「月光の夏」とフッペル社製のピアノ

 8月15日は終戦記念日。日本中で戦没者追悼行事が開催されていました。
 報道では「次世代へ繋ぐ」という言葉をよく耳にしましたが、
 戦争体験されて今を生きる人たちの想いを知り、心に留め置く必要があると思いました。
 当時の悲惨さはどういうものだったのか? これについて目をそむけてはいけない。耳をふさいではいけない。
 もしこれを忘れてしまったなら、いつかまた歴史は繰り返してしまうことでしょう。
 

 ところで、『月光の夏』(毛利 恒之/原作)の話をご存知でしょうか?
太平洋戦争末期の九州での実話をもとに創作した小説です。
その後、1993年 映画が公開されました。(監督/ 神山 征二郎)

 昨夏、とある朗読会でこの作品に触れた折、私はその話をよく知らずに聞きました。 
日本が敗色を挽回しようとして特攻隊による攻撃を始めており、そのために
多くの若者がその犠牲になってしまったこと、また、帰還した兵士たちが収容された
「振武寮」の存在を知ることになり、それらの事実に愕然としました。
 そして、この話に登場するピアノがある、その場所を訪れてみたいと思いました。



e0173350_22105679.jpg



 サンメッセ鳥栖(佐賀県鳥栖市)



e0173350_22120729.jpg


 
  1階ロビーに設置されているこのピアノは、
 元は鳥栖国民学校(現在の鳥栖市立 鳥栖小学校)にありました。
  鳥栖にやって来たのは1930年(昭和5年)のこと、
  子どもたちに良い音楽を聴かせたいと、鳥栖市の婦人会、多くの市民による寄付により購入されたそうです。

 セミコンサート用のサイズですよね、当時、外国製の舶来のグランドピアノは大変珍しかったことでしょう。



e0173350_22133729.jpg


e0173350_22230688.jpg


  これはドイツのフッペル社製のもので、国内に現存するのはこの楽器を含めて3台のみだそうです。

  ドイツの町工場での製作で大量生産ができなかったこと、第二次世界大戦中、ヒットラーにより
   フッペル社の工場は壊されてしまったことなどから、今では大変貴重なピアノです。

  1993年公開の映画「月光の夏」から、この楽器のことも全国的に知られるようになりました。
 そして、フッペル社があったドイツのツァイツ市と鳥栖市は姉妹都市となったそうです。
 鳥栖市では、毎年、8月15日には、平和の祈りをこめてピアノコンサートを。
 また、「フッペルピアノコンクール」が毎年開催されているそうです。






 この、サンメッセ鳥栖のロビー会場にて、

 第11回 フッペルと共に ~ フッペルが奏でる平和への願い2017 ~ を聴きました。

 ここでは、必ず、ピアノソナタ第14番嬰ハ短調 作品27-2「月光」(ベートーヴェン作曲)全楽章が演奏されます。

 今年の奏者は、県立鳥栖高等学校1年の男子学生、古澤 晃希さん。 思いのこもったとても素晴らしい演奏でした。

e0173350_22164257.jpg



 『月光の夏』では、このようなシーンがあります。このピアノの存在を知ったふたりの特攻隊員が小学校を探し当てて訪れて、
 「翌日出撃すれば生きて戻ることはない、今生の思い出に、どうかピアノを弾かせてください。」と申し出ます。
 その時に対応された当時の音楽教諭が持っていた楽譜が、「月光」でした。
 ひとりの隊員は、全楽章を思いきり演奏しました。 もうひとりの隊員は、そこに居合わせた子どもたちが
 自分たちのために歌ってくれる「海ゆかば」の伴奏を担いました。
  

e0173350_22195247.jpg




 事実、このピアノが戦時中をくぐりぬけ、その後、修理と調律を時間をかけて行われて保存され、今に至っていることに、
大きな意味がありました。
 
 コンサートにおいて「月光」の演奏のあとは、希望者によるピアノ演奏がありました。
 5歳の園児から高校生まで12組の応募があり、次々に演奏を披露。 1曲 3分以内での演奏、自由な選曲、表現。
 微笑ましい演奏もあり、緊張からほぐれたひとときとなりました。
 

e0173350_22245074.jpg


 ここでいつでも見ることができます。 希望すれば、短い時間でしたら弾くこともできるそうです。



  コンサート終演後は、映画「月光の夏」の上映会があり、私も見ることが叶いました。
 映画でもこのピアノを使用しており、隊員が演奏する「月光」の曲にどうしても感情移入してしまうのですが、
 平和への祈りをこめて見入っていました。

e0173350_22180171.jpg


 映画のタイトルの書になりました。



 小説『月光の夏』は、汐文社 または 講談社文庫 から出版されています。
 映画「月光の夏」も、機会がありましたら、ご覧になってみてください。




[PR]
# by nagomi-no-kaze | 2017-08-16 22:34 | 道しるべ(私が出会った作品) | Trackback | Comments(0)

8月9日を迎えて

  72年前の8月9日
        6日の広島に続き、長崎に原爆が投下された日です。
  そして、
 72年前のこの日の朝、厚い雲に覆われていた北九州市の街。
 しかし、もし、晴天の空であったならば、
 この街に原爆が落とされていたかもしれない。
 実は、第一の投下目標はこの小倉だったということ。
 
  小倉には当時、西日本では最大級の兵器工場があったこと、
 そして八幡には八幡製鉄所があったこと。 目標とされるには理由がありました。


  事実、大戦中、前日の8月8日には八幡大空襲があり、初の日本本土の空襲でした。
 アメリカの爆撃機B-29による空襲が八幡の街を猛火と化し、このために約2500人余りの人びとが死傷したそうです。




 私が現在住む周辺にある勝山公園内に設けられている
「長崎の鐘」と「原爆犠牲者慰霊平和祈念碑」

e0173350_17475188.jpg



e0173350_17481175.jpg



e0173350_17473817.jpg


e0173350_17482091.jpg



 今日は、白菊の花と千羽鶴が置かれ、長崎へ祈りをささげられていました。


e0173350_17465796.jpg



私が北九州市に住むことになってから、これはお恥ずかしながら、
 最初に知った大きなことでした。
そして、今ここにいるからこそ、私もお伝えしたいことでした。


 戦争、原爆によって、犠牲となった人びとを悼み
 亡くなられた多くの方々の尊い命に 心よりご冥福をお祈りいたします。


[PR]
# by nagomi-no-kaze | 2017-08-09 17:56 | 今日のできごと | Trackback | Comments(0)

和みの風の朗読会 無事に終演しました。

 暑中お見舞い申し上げます。 
夏真っ盛りとなりましたが、いかがお過ごしでしょうか?

 8月に突入してからのご報告となり、お待たせして申し訳ございません。
7月22日(土)開催の和みの風の朗読会は、無事終えることができました。
写真は会場の図書室カフェITOHさんです。今回もお世話になりました。


e0173350_11200664.jpg
e0173350_11204356.jpg

 会の始まる前に撮りましたが、後から思い返してみたら、
この時に、共演者の湯田美津子さんとのショットを撮っておけばよかったのですが、タイミングを逸してしまいました。
湯田さんをご紹介できず残念です!
e0173350_11214550.jpg



 さて、朗読会では安房直子さんの作品から「夏」の物語として、
『奥さまの耳飾り』と『ほたる』の二つの物語を選び、お届けしました。
どちらのお話も、「魔法」にかけられたような不思議な現象を目の当たりに、
その美しい自然の風景と、登場人物の気持ちが揺れる、静と動の織り成すお話でした。
読み手の私にとって表現の難しい作品でしたが、挑むにあたり、いい機会に恵まれたと思っています。
会場で聞いてくださった皆様、そして共演者ピアニストの湯田美津子さん、
本当にどうもありがとうございました。

 言葉以上の大きさ、深さを感じさせてくれる、音楽はいつも頼もしい存在です。
作品の世界観を、言葉からも音楽からも伝わるように届けられたらいいなぁと思っていました。ですから、ピアノによる音楽の表現はとても重要でした。

『奥さまの耳飾り』では、朗読と音楽の構成で考えました。
湯田さんによると、はじめは既存の音楽も頭をよぎったそうですが、思い直して、即興で浮かんだ旋律がヒットしたようです。
練習の時に私も聞かせていただいた後に、その音楽を展開されて作曲へ。
この作品では、登場人物の心情に沿うものであったので、物語の中で人物の気持ちの変化を音からも感じられるように、音階によってその旋律はどのように聞こえるのか?を考えたり・・・。そのようなお試しを鑑賞しながらの練習も楽しかったです。 

『ほたる』では、ほたるが飛んでいき、それを追いかける少年のラストシーンが美しく、お話が終わって、その幻影を音楽で表現していただきました。
ほたるたちが舞い上がって、にじんだ光が夜空では星のようなきらめきとなり・・・。

これを受けて、最後は、ピアノのソロで「星に願いを」。
そしてアンコールには、ショパンの「ノクターン」。湯田さんのご提案により、歌をアレンジされた形での演奏で。歌は、湯田さんのご友人で来場されたボーカリストの女性「りょうこさん」が担ってくださいました。ありがとうございました。

 北九州でのこの会は3回目。毎回、有難いことに、気づきがあります。
安房さんの作品を知るきっかけになること、朗読に興味を持ってくださること、などを直接ご感想をいただいたり、コメントを寄せてくださったのは嬉しいことでした。
また、もっとこうした方が良いなどのアドバイスをいただいたことも貴重でありがたく思いました。
自分でも思うようにいかなかった点と重なりましたので、改善していきたいですね。
次回は、11月3日(祝・金)安房直子さんの「秋」の作品をお届けします。
どうぞお楽しみに!!

東京と北九州それぞれにおいて、秋は色々な作品に挑戦させていただきます。 頑張ります!

[PR]
# by nagomi-no-kaze | 2017-08-03 11:33 | Live Report | Trackback | Comments(0)

夏祭り!「小倉のおぎおんさん」

 暑中お見舞い申し上げます。


 九州の豪雨からも二週間近く経ちますが、まだ雨の心配が残ります。
九州北部はまもなく梅雨明けになるそうですが、さほど遠くないところで被害の大きかった地域での
避難されている方々、作業を続けている方々を想うと、これからの暑さによる影響が心配になります。
 全国的に猛暑や豪雨、雹も? 不安定な気候のニュースが流れる中、
それでも気温上昇は免れませんが、涼をとる工夫をしながら上手に夏を乗り切っていきたいですね。


 ところで、福岡県内でも夏祭りが始まりました。
有名な「博多祇園山笠」、「戸畑祇園大山笠」は、ユネスコ無形文化遺産となりました。
「博多祇園山笠」はTVで映像をご覧になった方もいらっしゃるのではないでしょうか。
室町時代が起源のこの祭りは、今年は776年目を迎えたそうです。
(※「戸畑祇園大山笠」は、7月22日、23日に予定されています。)


 同じ頃、小倉では「小倉祇園太鼓」が、こちらは江戸時代から続く夏祭。400周年まであと2年。
つまり、今年で398年目。
そして予定通り、7月14,15,16の三日間のお祭りが行われて有難いことでした。 少しご紹介しますね。

 「小倉祇園太鼓」は、小倉城を築城した細川忠興公が、無病息災と城下の繁栄を祈願して、
京都の祇園祭を取り入れたことが始まりだそうです。


e0173350_23594273.jpg
e0173350_00021998.jpg
e0173350_00065933.jpg

 山車の前後に据えられた二台の太鼓の両面打ちと、ヂャンガラという鉦の響きが織りなす太鼓芸。
そして、五番まであるお囃子には、最後は必ず「ヤッサ ヤレヤレヤレヤレ」の掛け声が締め。
それと共に山車を牽いて練り歩きながら披露します。山鉾の飾りを見るも楽しみのひとつ。
「小倉のおぎおんさん」と親しまれて、無病息災、家内安全、商売繁盛を願い、老若男女みなが楽しめる祭りです。
e0173350_23593170.jpg

e0173350_00015072.jpg


7月1日から太鼓の練習が始まって、日暮れから夜にかけて駅前、商店街、街中の路上で
本番に向けて本格的な稽古が続きます。 街中にこの音が響き渡っていて風情があります。

あとで知ったのですが、太鼓をゆっくり打つほど難しく、バチさばき、足さばきはもちろん、
マナーも大事な要素です。本番では、競演会や審査もありますから、
この日の為に汗を流してきた大人も子どもも、大声を出して真剣です。
見ている私たちも、その熱気と太鼓芸の音から元気をもらえます。


e0173350_00012832.jpg

音をお届けできなくて残念ですが、わたしもこのリズムとお囃子を連日大いに楽しみましたよ。
暑気払いといいますか、むしろ、夏が来たの知らせと乗り切ろう!の想いを体中で実感するような気持です。

今年は約100台近くの山車が終結。最終日の最後には、一斉に打ち納めが圧巻でした。


e0173350_00020343.jpg


e0173350_00025998.jpg

こちらは北九州市役所。市役所の前の通りを山車が行き交っていたのです。
日暮れから窓の明かりが点き始めると、「祭」の文字が現れました。 何だかいいなぁと思って見ていました。

e0173350_00030933.jpg


市役所の向かい側は、勝山公園。ぐるりと一周するように、屋台が立ち並ぶのです。
市役所の「祭」の文字も、その左側に小倉城も、一緒に楽しんでいるように思えてきました。

皆さまの住む地域でも、お祭りが始まっている頃ではないでしょうか。どうぞ、楽しんでくださいね。


[PR]
# by nagomi-no-kaze | 2017-07-19 00:25 | しあわせの和 | Trackback | Comments(0)

雲の隙間から・・・

 7月7日 今日は七夕なのですが、昨晩からの強い雨が降り続き、北九州市も大雨による警報が出てしまいました。
いつも散歩する紫川の水位が高くなっていたことや、
市内それぞれの場所で避難勧告も出て、朝のニュースで報道されたのを見ました。
その後も、交通状況、住宅浸水のあった地域についても随時情報が更新されていきました。
見知っている地域で、いつもと違った様相をみるのは怖いものですね。

 私の住む周辺では、目立ったことはありませんでした。
午後は普通の雨降りほどになり、そのうちに雨も止み、
夕方5時40分ごろには、重い扉を開けるようにして雨雲の隙間から光が差し込みました。

e0173350_18455464.jpg
 
 今朝は早くからご連絡をいただきました皆さまには、ご心配をおかけしてすみません。
どうもありがとうございました。今日は予定も全てキャンセルとなり、ほぼ自宅で過ごしておりました。
 今夜も、そして明日は明日でどうなるかわかりませんが、
九州地方は週末まで雨予報が続いているそうですから、気をつけて過ごしていきたいと思います。

 福岡県内、大分県、熊本県などで被害の大きい地域では、懸命に救助活動が続けられています。
ご無事を祈り、一人でも多く救出されてほしいと願っています。


[PR]
# by nagomi-no-kaze | 2017-07-07 18:47 | 今日のできごと | Trackback | Comments(0)

大雨から一夜明けて

 九州北部で大雨の影響を受けてから、大きな被害が報道されています。
翌日になってもいまだに雨は降り続き、このあとも雨予報が続くようで、
川の氾濫や土砂災害がどうなるのか・・・。とても心配です。
 ニュースを聞く度に、その後の被害が広がっているように感じます。
「今後も最大級の警戒を!」と、繰り返し懸命に伝えられていますが、
今避難している方々も大きな不安をかかえて過ごしているのだろうと思います。
懸命な救助活動も続き、待っている人も助ける人もご無事でありますようにと願います。


 昨日午後は小倉でも雨が強まった時間帯がありました。
被害の大きかった地域とは比較にならないと思いますが、
その時の雨音はすさまじく、その激しさに周りは白くなっていくのです。
自宅でTVを見ていたら、ずっと南に位置する朝倉市での川の氾濫の様子が映りました。
安全を期して取材陣の車の中からの映像からは、目の前が真っ白で見えない、そこに何があるのかわからない、そして
行く道の先に水があふれていることを見えずに、想像すらもできない状態にあることは恐ろしいものだなと思いました。

 今日の小倉は雨が降ったり止んだりを繰り返しています。空には時折明るみも見えます。
この写真は正午頃ですが、遠方に見える、皿倉山(さらくらやま)が姿を見せてくれたことには
正直、ホッとします。望遠で撮りました。
雲や霧が、山の裾野から、湯気のように立ち上っているように感じられます。
このようなことも、異常な事態のときには、不思議で、違って見えるのでありました。

e0173350_13482983.jpg



[PR]
# by nagomi-no-kaze | 2017-07-06 13:49 | 今日のできごと | Trackback | Comments(0)

夏の朗読会 ご案内(北九州)

夏に一歩近づくとともに、七月から一年の後半がスタートしましたね。
湿度も高くて体が重いと感じるこの頃ですが、夏バテにならないように、
心がけて過ごしていきましょう。

さて、「和みの風」の名まえがついてから、この活動は12年目に入りました。七月一日がお誕生日です。
今年は、自身の朗読会を在住の北九州市にて始めてみたことから、新しい出会いを楽しみに毎回勉強させていただいています。
7月は22日(土)に、朗読会第3回目を開催します。詳細はこちら↓


e0173350_13462468.jpg



今回ご一緒してくださる音楽家は、ピアニスト 湯田美津子さんです。
湯田さんとの出会いは昨冬のクリスマス。
とあるお店で、電子ピアノでのライヴ演奏をお聞きしました。
選曲のジャンルは様々に、曲と曲の繋がりも流れるようにとても心地よい演奏でした。

そして、その時の話の流れで「では、何か合わせてみましょう。」と、面白い展開に(笑)。

私は「ふしぎなオルガン」(リヒャルト・レアンダー/作, 国松孝二/訳)を語り、湯田さんが即興で弾いてくださることに。
約10分のお話ですから短い時間でしたが、このお話に初めて音楽がついたことも嬉しかったですが、
音楽もまた魅力的でした。皆さんにも聞いてもらいたかったくらいです。
このような出会いから半年が経ち、
湯田さんは朗読とのセッションも経験されていると聞きましたので、初共演を楽しみにしています。


朗読会の話に戻ります。 安房直子さんの夏の物語は、二話「ほたる」と「奥さまの耳飾り」を選びました。
どちらのお話も切なさと純粋さを合わせ持つ、そして幻想的な光景をそれは美しく見せてくれます。
読み手の私も、聞き手の皆さんも、一緒にその景色の中にいるように楽しめたらいいだろうなぁと
想いながら、お届けしたいと考えています。

お時間がございましたら、ぜひお誘いあわせのうえ、聞きにいらしてください。
なお、開始時間をいつもより少し遅らせて、16時開演となっております。
ご注意くださいませ。

会場にてお待ちしております。

e0173350_13532377.jpg


木陰の涼しさは本当に嬉しいと実感するこの頃です。



[PR]
# by nagomi-no-kaze | 2017-07-02 13:57 | 和みの風だより | Trackback | Comments(0)

柳川 川下り

先日、私の母が福岡を初めて訪れました。
柳川で川下りを!と母の希望があり、私も一緒に初めての水郷柳川を楽しんできました。
幸い、うす曇りの空でしたので暑くもなく雨にも合いませんでした。

柳川駅には「川下り」と「面凧」の展示、そして近所の保育園の皆さんの七夕飾りが彩っていましたよ。
「面凧」は、お正月の縁起物。日本の昔話「金太郎」の主人公、坂田金時がモチーフになっているそうです。


e0173350_17051946.jpg
e0173350_17193912.jpg
e0173350_17202531.jpg


江戸時代にあった柳川城の周囲を「川下り」としてめぐります。

「どんこ舟」は、一艘につき一人の船頭さんが、一本の竿で漕ぎながら、この辺りの説明をしてくれながら、
ゆら~っと進んでいきます。約70分のコースです。

e0173350_17080186.jpg

途中、煉瓦造りの倉や、古文書館、市役所や小学校、テニスで有名な柳川高校(松岡修造さんも通っていた)
文学碑やうなぎの供養塔もありましたね。
このお方は、田中吉政公の銅像。この水路を作った人だそうです。
e0173350_17173820.jpg

昔はこの「どんこ舟」に乗って月を眺めながら宴を楽しんだり、舟の競争が繰り広げられたり、
人びとの暮らしの中で遊びとして親しまれていたそうです。それが現在の「川下り」となったのは、
昭和にはいってからのことでした。

ここ柳川は、詩人 北原白秋の故郷。
そして、その少年時代を描いた、同じく柳川出身の小説家、長谷川健原作の『からたちの花』が
昭和29年に映画化されたそうです。その撮影で、柳川の風景が映ることになりました。
「あの舟遊びを!」との多くの声が寄せられて、地元ではもてなしとして「川下り」が始まったのだとか。

今では観光には欠かせませんが、結婚式や、季節を愛でるお祭り(例えば「お雛様水上パレード」等)
にも「どんこ舟」は大活躍です。
ところが、現在、船頭さんの数は年々激減。特に若者のなり手が減ってしまったのですね。
早期退職もなくなって、現役最年長は80代の船頭さんもいらっしゃるのだとか、舟の上で話してくれましたよ。


e0173350_17072097.jpg
いくつもの橋をくぐり抜け、船頭さんの歌う白秋の童謡を聞きながら、流れのままにたそがれる時間。
気持ちの良い時間でした。

e0173350_17064708.jpg

e0173350_17070625.jpg
デイゴの花が咲いていました。

e0173350_17074732.jpg
e0173350_17200086.jpg


[PR]
# by nagomi-no-kaze | 2017-06-29 17:26 | マタサブロウ旅日記 | Trackback | Comments(0)

和みの風だより


by nagomi-no-kaze
プロフィールを見る
画像一覧