コール・コスモ 第3回演奏会 終演しました。

11月20日(日)
武蔵野公会堂にて、混声合唱団コール・コスモさんの第3回演奏会が行われました。

第1部 童謡メドレー「いつの日か」(源田俊一郎 編曲)
にて、13曲を披露。
団員の方が説明された中に、
源田さんのお言葉に、<「いつの日か」は郷愁であるとともに未来への希望でもあります。>とおっしゃって、私には新鮮な響きでした。
未来への希望、それは故郷を思う気持ちからも沸き起こる想い。
今の日本人にとってとても大切なように思えたからです。

第2部 祈る・・・宗教音楽への入り口
・主よ、人の望みの喜びよ
・アヴェ・ヴェルム・コルプス
・ラシーヌ雅歌
・小ジャズ・ミサ(キリエ/グロリア)

第3部 花に寄せて 星野富広作詩 新実徳英作曲

にて、6曲を披露。
私は、ここで、11編の詩を朗読させていただきました。
そのあとに合唱曲で6曲が綴られました。
詩は短いものが多いので、合唱では1曲にまとめられているものもあります。

選ばれた言葉一つ一つを、しっかりとお伝えしたいと思いましたし、
メインは歌なので、そこに繋げていきたいと考えました。
曲調がきれいで、歌がやわらかく聞こえるので、心地よく楽しく歌ってほしいと、
読んだあとは安心して団員の皆様に託しました。


いいコンサートになったと感じましたし、温かい拍手が会場に響いていました。
打ち上げでは、皆さん、ホッとされたご様子でした。

私もいい機会を頂きました。ありがとうございました。

e0173350_1183036.jpge0173350_118465.jpg
[PR]
トラックバックURL : http://wafuu.exblog.jp/tb/16900254
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by nagomi-no-kaze | 2011-11-21 11:11 | 良きご縁に感謝! | Trackback | Comments(0)

和みの風だより


by nagomi-no-kaze
プロフィールを見る
画像一覧