました。

また、ホールのいい響きに任せて、マイクを使用することなく朗読したのは吉と出たのかもしれません。
そのことが、より、「掛け合う」ことの息遣いにつながったと、私は感じています。

お二人の演奏を楽しみながら読ませていただき、いい経験をさせてもらいました。


このほかに、私が、グッときた演奏は、「夢の星に導かれて」(林晶彦作曲)でした。
これは、今回のために、物語性を意識して、2つの詩をモチーフにして作曲されました。
1つは、P.Aパラケルススの詩。 もう1つは、韓国のユン・ドンジュの詩。
メロディラインをクラリネットが奏で、 ピアノが盛りたてる、 
舞台裏で聞きながら、思わず、涙がこぼれました。



第一部は、主にソロ演奏、第二部はピアノとのDuo、という構成。面白い試みとなり、
とても聞きごたえがあったのではないでしょうか?


 ♪ プログラム ♪ = アヌパモ企画 =

                                           

<第一部>

 1.ダンス・プレリュードより 第1曲  (ルトスワフスキー)    cl/pf

 2.リート                   (ベリオ)          cl

 3.Improvisation Ⅰ(即興)      (林 晶彦)        pf

 4.満月の夜の伝説            (林 晶彦)         cl

 5.クラリネット独奏のための5つの小品 (ゴードン・ジェイコブ) cl

 6.Improvisation Ⅱ(即興)      (林 晶彦)         pf

・・・・・・休憩・・・・・・・・

<第二部>

 1.マーチ、ワルツとポルカ        (ストラヴィンスキー)   cl/pf

 2.パウル・クレーに寄せる3つの断章 (林 晶彦)         朗読/cl/pf
  ・夕べのわかれ
   ・雪の降る前
   ・忘れっぽい天使

   朗読: パウル・クレーの日記より、 詩「雪の降る前」、「忘れっぽい天使」(ともに谷川俊太郎/作)

 3.夢の星に導かれて           (林 晶彦)         cl/pf

 4.亜麻色の髪の乙女           (ドビュッシー)       cl/pf

 5.クラリネットとピアノのためのソナタ (バーンスタイン)      cl/pf


 (アンコールは2曲、演奏されていました。)


昨日の写真は携帯画像でUpしましたが、
今日送っていただいた画像で~す。  林さんの古くからのご友人でオーロラ写真家。
なんと、オーロラ撮影の第一人者 の方でした。


e0173350_16485453.jpg


撮影 門脇久芳さん(オーロラ写真家)

杉並公会堂 小ホール  左から、林晶彦さん、私、人見剛さん
[PR]
トラックバックURL : http://wafuu.exblog.jp/tb/18996151
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 小林幸生 at 2012-10-08 00:28 x
急に行けなくなってしまい、とても残念でした。
お疲れ様でした&おめでとうございました。
林さんの即興を聴き逃したのも凹みますね。。。
弐度と出逢えないでせうに。
是非第二弾を。是非ご案内ください。
Commented by nagomi-no-kaze at 2012-10-08 10:59
小林幸生さま、コメントありがとうございました。
残念でした。また、機会がありましたら、よろしくお願いします。
林さんの演奏会はまた12月にもありますよ。 林の音会ホームページを訪ねてみてくださいね。
by nagomi-no-kaze | 2012-10-07 17:17 | Live Report | Trackback | Comments(2)

和みの風だより


by nagomi-no-kaze
プロフィールを見る
画像一覧